<   2013年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 29日

涼風滝めぐり7 「横野滝(津山市)」

d0295818_14133558.jpg

朝晩は涼しくなりましたが、日中は残暑が厳しいですね。
今日は津山市の上横野地区にある「横野滝」をご紹介します。

横野川の上流にある「横野滝」は3つの滝の総称です。
一の滝は落差8㍍ですが
写真を撮っていませんでした。><

二の滝は落差15㍍。
このそばには「紅葉亭」という
お食事処があり、そうめん流しが名物です。


d0295818_14134518.jpg

到着が夕方だったので食べていませんが
割竹の中に湧き水でそうめんを流すのは
目にも涼やかなことでしょう。


d0295818_14234349.jpg

ここからさらに登ると
三の滝です。落差36㍍。
この滝は3段階に滝壺を持っていて
趣がありますね。

また、滝へ向かう途中
横野川の清流を利用した漉き和紙の
水車小屋を見ることができます。

特に金箔と金箔の間に敷く箔合紙(はくあいし)は
薄さ、こしの強さ、手触り、すべてに優れ需要も高いそうです。
金沢の金箔もここで作られた箔合紙を使っていると
聞いたことがあります。

金箔を使い、残った箔合紙は
「あぶらとり紙」として売られているので
私も金沢で買ったことがあります。
一般的に出回っているものより
薄くて、柔らかく肌に優しいのに、
油分はしっかりと取ってくれます。


d0295818_14321146.jpg

同じ津山市内にもうひとつ
水車小屋があります。
「桐の木水車」です。お米を搗く水車で
田んぼの中にポツンとあり
これこそ「日本昔話」に出てくる
水車小屋といった佇まいです。
小さな、小さな水車なのに
「コトン、コトン・・・。」と水車がゆっくりと廻る音は
意外と遠くまで響いています。

小水力発電ができるまで
こんな風景は珍しくなかったのでしょうね。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-29 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2013年 08月 28日

可愛いだけじゃない雑貨屋さん

d0295818_12447.jpg

お友達のmachikoさんから
「以前、うちで設計事務所として借りていた部屋が、
雑貨屋さんとして、オープンしてるよ。行ってみない?」
と誘われて
「Handmade と Zakka のお店 rural(ルラール)」
に行ってきました。

外観は以前の設計事務所のままなので
通りがかりにふらっと入る人は、いないだろうというくらい
隠れ家的なお店でした。
(ただ今、看板発注中だそうです。)


d0295818_1261712.jpg

中に入ると、別世界!
小さな子が寝転がっても大丈夫なように
ムクの板張りの床で、靴を脱いであがるようになっています。
スリッパも用意してくださっていますが
裸足でも気持ちよさそう~。


d0295818_12105667.jpg

入り口付近には、文房具のコーナー。
季節感のある消しゴムはんこが
かわいらしく並んでいます。


d0295818_121019.jpg

細々とした、手作りの木工やブリザーブドフラワー
この木製の飾りだなは、什器かと思っていたら
ちゃんと値札がついていて、お安くてびっくり!
味もあっていいなぁと思いました。

一番上の写真のチュニックは、オーナーさんの手作りで
試作品中のお洋服も見せていただきました。
もう少し落ち着いたら
手作り教室も開きたいとおっしゃっていました。
スカートくらいしか作れない私は興味津々♪。


d0295818_12143581.jpg

この近辺には、問屋町が近く
雑貨のお店はいっぱいあって
手芸を教えてくれるお店はあっても
洋裁を教えてくれるようなところは、知らないので

自分のスタイルにぴったり合った服がほしい人。
市販の服の農薬や枯葉剤の使用が気になる人。
そんな人たちには、お勧めのお店だと思います!

裁縫が苦手な人や、時間の無い人のために
オーダーができるといいですね。
ちょっと気になるお店が近くにできました。

「Handmade と Zakka のお店 rural」はこちらをクリック→ 


d0295818_12192984.jpg

最後に、地図をのせています。
お店の北側に、「フリーハンド」という設計事務所があります。
いやでも看板が目につきます。(笑)
ここを目指して、建物を過ぎたところで
少し奥まって、白い小さなキューブ状の建物を見つけたら
それが「Handmade と Zakka のお店 rural」お店です。


[PR]

by mami-2013 | 2013-08-28 12:33 | ショップのこと | Comments(0)
2013年 08月 27日

秋の空

d0295818_10302289.jpg

先週とはうって変わり爽やかなお天気ですね。
湿度も低く、空も高くなり
昨日の午後は、見事な「いわし雲」を見つけました。
秋の季語にもなっていて、秋の象徴的な雲です。

朝早くから鳴いていたセミの声も
ここ数日、聞かなくなりました。

「暑い!」といっても
夏は毎年、あっという間に過ぎていきます。
暑さがぶり返しながら。
[PR]

by mami-2013 | 2013-08-27 10:29 | 日々の暮らし | Comments(0)
2013年 08月 24日

夏の夜ごはん

d0295818_1532258.jpg

暑い暑いと言っていたら
今朝はバケツをひっくり返したような雨で目が覚めました。

夏は、だんなが、あっさりした和食とビールを欲しがり
ごはんを食べなくなってしまいます。

今まではテーブルが狭かったので!?
一汁一菜 でしたが
広くなったせいもあり、量は少なく
品数を増やしてみました。


d0295818_15222310.jpg

和食だけではあっさりしすぎるので
夏はエスニック料理をミックスさせます。

焼きそばは、唐辛子のきいたミーゴレン。
サラダはライスペーパーで巻いて生春巻きにしてみました。
生春巻きは夏の定番メニューです。

結局、ビールが美味しくなる
お料理ばかりです。(笑)
[PR]

by mami-2013 | 2013-08-24 21:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2013年 08月 23日

山本二三展

d0295818_16284546.jpg
岡山シティミュージアムで開催されている
「山本二三展」を見てきました。

アニメーションの背景画の美術監督として有名な方です。
作品のリアリティを出すために
現地に足を運び、登場人物と同じような生活をしてみるという
入念な取材をされるそうです。

学生の時に見た『ルパン三世 カリオストロの城』は
緻密な描写によって、迫力と奥行きを感じさせてくれ
映画のクライマックスの
巨大な城や動きだし、ローマ水道や噴水のシーンは圧巻でした!

写真は購入した絵はがきですが
神々しい森や海の絵が好きなのに、気がつくと
パースのような作品ばかり買っていました。(笑)

一番下の作品だけは
岡山県の「黒島ヴィーナスロード」で
この展覧会のオリジナル作品です。
[PR]

by mami-2013 | 2013-08-23 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2013年 08月 22日

美保関

d0295818_22111599.jpg

島根半島の東端にある美保神社です。
「ゑびす様」の名で世に知られ
「海上安全・大漁満足・商売繁昌・福徳円満・歌舞音曲」
の神様として篤く信仰されています。


d0295818_22161377.jpg

創建年代は不明ですが、境内からは
古墳時代の勾玉の破片が見つかっているそうです。
さすが、島根県は神話の国ですね。


d0295818_22213983.jpg

この路地は、青石畳通り (あおいしだたみどおり)といい
美保神社から仏谷寺に伸び、江戸時代の参拝道の遺構です。
当時は、参拝客相手の旅館やみやげ物屋で賑わったそうです。

古い町並みと石畳の道が
落ち着いたたたずまいを、かもし出して
「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」
に認定されているそうです。


d0295818_22275633.jpg

美保神社から北に向かうと
島根半島東端の地蔵崎の先端に
国の有形登録文化財に指定されている美保関灯台があります。


d0295818_22324489.jpg

灯台は海抜73mの岩上にあって高さ14m。
明治の面影をとどめた風格のある建造物で
「世界の歴史的灯台百選」にも選ばれているそうです。

赤い屋根の建物は、灯台守の宿舎でしたが
今はレストランとして使われています。
日によっては遅くまで営業されていて
日本海に浮かぶ漁火を見ながら食事ができそうです。


d0295818_22445155.jpg

地蔵崎付近は大山隠岐国立公園に含まれる景勝の地です。
この岬は古くは「美保之碕」とよばれていたそうで
出雲国風土記の国引き伝説では
北陸地方から引いてきたものと伝えられています。

手前に見える島を「地之御前」と呼び
4キロ先に浮かぶ島を「沖之御前」と呼び
共に美保神社の祭神「ゑびす様」の魚釣りの島として伝えられ
現在も美保神社の境内とされているそうです。


d0295818_22572865.jpg

沈みゆく夕陽です。
イカ釣り船が沖へ向かっているのが見えました。
もうすぐ、漁火がともる時間です。

最後まで読んでくださってありがとうございました。


 

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-22 23:07 | + 2013.08.15 島根半島の旅 | Comments(0)
2013年 08月 20日

多古鼻

d0295818_20351420.jpg

多古鼻に来ました。
「鼻」というのは「岬」のことで
山陰の岬には
「○○鼻」という名前がついた岬がいくつもあります。


d0295818_2182619.jpg

ここは、海水の浸食によってできた
洞門のような岩です。
観光の見所のひとつとして
案内板があってもよさそうですが
何もありませんでした。
帰って調べてみましたが
名前ものっていませんでした。


d0295818_20392667.jpg

遠方から見るとこんな感じです。
私の中では、絶景なんですが
島根半島は、岬と湾が交互に鋸歯のように並ぶ
複雑なリアス式海岸だから
こんな風景は珍しくないのでしょうか?

昨日の北浦海岸の砂浜の先も
「島」と書いてしまいましたが
砂浜で続いているので、あれも「鼻」です。
「奈倉鼻」といいます。


d0295818_20455233.jpg

「多古の七つ穴」のうちのひとつだと思います。
日本海の荒波にによる海食洞です。
実際には9個の洞窟があるらしいのですが
海上からは7個が見えるので
「多古の七つ穴」と呼ばれているそうです。


d0295818_20483167.jpg

左奥にも穴が空いています。
遊歩道を歩くと上から、見えるそうですが
日中のいちばん暑い時だったので
行ってませ~ん。 ^^;


d0295818_2049348.jpg

「沖泊漁港」の漁船の下を撮っています。
赤い部分が漁船の先端で
水面に接している部分です。
そこから下は、海底ですが
港の海底の石畳がきれいに見えます。

写真ではギラついて判りにくいのですが
水深3㍍くらいでしょうか?
プールの底のように海底がはっきりと見えます。
こんなに美しい港にはなかなかお目にかかれませんが
このあたりは、どこの港も美しいです。

想像がつかないけど
岡山港も以前はこんな港だったのでしょうか?


d0295818_20523529.jpg

岬の上にたどり着くと
「天空の岬 マリンパーク多古鼻」がありました。
ズラリと並んだキャビンとテントサイトがあります。

2階建てのキャビンは、すべてオーシャンビュー!
ウッドデッキのバルコニーから
素晴らしいパノラマが広がっているのです。
果てしなく続く青い海原。
朝日が昇り、夕陽が沈み
夜になれば水平線上に美しい漁火が輝き
空は満天の星空が・・・

と書くと
まるで、泊まってきたように思われちゃいますが
ここに着くまで
こんな場所があるなんて知りませんでした。


d0295818_20541995.jpg

「来年はここに泊まって海水浴してバーベキューしよ~。」
と、だんなに言ったら
「2人だけのバーベキューは、酔っ払って、片付けるのに時間がかかる。」
と、文句を言うので
「じゃあ。片付けの簡単な、レトルトカレーにする?」と私。
「こういうところは大勢で来て、賑やかにバーベキューをするんだ!」
だそうです。

来年の夏に向けて
一緒に言ってくれる仲間を募集しなくちゃ!

マリンパークのHP→ 

d0295818_2058556.jpg

多古鼻へ行く途中にある「小波海水浴場」です。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-20 21:30 | + 2013.08.15 島根半島の旅 | Comments(4)
2013年 08月 19日

北浦海岸

d0295818_15284882.jpg

鳥取のお墓参りをすませた後
島根半島へ行きました。
まず目指したのは、北浦海岸。

初めて日本海で海水浴をしたのがここでした。
まるで南国の海のような
ブルーとエメラルドグリーンの海。

沖縄本島の万座ビーチよりも
ずっと綺麗な海だったので
とっても感動し、それ以来よく訪れていました。

海の色に対する、石州瓦の赤色のコントラストも綺麗です。


d0295818_15441256.jpg

ビーチは中央で細長く砂が集まり
その先が島になり、神社があります。
手前が海水浴場で、奥が港になっています。


d0295818_154729.jpg

島の北は、外洋に面していて
青い海がどこまでも続いています。
シュノーケリングをしている人がたくさんいました。

d0295818_1548228.jpg

黒く見えるところは岩場で
潜ると、いろんな魚が泳いでいます。
ハタタテダイの稚魚など
南方の熱帯魚も見ることが出来ます。

夏の間、暖かい海流にのり、日本海沿岸までやって来ます。
やがて冬が近づき水温が下がると
子孫を残すことなく死んでしまいます。
こんな魚たちを「死滅回遊魚」と呼ぶそうです。


d0295818_160132.jpg

ここに来る途中、雨が降り出したので
海が濁るかな?と思っていましたが
たいした雨ではなく
こんな綺麗な海に出会えました。


d0295818_1623589.jpg

ずっと、このままの海でいてほしいです。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-19 18:30 | + 2013.08.15 島根半島の旅 | Comments(0)
2013年 08月 18日

高原の花

d0295818_15104389.jpg

お墓参りは、鳥取にも行きます。
湯原温泉から蒜山高原を通って鳥取へ。

蒜山高原には、先月も来ましたが
あの時は、雨で肌寒いくらいでしたが
お天気がよいと30℃を超え暑いです。


d0295818_1523230.jpg

秋がちょっとずつ近づいています。
コスモスは沿道でよく見られますが
花びらがちょっと変わっています。


d0295818_15313746.jpg

コスモスの八重咲きです。
初めて見ました。

ネットで探してみると
「ローズボンボン」というコスモスによく似ていました。
同じ種類なのかな?

花だけ見るとコスモスには見えません。


d0295818_15364892.jpg

こんな色も咲いてました。


d0295818_15412690.jpg

ひまわり。
小ぶりながらも、堂々としていました。

d0295818_15475364.jpg

d0295818_15494525.jpg

女郎花(おみなえし)。秋の七草のひとつです。
自生地が減っているともいわれています。

偶然、ベニシジミも一緒に撮れました。
ベニシジミは初めて目にしました。
今まで気がつかなかっただけかなぁ?


d0295818_1605632.jpg

よく見かけるんですけど
名前がよくわかりません。


d0295818_1632820.jpg

インターの近くには、ひまわりの群生が。
近くに高台があれば
鳥瞰図のような写真が撮りたいと思いました。

賑やかな小学生が集まって
「わいわい、がやがや」しているみたい!


d0295818_1675718.jpg

どこか一点を見つめているような
ファインダーを覗き込んでいるような。

秋の花と夏の花が同居しているような
高原の花々でした。
[PR]

by mami-2013 | 2013-08-18 18:30 | 植物 | Comments(0)
2013年 08月 18日

山葡萄のソフトクリーム

d0295818_16142990.jpg

蒜山高原でちょうど昼時だったので
食事をしようと「イル・リコッターロ」に行ったら
お休みでした。

手前にある、おそば屋さんへ
と思ったら、駐車場が満車。
うろうろしていて、入ったお店が
「ひるぜんワイナリー」

以前から気になっていましたが
まだ12時台だったのにランチは売り切れ。


d0295818_16184731.jpg

せっかくだからと、ソフトクリームを
いただきました。
山葡萄のソフトクリーム。

甘酸っぱくて美味しいのですが
ちょっと甘過ぎ…。

食べかけですが^^
このバニラとのハーフが
ばらんすのいい美味しさでした。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-18 18:30 | 美味しいもののこと | Comments(0)