<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 27日

コンクール前夜

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by mami-2013 | 2013-04-27 19:24 | 日々の暮らし
2013年 04月 26日

食べ残しの小松菜が根付きました!

d0295818_2326499.jpg

有機野菜の小松菜があまったので、水をはった容器に挿しておいたら
新しい葉っぱがどんどん出てきて、
よく見ると、ちっちゃな根っこまで生えてきていました。

そのまま、しばらく水栽培をしていると、つやつやした葉っぱが勢いよく伸びて
「このまま畑で大きくならないかな?」と思い、父の畑に植え替えました。
内側で小さくて、クルクルしているのが新しい葉っぱです。


d0295818_2353655.jpg

植え替えた直後はこんな感じで、シャッキーン!としていましたが
次の日には ダラ~~ と土の上に力なく横たわって
やっぱりだめかな~と思っていましたが、父が
「まだ根が小さくて、土の中の水分を取る力が無いから、こまめに水をやれば育つだろう。」と育ててくれ


d0295818_23285044.jpg

前日の雨で泥だらけですが、今ではこんなに育ちました。
食卓にのぼるのが楽しみです。!(^^)!
小松菜で味をしめ、今は有機野菜のルッコラを水栽培中!
果たして、二匹目のドジョウになるのか?楽しみです。


d0295818_2372354.jpg

初収穫のハツカダイコンです。
収穫したそばで
「ハツカダイコンはもっと大きくなるのに!」と母が悲鳴を上げておりました。^^:


d0295818_2375262.jpg

間引いた春菊と一緒にサラダにしました。

[PR]

by mami-2013 | 2013-04-26 18:30 | 植物 | Comments(0)
2013年 04月 24日

牡丹の贈り物

d0295818_17561015.jpg

牡丹の花をtomuくんからいただきました。
「牡丹は雨が降ると、あっという間に散るから、切花で楽しんでください。」と
ありがたいです。

生け花は得意じゃないので、花瓶の中に投げ込みです。
一緒にいただいたフリージアをアクセントにしたら
真ん中で目立ちすぎでした。

父も島根県の大根島で買った牡丹を大切に育てていましたが
5~6年で芍薬になってしまいました。
牡丹の接木の台木は芍薬と決まっていて、失敗すると台木の花が咲くそうです。
(これもtomuくんから教えていただきました。)



d0295818_1882781.jpg

藤も先週から咲き始めました。
[PR]

by mami-2013 | 2013-04-24 18:30 | 植物 | Comments(4)
2013年 04月 22日

誕生寺の会式

d0295818_114755.jpg

昨日 4月21日はokabeさんに誘われ
久米南町の誕生寺で開催された
誕生寺の会式法要に行ってきました。毎年第三日曜日に開催されています。
室町時代から続いているそうで
正式には「法然上人御両親追恩会式大法要」といいます。

中でも、「二十五菩薩大練供養」が岡山県の重要無形文化財に指定され
稚児行列に続き、念仏を唱える中、厳かに二十五菩薩が練り歩く姿は
來迎曼荼羅が現世に示現された情景といわれています。


d0295818_11484328.jpg

かわいい稚児行列。
はるかかなた昔、私もこの稚児行列に参加したことがあるそうです。
でも記憶に無いのが残念です。
行列は、誕生寺から東の娑婆塔まで歩き、そこから戻ってきます。
お寺を出るときは神妙な稚児行列も、帰るころには眠ったり、だっこされたり…。かわいかったです。

二十五菩薩が練り歩く姿は、金色に輝く面をつけていて、それぞれ笙、琵琶、龍笛など
雅楽で使われる楽器を持っています。

僧侶の方々も多勢いらっしゃいました。
「誕生寺の方だけじゃないですよね。」と
地元の方に聞いてみたら、誕生寺に縁(ゆかり)、のあるお寺の方々が
全国から集まってこられ、なかでも京都から来られている方が一番多いそうです。

年々人出が少なくなり、さみしくなっていると、地元の方々は言っておられましたが
誕生寺の参道が、こんなに大勢の人で埋めつくされているのは初めて見ました。


d0295818_1151139.jpg


商工会の方々が作っている「銀杏おこわ」。
ぎんなん以外にも、しいたけ、ふき、にんじん等、旬の地元の具材がたくさん入っています。
この日だけしか、食べられないのが残念なくらい、とっても美味しいんですよ。


d0295818_17305860.jpg

ゆず味噌とニューピオーネのジャムを買いました。
久米南町の特産のゆずを使った、ゆず味噌は大好きなので
目についたら、ちょこちょこ買っています。
ニューピオーネのジャムは初めて買いました。美咲町の平賀農園さんのジャムです。
どんな味なのか楽しみです!
[PR]

by mami-2013 | 2013-04-22 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(2)
2013年 04月 18日

毛玉とりブラシ

d0295818_143899.jpg

欧米では暖炉を使わなくなる春に、すす払いとともに大掃除をする習慣があるそうです。
日本も、暮れの大掃除ほどじゃないけれど
今の時期、冬のコートを片付けたり
カーテンやシーツを冬物から春物へとかえますね。

実家の母は、参観日 家庭訪問が近くなると
テーブルクロスや玄関マットなどを
春物や新しいものに変えていました。


d0295818_14385890.jpg

今日は、風はあるものの、春らしい日差しだったので
真冬のニットや、ファブリックを洗いました。

洗い終えたニットは、毛玉とり用のブラシを使い、毛玉をとります
ブラシの先で軽くブラッシングするだけで取れます。
ブラシ全体を使うと、力が入りすぎ 遊び毛までとってしまうので…。
これ、スグレモノです。
以前はハサミを使っていたので楽チンです。^^

スタイリストの内田彩仍さんは
「仕上げにスチームアイロンを浮かせて蒸気をあてると、遊び毛も落ち着いて
編み目や形も整います。」と
著書の「12か月のこと(宝島社)」で書いておられますが、横着者の私はやったり、やらなかったり。
こちらの本もおすすめです。






[PR]

by mami-2013 | 2013-04-18 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(4)
2013年 04月 16日

がいせん桜

d0295818_17502784.jpg

昨日は、きれいな三日月がでていました。

写真を撮ってみたらクレーターまでしっかり写っていて

ちょっと写り込みすぎて暗いですね。


「がいせん桜」のライトアップを昨日までしていると聞き

仕事を投げて、行ってきました。

毎度、毎度桜のことばかりですいません。(^^ゞ

でも、きれいでした~!



d0295818_18174611.jpg

「がいせん桜」は日露戦争での戦勝を記念して

137本の桜が植えられました。

桜並木のトンネルは、新庄村の春を代表する景色です。


上の写真は、脇本陣の前の桜です。

初めて見た時は、苔むした幹がうねり、貫禄のある老木でした。

その後、包帯姿(?)となり痛々しかったのですが

懸命な樹勢回復治療で100年を過ぎても綺麗に開花しています。

ソメイヨシノの寿命は60年といわれているので、驚くほどの長寿ですよね。

あやかりたい。あやかりたい。


d0295818_189675.jpg

「がいせん桜まつり」では、街道沿いに屋台が並び

多彩なイベントが華やかに開催されます。

ともすれば、屋台のほうが華やかです。

桜の上を走る電線も華やかです。(笑)



d0295818_18415222.jpg

ここ最近は土手に咲く、しだれ桜を目当てに

お祭りをはずして訪れています。

この写真は数年前に撮ったものです。

しだれ桜は、がいせん桜が咲き終えた頃に咲き始めます。

見事ですよ~。



[PR]

by mami-2013 | 2013-04-16 19:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2013年 04月 15日

父が畑をつくりまして…

d0295818_11441165.jpg

昨年、実家の庭にある小屋を一棟、撤去したので、その空間に父は畑を作りました。
「土作り」にとても時間をかけていました。

畑作りなんてまったく知らない私も、本を読んで畑について
ちょっとだけ勉強してみました。

土さえ健康なら植物はどんどん生長できるそうです。
肥えた土を入れたり、化学肥料を与えたりしても、いまある庭の土が健康になるわけじゃないので
「健康な土作り」をすることが一番大切なことで
そのためには自家製堆肥作り、それを土に混ぜ滋養を与えるのがいいそうです。


d0295818_17314068.jpg

昔から田畑に植えられているレンゲ、カラスノエンドウなどマメ科の植物は
植えておくと土を肥やす「緑肥」と呼ばれる作物で
育ったら引き抜いて土壌に鋤きこむと肥料になるそうです。

レンゲが肥料になることは知っていましたが、あぜ道に生えているカラスノエンドウも
勝手に生えているのではなく、ちゃんと育てていたのですね。
目からウロコです。


d0295818_174044.jpg

コンパニオンプランティングといって、相性のいい作物を並べて植える方法があります。
虫がつきにくかったり、おたがいの生長に相乗効果があったりするそうです。
写真のナスとバジルも相性がいいそうです。^^


人工交配の苗のほとんどが「種子消毒」といい、種採集後に農薬をかけられているので
非遺伝子組み換えの種を手に入れて蒔くこと…。
そういえば

父がジャガイモの種芋を植えた時、
「あまったジャガイモは食べてもいいよなぁ。」と
いつもコメントをくださるtomuくんに何気なく聞いたら
「種芋は農薬で消毒しているから食べちゃあいけんよ。」と言われたそうです。

う~ん。
「食べちゃあいけない種芋から栽培されたジャガイモは、食べちゃあいけないんじゃないだろうか。」
というのが私の思いですが…。
種芋を売る人は平気なんでしょうか?
「種子消毒」と聞くと“消毒してあるから安全”と思ってしまいます。

「食の安全」が叫ばれ、海外からの輸入食品や食品添加物には注意をはらっていました。
でもまさか、家庭菜園の野菜が、すでに種の段階から農薬がしみこんでいたなんて
思ってもみませんでした!
灯台下暗し。またまた、目からウロコです。

以前、読んだ早川ゆみさんの本にも種子のことが書かれていたはず…。
もう一度読みなおしてみよう。
すでに蒔いてしまい、芽がでてきた春菊や人参はどうなんでしょう?
[PR]

by mami-2013 | 2013-04-15 18:30 | 植物 | Comments(2)
2013年 04月 12日

第4回目の 円山マルシェ2013

d0295818_1735124.jpg

4月10日水曜日 「円山生活の会」の佐野明子さんが主催された「円山マルシェ」を訪れました。
場所は明子さんの自宅兼建築設計事務所の「円山ステッチ」です。今回で4回目の開催です。

今回は食べることを中心にしたマルシェで、石窯パン、お菓子、カフェ、無農薬無肥料野菜のお店など様々なブースが並んでいました。
みなさん、食べるものをつくることに志を持ち、おししくて安心して食べられるものを作ることに
気持ちを込めている人たちが集まってきています。


d0295818_17404813.jpg

いちばんに目についたのが色鮮やかなフルーツのシロップ。
梅ビネガーに、イチゴやキンカン、ハッサクなどのフルーツにいろいろなハーブをブレンドしたシロップを
炭酸やミネラルウォーターでわってくれます。

私がチョイスしたのは、イチゴシロップと梅ビネガーをミネラルウォーターでわったもの。
イチゴがそのまま入っていて、とっても美味しいジュースでした。
今年は季節ごとのフルーツを使って自家製シロップを作ってみたいと思いました。


d0295818_17364464.jpg

爽やかなブルーのクロスのブースは「のらくら堂」さん。
前回のマルシェで初めて食べ、ファンになったおかし屋さんです。
植物性、フェアトレード、オーガニックにこだわったマフィンやケーキが並んでいます。
今だけの桜のマフィンと新作のクッキーを買いました。


d0295818_1737414.jpg

こちらのレトロ感あふれるブースは、友人のyosieさんが
「岡山県一、美味しいケーキ!」といちおしの
「カフェ アンドゥ」さん。倉敷市内にあるお店もレトロな雰囲気です。 
こまち玉子(桑の葉を飼料とし、黒糖やにんにくも与えた玉子)を使用した
スコーン、ケーキ、クッキーなどがいっぱい並んでいます。ブースの前も絶えず人垣ができていました。

季節限定の「ナッツケーキ」を買って帰りましたが、yosieさんの言うとおり
たっぷりのナッツ類を惜しげもなく使っていて、風味豊かな美味しいケーキでした。
今月いっぱいで販売終了といいうのが残念です。


d0295818_1738464.jpg

自家製甘酒酵母使用したパンが並んでいるのは、「石窯ぱんやnico」さん。
建部にお店があるので、たまに買いに行きます。
前回のマルシェでは2時間ほどで、ぜんぶ売り切れてしまっていた人気店です。

わが家で人気があるのは「全粒ぱん」や「玄米ぱん」。このパンで具だくさんのサンドイッチを作ります。


d0295818_7383139.jpg

「円山生活の会」の”マルシェつながりランチ”のキッチンです。
明子さんがてきぱきとランチの準備をしていらっしゃいます。
このランチは、この日あつまったお店の、野菜やパン、おむすび、デザートなどがほとんど食べられます。
限定20食だったので、あっという間に予約終了したそうです。

写真はないけれど、「蒜山耕藝」さんの自然農法の玄米餅。香ばしくて美味しかったです。
写真を撮り忘れたことに気がついたときは、すでにお腹の中でした。^^;

他にも岡山産無農薬の小麦を使用した焼きドーナツの「ぜろドーナツ」さん。
無農薬無肥料野菜を販売していた「LE POTAGER FENOUIL (フヌイユ農園) 」さん。
器や木の小物も展示してありました。^^


d0295818_17394147.jpg

自然に囲まれた、円山ステッチの向かいの山道をのぼっていたら、たけのこを見つけました。
たけのこ、今年はまだ食べてないなぁ。

「円山生活の会」では、いろんな会を開催されています。
ここに来るたび日本古来の食文化と食べることの大切さを教えてもらっています。

「円山生活の会」については、こちらをクリックしてください


    
[PR]

by mami-2013 | 2013-04-12 18:30 | 円山生活の会 | Comments(0)
2013年 04月 10日

桃源郷

d0295818_9452269.jpg

連日お花のブログばかりですが ^^;
今日は桃をアップします。

岡山では桃というと、白桃です。
子どもの頃、幼なじみと、ぬり絵をしながら
「桃はベージュ色なのに、なんで<桃色>はピンク色なんじゃ?」
と話していた事がよくありました。

就職し、大阪で仕事をするようになると
スーパーで売っている桃がピンク色をしているのにびっくりしました。
「赤い桃、桃色の桃がある~!」
このとき初めて白桃以外の桃を見ました。
他県の方は「うそだ~!」と思われるかもしれませんが…。


d0295818_9593550.jpg

岡山空港の滑走路沿いにある桃畑
このあたりには、多くの桃畑があります。
きっと今、岡山空港を発着する便に乗れば
淡いピンクの絨毯が上空から見られると思います。


d0295818_1031427.jpg

備中国分尼寺跡の近くの桃畑。
細い竹薮の道をうねうね登っていくと、パーンと開けて
「桃源郷」という感じで、桃畑がひろがっていました。


d0295818_10104559.jpg

果物として出荷する桃は、花が咲くと
7つに1つだけ残して剪定していくそうです。(5つにつ、だったかもしれません。)
だから、庭に咲く桃よりも花の数が少なく、畑全体が
〝淡~い〝ベールをまとったように見えます。


d0295818_15115737.jpg

おまけです。
動きが速くて、シルエットを撮影するのが精一杯でしたが
ツバメが飛来していました。
小さいのでわかるでしょうか?
早くはないのでしょうが、今年初めてのツバメを見ました。
[PR]

by mami-2013 | 2013-04-10 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2013年 04月 09日

岡山各地の桜 (うちの桜も)

d0295818_18225082.jpg

先週末はひどい春の嵐でしたね。
土曜日の夕方、後楽園の旭川の土手沿いを車で走っていたときの風景です。
渋滞が長かったので、カメラをとりだしました。

暗雲たちこめた中での桜吹雪です。
荒れ狂う突風の中を、すい込まれるように
舞い上がっていきました。


d0295818_18294736.jpg

翌日は晴れたり、曇ったりのはっきりしないお天気でしたが
同じく旭川沿いの土手ですが、福渡の八幡温泉です。
土手の桜は八分咲きくらい、遠方の山桜は満開のように見えました。
ちょうど、日が照っている時に列車がやってきましたが…。


「美作国建国1300年記念事業」のひとつ、NARUTO列車です。
この漫画の漫画家さんが美作の出身だそうです。
風景に馴染んでいませんね。(ファンの方には怒られそうですが)

この列車と撮るために河川敷まで来られている人もいましたから
人気のある漫画だと思います。


d0295818_18502093.jpg

桜と菜の花の共演。
ここの桜は、雨さえ降らなければ週末まで持ちそうです。


d0295818_18584588.jpg

「美作国建国1300年記念事業」としての
さくら祭りは、20日に「三休公園さくらまつり」、21日に「がいせん桜祭り」と
遅くまで咲く桜はまだまだあるようです。


d0295818_9313681.jpg

おまけ
実家の枝垂桜も全体的には、花吹雪となってしまいましたが
先週、まだ咲ききっていなかった枝先の桜が
綺麗に咲きました。


d0295818_9354797.jpg

[PR]

by mami-2013 | 2013-04-09 18:30 | 植物 | Comments(0)