「三瓶小豆原埋没林公園」は原始の森だった!(追記)


d0295818_23290462.jpg

宇都井に向かうう途中

三瓶山の噴火で埋没した縄文時代の木々があると知り

急遽、寄り道の旅です。



国引き神話の舞台になった三瓶山、雄大な姿です。



d0295818_23423357.jpg

この建物が地底に林立する埋没林への入口です。

火山の噴火が閉じ込めた奇跡の森です。



d0295818_23470302.jpg

写真では伝わりにくいのですが

目の前に立つ巨木が地底深くに根を降ろしていて

そのスケールの大きさに圧倒されました。



蒸し暑かった地上から地下へ降りて行くと

どんどん気温も低くなり肌寒くなります。



d0295818_23475980.jpg

この保存棟の直径は30㍍あります。

水田の整備工事の時

地中直立する巨木が見つかり

10㍍くらい掘っても掘っても続く幹に

写真を撮って、工事が終わると忘れ去られていたそうです。



d0295818_01012615.jpg

7年後、その写真を目にした火山研究者が

「これは三瓶火山の歴史を語る貴重なものに違いない。」

と、本格的な発掘が行われたそうです。



水田の下から1本の巨木が現れたら

周囲を掘り広げると次々に巨木が現れ

地底の森の存在が判明したそうです。



d0295818_01105227.jpg

もう一つの根株保存棟。



d0295818_01155687.jpg

放射性炭素を使った年代測定により

4000年前に埋もれたことがわかり

生きていた推定樹高は約50㍍。



d0295818_01230636.jpg

展示してあった「ひと言メモ」には

「埋没林の木を掘り出した時
のこぎりで切ると生きている木と同じ色でした。
でも、見ている前で黒くなりました。
それは玉手箱を開けた浦島太郎のようでした。」



追加(9月6日)
d0295818_1236091.jpg

こんな縄文杉が4000年も昔にあったのだから

古代歴史博物館の模型で見た創建当時の「出雲大社」が

絵空事ではなく、実際にこんなふうに建っていた神殿だと

思えてきました。





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
Commented by manekinntetti at 2017-09-05 08:59
おはようございます(*^▽^*)

早朝から何度も、覗きに来てましたぁ(笑)
良い所に寄り道しましたね。
行ってみたいです^^
Commented by tkytora at 2017-09-06 00:49
凄いっΣ( Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙

こんな所あるんですね!
始めて知りました‼
奇跡の森…ありがとうございます。行ってみたいところが増えました(*^^*)
Commented by bienes at 2017-09-06 12:31
すごい!こんなことがあるんですね!
mamiさんの記事を読んでいて 鳥肌が立ちました
すごい!
自然ってすごい!
Commented by mami-2013 at 2017-09-06 15:07
テッチさん、コメントありがとうございます。
私も旅行中に知り、無名(私が知らなかっただけ?)
の施設にもかかわらず
評価が4.5と高かったので興味津々で行ってきました。
想像以上に圧巻でした。
Commented by mami-2013 at 2017-09-06 15:25
takaさん、こんにちは~。
島根県は行くたびに「次はあそこへ行きたい。」と
思いながら帰るので、ここ5年ほど毎年行っています。♪

写真よりも実物のほうが迫力も感動も大きいですが
階段をおりるにつれ湿度も気温も下がるので
下に着いたときは四千年前の空気を吸っているような錯覚に陥りました。(笑)
予約すればガイドもしていただけるようです。

takaさんの三豊市の父母ヶ浜も驚きました。
瀬戸内海を挟んで隣の県なので行き尽くした感がありましたが
ここは全く知りませんでした。
近いので行ってみようと思います。
Commented by mami-2013 at 2017-09-06 15:37
bienesさん、こんにちは~。
ここを知ったときは
「四千年前の縄文杉が見られるのか~。人気もあるみたい。」
くらいの気持ちで行ったのですが
この埋没林を発見した人や発掘した研究者たちの興奮が
伝わってくるような展示内容でした。
でも、埋没しているのはこの建物の中だけではなく
周囲の公園、一帯にあるそうです。(埋め戻していますが。)
by mami-2013 | 2017-09-05 02:27 | + 2017.08.10 石見銀山を尋ね | Comments(6)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー