重陽の節句

d0295818_1411665.jpg

昨日は「重陽の節句」でした。
私が「重陽の節句」の本当の意味を知ったのは
恥ずかしながら、ここ数年のことです。

栗ご飯で、秋の味覚を楽しみました。
食材はほとんど、okabe家からいただいたものです。^^
野菜が新鮮なので、栗もかぼちゃもホクホク。
秋茄子も美味しくいただきました。


d0295818_14115682.jpg

お酒は岡山県産ミルキークイーンを使ったにごり酒。
家族の健康を祈りながら
菊の花びらを浮かべ「菊酒」としていただきました。

旧暦では、この時期に菊が見頃のため、「菊の節句」ともいわれ
平安時代、宮中では「菊酒」を飲み不老長寿を祈る
「観菊会」が盛んに行われていたそうです。


d0295818_14155291.jpg

こちらの写真は、以前に開催された
最所養子先生の「重陽の節句」の
テーブルコーディネートレッスンの様子です。
お料理はありませんが、
モノクロにグリーンが挿し色となり、モダンなしつらえです。


d0295818_14162628.jpg

「菊を活ける」というと、仏花のようで
テーブルに添えるイメージではありませんでしたが
先生はこんな風にアレンジされていました。
ため息が出るほど素敵でした!

最所先生の関連記事です。→ 

[PR]
Commented by OKABE at 2013-09-12 00:15 x
先生の手に掛ると、あのお野菜が、こんな素晴らしいお料理にへんし~んするのですね\(^o^)/ 凄い‼
Commented by mami-2013 at 2013-09-12 22:24
いつも、ありがとうございます。^^
お料理は短時間でできる
シンプルなものばかりです。
初めて美咲町の直売所で「油揚げ」を買いました。
美味しいですね。
by mami-2013 | 2013-09-10 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(2)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー