日の本の夜を守る「日御碕神社」


 
d0295818_22261849.jpg
 
日御碕灯台からほど近い場所に

日御碕神社があります。



神社は下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と

上の宮「神の宮」という上下二社からなり

両本社を総称して『日御碕神社』と呼びます。

 

工事のまっ最中だったので以前来た時に感じた

楼門の荘厳な雰囲気はちょっとあじわえませんでした。💦 




d0295818_22270782.jpg

この階段の上の神社が「神の宮」と呼ばれ

スサノオノミコトをお祀りしています。 


 
d0295818_22263678.jpg

楼門をくぐった正面にある

下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」です。

スサノオノミコトのお姉さんになる

天照大神が祀られています。



d0295818_22265229.jpg
 
伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対して

日御碕神社は「日の本の夜を守る」との

神勅により祀ったのが始まりと言われています。



ご覧の通り、権現造りのこの神殿は容姿端麗です。

壁と木の切り口の白、しとみ戸の黒が

柱や横木の丹塗りを際立たせていると思いました。



d0295818_22272442.jpg

西の海を臨むと少しだけ日も傾いてきました。

神社の近くに経島(ふみしま)という無人島があります。
 
ウミネコの繁殖地でGWに来た時には

「ニャーニャァー。」と賑やかでした。 



ここでは8月7日に「夕日の祭り」といわれる例祭が執り行われ

夕日が沈む中で神々しさが漂う神事だそうです。



d0295818_22271821.jpg

また、経島付近には人工の海中洞窟や

人工の玉砂利が残る参道や参内があるそうです。

日御碕にも同じ海中遺跡が存在するということですが

美しい日御碕神社を見ていると 

海の中にあったという「竜宮城」は存在していたのではないか? 

と思ってしまいます。






きっとねっ❣️(-_^*)







[PR]
トラックバックURL : http://mami2013.exblog.jp/tb/23443268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mami-2013 | 2016-08-29 23:46 | + 2016.08.13 出雲神話を尋ね | Trackback | Comments(0)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31