<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 27日

実りの秋の歓び 「日本の棚田百選」

d0295818_0473655.jpg

岡山県には「日本の棚田百選」に選ばれている棚田が
4ヶ所あるというので
稲穂が頭をたれる今、訪れてみました。

久米南町は母の実家のある町なので
棚田は見慣れた風景です。
全国どこででも見られると思っていますが
全国で100ヵ所に絞ると
ひとつの町で2ヵ所も認定されているのって
すごいことだと思います。

d0295818_16284870.jpg

久米南町上籾(かみもみ)です。
黄金色に輝く稲穂。
すでに稲刈りが終わった棚もあります。

案内板には
『 「耕して天に至る」 
景観は、こころにある、ふるさとの光景です。』


d0295818_16312537.jpg

「日本の棚田百選」のパンフレットの表紙を堂々と飾った
美咲町大垪和西(おおはがにし)の棚田です。
今年の田植えシーズンにも来ました。^^

ここでは、稲刈りの真っ最中でした。


d0295818_16322242.jpg

彼岸花が棚田の際を彩っています。
山の形状をそのまま生かした、美しい景観ですが、
一枚ずつ形の違った田で、稲を育てるのは
平地で作るよりも手がかかり、過酷な作業だと思います。


d0295818_16355216.jpg

美咲町小山
両山寺の麓に広がる棚田。
今までのように、案内板がなかったので迷いましたが
このあたりの棚田だと思います。

台風の影響か倒れている稲が目立ちました。
こうなってしまうと、機会では刈り取れませんよね。


d0295818_1635887.jpg

稲刈りの終わった田んぼに
わら束を干しています。


d0295818_16374567.jpg

久米南町北庄
日も傾いてきました。
日本一の棚田面積を誇る棚田です。
ため池を望むように、棚田がすり鉢状に広がり
山林と見事に調和しています。
稲刈りの終わったこの風景。
「バンカーと池ポチャ」を連想させたのは私だけ?


d0295818_1771872.jpg

久米南町では稲架(はぜ)干した風景が多く見られます。
こうして太陽の下で、穂を下に向けて干すことによって
栄養が穂の方にまわるのだと聞きました。

でも、季節は台風シーズン。
台風が来ると大変なことなんでしょうね。


d0295818_16394217.jpg

近寄ってみるとこんな感じです。
日当たりの良い棚田で育つせいか
このあたりのお米はとっても美味しいのです。

棚田が作られた頃は、車や機械もない時代だと思います。
山林の木々を切り倒し、傾斜地を切るのも
切った土が崩れないよう、石を運び上げ、その石を積み上げた石垣も
すべて人の手だと思います。

d0295818_1655062.jpg

子どもの頃、一度だけ
伯父の作業する棚田へ行ったことがありました。
あぜ道を登って到着するだけで達成感があり
あぜ道に寝転びましたが
その横で作業を始める伯父の姿を見ると
子供心にも大変な仕事だと思えました。

今週末が稲刈りと、母から聞きました。
もうすぐ美味しい新米が届きそうです。

食べるだけで申し訳ないです。  m(--)m
[PR]

by mami-2013 | 2013-09-27 18:30 | 美味しいもののこと | Comments(0)
2013年 09月 24日

気になっていたアイスクリーム屋さん

d0295818_18314817.jpg

国道53号線を走っていると
神目あたりで、目につく看板です。

気になりながら毎週通過していました。
昨日、あまりにも暑かったので
アイスクリームを買ってみました。


d0295818_1833625.jpg

アイスクリームとフローズンヨーグルトアイスの2種類があり
好きなフルーツを選んで、まぜてもらえます。
緑のつぶつぶは「桃太郎ぶどう」
今の季節だけみたいです。

だんなはアイスクリームで、私はヨーグルトアイスで注文。
お店の方が親切に
「ヨーグルトは酸味が強いから、ぶどうの甘さがひきたたないかも。」
と言われました。だんなと食べくらべ、
アイスクリームはたしかに甘いけど、私はこっちのほうが好き!

「おまけです。」と言われ
桃太郎ぶどうを凍らせたものも戴いちゃいました。
いろんなフルーツがあったので
また行ってみよう!


昨日、「おしろい花」でしょうか?
と書いた花の名前がわかりました。

ルコウソウだそうです。
「円山生活の会」の明子さんから教えていただきました。
明子さん、ありがとうございます。

昨日の記事はこちらを 
[PR]

by mami-2013 | 2013-09-24 18:30 | 美味しいもののこと | Comments(0)
2013年 09月 23日

きままにたんぼ際 秋の花

d0295818_1873740.jpg

車で里山を走っていると栗の実を見つけました。
イガが割れ、栗が覗いているところを初めて見たので
夢中でシャッターを切りました。


d0295818_1810315.jpg

彼岸花は今が最盛期。
昨年よりもたくさん見かけました。

1週間前には何もなかったところに
あっという間に咲いてきます。

どんなに群生していても、
その姿は2週間ほどでなくなってしまいます。

でも、鮮やかで個性的な花の姿は
記憶の中で咲き続け
この季節になると、咲き始めるのを心待ちにしています。


d0295818_18135018.jpg

でも、地方によっては
「死人花(しびとばな)」なんて、呼ばれているとか。

「子どもの頃、きれいだと思って摘んで帰ったら
お祖母ちゃんから、ひどく怒られたよ!」
って話しを聞きました。


d0295818_18132255.jpg


私は好きなんだけどなぁ。


d0295818_18174691.jpg

彼岸花のそばにあった銀杏の木を見上げると実がついています。
これも初めてお目にかかりました。
「ぎんなん」は梅の実のように、実の中に種があって
その種を割ったら出てくることは知っていましたが
本当に梅の実そっくりですね。^^


d0295818_18191565.jpg

「おしろい花」でしょうか?
オレンジ色は、はじめて見ました。



記事をアップした日の夜に
「円山生活の会」の明子さんからメールが届きました。

この花の名前は「ルコウソウ」だそうです。

円山ステッチにも自生していて、強い草だそうです。

d0295818_18194660.jpg

色味がいまひとつですが
「秋の七草」のひとつのハギです。

「秋の七草」が選ばれたのは
『万葉集』で詠まれた歌が由来といわれているので
1200年以上も古(いにしえ)の昔から親しまれているわけです。
そう思うだけで愛おしくなってきます。

d0295818_18222435.jpg

かすかに青みがかった野菊。
本を片手に「ノコンギク」に似ているなぁ。
と思っていますが、どうなんでしょう?


d0295818_182482.jpg

いちばん驚いたのが「紫陽花」
まだ、こんなにみずみずしい紫陽花が咲いていました。
気をつけてみていると、山影になった場所では
今も咲いている紫陽花がちょこちょこありました。


d0295818_18245516.jpg

[PR]

by mami-2013 | 2013-09-23 18:30 | 植物 | Comments(0)
2013年 09月 21日

台風18号の余波

d0295818_13463716.jpg

3連休が始まりました。
みなさん、どこかへお出かけでしょうか?

私は奈良県十津川村の従姉妹のところへ
行く予定でしたが
先日の台風18号で、途中の国道が崩落し
工事中で通行止めになってしまいました。

十津川村へ行く、他のルートは
大阪から、紀勢本線の黒潮(オーシャンアロー)で
和歌山県の新宮まで行き
そこからバスに乗り換え、十津川村へ行くとのことでした。

でも、紀伊半島を半周し
更に奈良方向へバスで北上するので
朝、出発しても到着することには日が暮れてしまっているので
行くことを断念しました。

台風19号も発生し、宮古島のほうでは警報も出ています。
本州には来ないと思うのですが
今年は、次から次へと台風がやってきます。

「非常持出袋」さえ用意していない、わが家。
「準備しないと。」といいながらも
呑気すぎますよね。
よそのご家庭では、準備されているのでしょうか?
[PR]

by mami-2013 | 2013-09-21 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2013年 09月 20日

中秋の名月

d0295818_1716268.jpg

昨日もきれいなお月様でした。
夕日が沈んだ後
稜線の茜色と藍色のグラデーションが美しく
見とれていたら
いつのまにかお月さまが昇っていました。


d0295818_17171589.jpg

子どもの頃から、七夕や十五夜など
天体にまつわる行事が大好きで

近所でススキをとってきて
母と一緒に、月見団子や「茄子の牛」を飾って・・・と。


d0295818_17185585.jpg

今日の献立は
揚げ里芋の照り煮
栗きんちゃく
秋の焼き野菜のサラダ
炊き込みご飯
潮汁

焼き野菜の中の「青なす」を
最初は気味悪がっていた旦那も
ひとくち、食べると
「とろとろで美味しい!久米南のゆず味噌でも食べたい。」
と上機嫌。

「蒜山耕藝」さんで買った「青なす」です。


d0295818_17301268.jpg

参考にしたのは「野菜食堂こやま」のレシピ本です。
この夏、バイブルのように使っていました。
優しい味のレシピが沢山のっています。

この本の詳しいことは
「日々のごはんの会」のページへどうぞ。 → 


d0295818_173738.jpg

昼間、父が
「里芋が食べたいなぁ」と言っていたので
できたてを実家まで持っていくと


d0295818_17374255.jpg

じゃーん!
父が、お月見の室礼をしていました。

「明日のブログにのせてくれ!」
と言うのでのっけます。


d0295818_17453713.jpg

「お月さまと一緒写らないかな?」
とサッシを開けると
ハッピーが飛び込んで来て
興味津々で覗いてます。
(ハッピーにピントが合ってないけど。)




[PR]

by mami-2013 | 2013-09-20 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(2)
2013年 09月 19日

月をおもう庭茶会

d0295818_049392.jpg

今日は中秋の名月です。
昨日「円山生活の会」でひと足早く
「月をおもう庭茶会」がありました。

朝夕は肌寒くなり始めましたが、
準備を終えた頃には、影がなくなり気温も上がり、急遽
お部屋で、お食事をすることとなりました。


d0295818_054155.jpg

いつものことながら、明子さんの季節感のある
しつらえが素敵です。


d0295818_0543845.jpg

曲げわっぱに入った、季節のお弁当。
栗ごはん、鉄砲串に刺したこんにゃくの煮物
ニラの卵焼き、酢牛蒡、信太巻き
白梅酢で漬けた茗荷の甘酢漬等、彩り豊かに詰まっています。
どれも、食べるのがもったいないほど、おいしいのです。^^

精進揚げの小麦粉は備前長船産で
石臼で挽いたものだそうです。

石臼でゆっくりと挽いた粉は、機械で挽いたものよりも
熱を持たないので風味が豊かだと聞いています。

葡萄は岡山産のピオーネ。
明子さんのおもてなしの心がギュッと詰まったお食事でした。


d0295818_0555788.jpg

円山ステッチに来られる途中に
山葡萄を見つけた方がいらして
みんなで摘んで籠に盛りました。

「山葡萄って、素朴な味だけど美味しいよ。」
「え?生のまま食べられるんですか!」
っていう会話をしながら摘んだのに
明子さんのお料理にすっかり魅せられて
山葡萄を食べることを忘れてしまっていました。f^^;


d0295818_0575597.jpg

最後はカフェリコさんの珈琲とお饅頭です。

今回は少人数の会だったので、食後ゆっくりと
参加された方々とおしゃべりをすることができました。


d0295818_144644.jpg

今夜はどんなメニューにしようかな?
[PR]

by mami-2013 | 2013-09-19 18:48 | 円山生活の会 | Comments(0)
2013年 09月 17日

衣食住としごとの道具にまつわるお店「NAPRON」

d0295818_15293752.jpg

先日「蒜山耕藝」さんが来られたショップ「NAPRON」さんは
倉敷帆布で作られた帽子やバッグ、エプロンなどを
製造販売しているお店です。

初めてここを訪れた時は、帽子や上着などが外から見えたので
アウトドア関係のショップかと思い覘いたのでした。
この日は、台風が近づき外は雨でした。


d0295818_15312061.jpg

帆布でつくられたバッグ。
船の帆にするだけあって硬くしっかりとしたバッグです。
持ち手がロープというところが気に入りました。

ボーダー好きの私としては、
白いバッグに青い帆布をボーダー状に貼り付けた
バッグもあればいいなぁ
と、勝手なことを思ってしまいました。

ショップの奥には、ミシンが並び製造しているところが見えます。
オーダーすると作ってもらえそうな感じもします。
壊れたり、ほつれたりしても、直してもらえそうですね。


d0295818_15372949.jpg

バッグの中に、こんなバンダナを結んでいるものもありました。
どれも色鮮やかです。


d0295818_1539296.jpg

水環境の負担を少なくするために作られた洗剤や器が並んでいます。
アルカリ電解水もおいてほしいなぁ。


d0295818_15411250.jpg
ガーデニング用のエプロンや道具。
下にはシャベルや鋤もおいてあります。
プロが使うような、かなり本格的な道具ばかりでした。

写真をとっていませんでしたが
「レデッカー」や「イリス ハンドバーグ」の掃除道具もありました。
掃除道具といっても
オブジェとして眺めていたいくらい、美しい道具たちです。

「蒜山耕藝」さんも来月、再来月と来られるようなので
また、これからもお邪魔します。

昨日のブログを読んだ、だんなから
「あの、『とまとの味噌汁』だけはやめてくれ~!」と
悲鳴が上がったので
お昼ごはんに、「トマトと玉子のスープ」を作りました。



自分で言うのもなんですが
とっても美味しいスープが出来ました。

「NAPRON」さんのブログです。 → 

「NAPRON」さんの地図です。
東向かいの建物が「とりあえず吾平」になっていますが
この夏、「サンマルクカフェ」に変わっています。

地図の星マークの上にカーソルを持ってくると
「NAPRON」の文字がでてきます。
さらに、その文字上をクリックするとHPが開きます。^^

[PR]

by mami-2013 | 2013-09-17 18:30 | ショップのこと | Comments(0)
2013年 09月 16日

蒜山耕藝

d0295818_14483025.jpg

昨日、ご近所のショップ「NAPRON」さんに
「蒜山耕藝」さんが来られました。
円山マルシェでもお馴染みでしたが
色々と、野菜のお話をうかがったのは今日が初めてです。

このブログの「お気に入りのブログ」欄に
「蒜山耕藝」さんのブログを登録し読ませていただいたせいと
絵里香さんの親しみやすい
お人柄のせいか、自然とお話ができました。


d0295818_1454698.jpg

旬のお野菜が並べられています。
一番奥の青なすには、初めてお目にかかりました。


d0295818_14544124.jpg

いただいたフライヤーによると「蒜山耕藝」さんは

農薬も肥料も使わず
自然のリズムと調和して作物を作っています。
土地と季節にあったものをつくることが大前提。
それを元に食卓から作付けを考え、食べたいものをつくります。


d0295818_14554242.jpg

この日買ったのは、青なす、とまと、天日塩
とまとは加熱することによって、美味しさが引き出される品種。
「白味噌を使った味噌汁にしても美味しいですよ。」
と教えてくださいました。

「とまとの味噌汁」 わが家にとっては、冒険です。^^
でも、作ってみます。

11月の「円山マルシェ」にも来られると、うかがったので
次回はどんな野菜たちに出会えるのか楽しみです。

「蒜山耕藝」さんのブログです。
「NAPRON」さんのことものっています。 → 

明日は「NAPRON」さんのことをご紹介しますね。

^^/









[PR]

by mami-2013 | 2013-09-16 18:30 | 美味しいもののこと | Comments(0)
2013年 09月 13日

手作り石けんできました!

d0295818_15144443.jpg

「コレハ何?」
って感じの画像ですが
7月に「円山生活の会」で作った
手作り石けんができました。

先月には、できあがるはずでしたが
8月の気温が体温以上だったせいか
中まで乾くのに時間がかかりました。

所々、洞っこがありますが(笑)
よく言えば、これも手作りならではの味ですね。

石けんを流し込んだ時に、振動を与えれば
穴ができずにすんだと思います。
コンクリートを型枠に流す時と同じように。

髪の毛まで洗えると聞いているので
今日から使ってみます!^^


今秋も、「円山マルシェ」が開かれます。
11月13日水曜日です。

「円山生活の会」では、お料理の会、着物の会、包丁研ぎの会など
盛りだくさんありますが、中でも
「バックづくりの会」で布作家の早川ユミさんが
来られるのには、驚きました!

昨年、倉敷の「林源十郎商店」の「お話し会」に来られ
おしゃべりさせていただきましたが
その、お人柄にとても魅かれました。

詳しいことはこちらの
明子さんの「日暮な日々」へどうぞ → 
[PR]

by mami-2013 | 2013-09-13 18:30 | 円山生活の会 | Comments(0)
2013年 09月 10日

重陽の節句

d0295818_1411665.jpg

昨日は「重陽の節句」でした。
私が「重陽の節句」の本当の意味を知ったのは
恥ずかしながら、ここ数年のことです。

栗ご飯で、秋の味覚を楽しみました。
食材はほとんど、okabe家からいただいたものです。^^
野菜が新鮮なので、栗もかぼちゃもホクホク。
秋茄子も美味しくいただきました。


d0295818_14115682.jpg

お酒は岡山県産ミルキークイーンを使ったにごり酒。
家族の健康を祈りながら
菊の花びらを浮かべ「菊酒」としていただきました。

旧暦では、この時期に菊が見頃のため、「菊の節句」ともいわれ
平安時代、宮中では「菊酒」を飲み不老長寿を祈る
「観菊会」が盛んに行われていたそうです。


d0295818_14155291.jpg

こちらの写真は、以前に開催された
最所養子先生の「重陽の節句」の
テーブルコーディネートレッスンの様子です。
お料理はありませんが、
モノクロにグリーンが挿し色となり、モダンなしつらえです。


d0295818_14162628.jpg

「菊を活ける」というと、仏花のようで
テーブルに添えるイメージではありませんでしたが
先生はこんな風にアレンジされていました。
ため息が出るほど素敵でした!

最所先生の関連記事です。→ 

[PR]

by mami-2013 | 2013-09-10 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(2)