<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 30日

☆Cyarlot☆シャーロット

d0295818_177641.jpg

以前、ジェルネイルのモニター体験をさせていただいた
シャーロットさんです。

初めてここに来た時は、キャスキッドソンの
バッグ類を多く扱っていたのですが
最近は、雑貨屋さんに移行してきました。

人懐っこいオーナーの笑顔に出迎えられ
まずは、お喋りに花が咲きます。


d0295818_177455.jpg

ホワイトの雑貨類は
「白が好き!」という
オーナーのセンスで集められた物ばかりです。

写真の鏡にも、ホワイトがありました。
狙っていますが、もうひとまわり大きいので
考え中です。

什器として使っている猫足家具も
ホワイトでエレガントです。


d0295818_1781181.jpg

ショップの入った建物は
学習塾や書道、絵画教室などが入っているので
かわいい子供服や
カラフルな文房具などもおいていあります。

写真にはないのですが
「ブラシとちり取りのセット」など
子どもにプレゼントしたら
喜んで、庭や玄関掃除のお手伝いをしてくれそう!


d0295818_1742880.jpg

でも、このshopのいちばんの魅力は
オーナーのお人柄です。

ケースに入ったトイレブラシを選んでいた時
デザインの気に入ったものが、包装した状態だったので
中のブラシの状態をたずねたら

「始めて仕入れたばかりで、私も中を見たことが無いのよ。」
と言いながら
わざわざ開封して見せてくれたのですが

ブラシをはずした後
ケースに戻す時、ケースの蓋がはずれ易い事がわかり

「ダメ。ダメ。これは、売れないわ。
ブラシを戻すたび、蓋を手で直すのは衛生的でないわ。」

と、購入を止めてくれたりと
商売っ気のない方です。

だから、おしゃべりだけして帰ることも。
商売にならなくて、ごめんなさい!


d0295818_17133140.jpg

先日の「ハロウィンのお茶会」で使った
オブジェの材料もここで購入しました。

もとは、リースを作るためのセットでしたが
ジャック・オ・ランタンの陶器があったので
キャンドルホルダーとして作ってみました。

季節ごとにいろんなイベントもやっています。

この日も、閉店時間前だったので
来月のイベントの準備を
始められているところでした。

シャーロットさんの地図です。


[PR]

by mami-2013 | 2013-10-30 18:50 | ショップのこと | Comments(0)
2013年 10月 29日

月の庭いち

d0295818_1775220.jpg
今月から「円山ステッチ」で
「月の庭いち」がはじまりました。

「タルマーリー」さんのパンと「蒜山耕藝」さんの新米
「フヌイユ農園」さんの野菜がお目見えでした。
遅かったので、だいぶん売り切れていたようでした。

初めてフェンネルを買ってみました。
魚料理などに乾燥ハーブとして使うので
香りは知っているけれど
生で食べてみると甘いのです。
苦みがあるのかと思っていたので意外でした。


d0295818_17113637.jpg

来月、11月13日水曜日には「円山マルシェ」があります。
秋は食べ物だけでなく
イラスト展や手仕事のブースもあるようです。
詳しいことはこちらをクリックして下さいね。→ 

d0295818_22544360.jpg

「月の庭いち」で買ったパンと野菜。
sakuraちゃんのおじいちゃまから戴いた野菜で作った
昨夜のメニューです。

「今日中にいただくと柔らかくておいしいのよ。」
と、あきこさんから聞いて
夕食だけどパンです。

「赤ワイン漬けイチジクとクルミのパン」
小さなパンだけど意外と重さがあって
素材の美味しさがギュッと詰まっていました。

「ピーマンの肉詰め」と「フロー豆のサラダ」
「うまい菜のベーコン炒め」は久米南町産。

果肉の厚いピーマンは、肉との相性がばっちりでした。
うまい菜も、お店では見かけませんが
「水菜とほうれん草のハーフみたい。」と話をしながらいただきました。^^
ごちそうさまでした。

今夜は「フヌイユ農園」さんの春菊で
あきこさんのブログに載っていた「菊ごはん」にしようかな。

[PR]

by mami-2013 | 2013-10-29 18:30 | 円山生活の会 | Comments(0)
2013年 10月 28日

ハロウィンのお茶会

d0295818_21234230.jpg

先週、久米南町文化祭の剣詩舞のリハーサルだったので

終了後、子ども達とひとあし早い、ハロウィンのお茶会をしました。



子供たちの作ったランチョンマットに

お菓子をのっけていただきました。



ジャック・オ・ランタンのバスケットの中に

お菓子を入れています。^^





d0295818_21281943.jpg

ハロウィンのお茶会は、毎年やっています。

最初はパンチで型を抜き、貼り付けるくらいでしたが

毎年やっていると凝った物を作るようになりました。



左上のランチョンマットは

今年初参加のeriちゃんが作りました。

ていねいに時間をかけて

切り絵をデザインして仕上げていました。

個性が出ています!



右隣は、sakuraちゃんのランチョンマット。

マスキングテープ?と思うところは

黒い紙を細長く切り、コウモリや星、エンジェルを貼り付けています。

お菓子をのせても、すっきり見えるデザインですね。



その下はchisatoちゃんのランチョンマットです。

見えにくいのですが、星型のアーチの上をエンジェルがとんでいます。

そのまわりをコウモリがとんで・・・。

デザインが凝っていますね!



もう一枚作ってくれたランチョンマットは

(写真がないのですが・・・)

ハロウィンの文字を

パンチで切り抜いたコウモリで作っていました。

発想がユニークです。


三人三様、出来上がりを眺めるのが

楽しいランチョンマットでした。





d0295818_21571980.jpg

肝心の文化祭の本番も

保護者の方々のご協力もあり大成功でした。


特にsakuraちゃんのおじいちゃまには

山まで行き、柿の木やススキを採ってきて下さり

とっても、お世話になりました。



舞台写真を撮るヒマがありませんでした。(><)

みんなに見てもらいたかったなぁ。





教えて!あなたが見つけた「ハロウィン」
[PR]

by mami-2013 | 2013-10-28 21:22 | 行事・暦のこと | Comments(0)
2013年 10月 22日

石鎚神社

d0295818_11472867.jpg

西条祭りのだんじりの後をついて歩いていると
数台のだんじりが、ここ石鎚神社に集まっていました。

だんじりは、神門の手前で休憩していましたが
私たちはせっかく、ここまで来たのだからと
神社へお参りすることにしました。


d0295818_17263896.jpg

神門のある神社に来たことは、ほとんどありません。
天狗というのが、いかにも石鎚山らしいと思いました。
日本七霊山、高峰石鎚山(1982㍍)が神体山となっています。
山頂にも頂上社があるそうです。


d0295818_1157113.jpg

神門をくぐると注連縄をはった大きな杉が。
少しだけ木々が黄色く染まりだし
清清しい気持ちになります。
奥へ奥へと道が続いています。

d0295818_1202297.jpg

前を歩いていた法螺貝を持った修行僧の方は
ここで長く拝んでいました。

神聖な聖域とでもいうような
張り詰めた空気の漂う場所でした。


d0295818_17252143.jpg

急傾斜の石段。
まるで石鎚山の頂きのよう。

石鎚山では鎖禅定〔くさりぜんじょう〕という
鎖の修行場があるそうです。
傾斜角度50度を超す急な岩場を
鎖を頼りに登って行くそうです。

江戸時代に掛け替えた鎖が
現在、この階段の手摺として使われています。


d0295818_17273694.jpg

祖霊殿。
ここからもう少し登ると本殿。
拝殿で拝み、お守りを買いました。


d0295818_1728332.jpg

本殿の中では、祈祷が行われていました。
法螺貝や鐘、太鼓が鳴り響き
だんじりのお囃子とは違い
迫力と神々しさに圧倒され
写真を撮ることさえ忘れていました。

本殿からみた西条市のパノラマ。
広ーい平野です。

[PR]

by mami-2013 | 2013-10-22 18:30 | + 愛媛の旅 | Comments(0)
2013年 10月 19日

西条まつり

各地で秋祭りがたけなわです。
近くの神社も秋祭りで、近所をだんじりが練り歩いていますが
引き手の子供たちが少なく行列も短く少しさみしいです。

午後は花集めの子供たちが
緊張しながらやってきました。

そんな中、今週四国の西条市へ行くことがあり
偶然、秋祭りに遭遇しました。


d0295818_14384821.jpg

最初に遭遇した「だんじり」。
地元では形状によって、呼び方が違うようですが
見分けがつかないので「だんじり」と呼んでいます。^^;


d0295818_1455453.jpg

黒塗りのだんじり。漆塗りでしょうか?
だんじりの意匠も町ごとに違っています。


d0295818_1458560.jpg

白木のだんじり。
いったい何台あるのか、1㎞も歩かないうちに
次から次へと遭遇します。
10台までは数えたのですが・・・。


d0295818_1522183.jpg

だんじりを格納庫(?)から出しているところです。
町を歩いていると
こんな倉のような建物を見つけられます。


d0295818_1571746.jpg

西条まつりのブログを読ませてもらうと
「正月、盆は帰らねど、この日ばかりは帰省する」
とありました。

祭りにたいする地元民の
エネルギッシュなパワーに圧倒されました。


d0295818_15114161.jpg

この日、いちばん豪華絢爛だった「御輿屋台」
梃子(てぎ)と、人の背丈ほどもある車がついていました。

30名程の舁き夫が梃子(てぎ)に体ごととりつき、
巧みに操作し、「だんじり」ひしめく境内を暴れるように走り回るそうです。
優雅で華麗なだんじりとは対照的に、豪快な迫力にあふれた御輿ですが
この時の舁き夫さん達は休憩中でした。


d0295818_15151978.jpg

だんじりが小さな神社へいくつも集まっていました。
中には、神社の境内やベンチで酔いつぶれている人も
祭りじゃなかったら、また119番するところです。^^


d0295818_15253237.jpg

お花を運ぶ幟をつけた軽トラ。
だんじりの前後を縦横無尽に走り回り
舁き夫に飲み物の補給をしていました。


d0295818_15293889.jpg

夕方、帰りの特急の指定席がとれず
次の特急までの1時間の空き時間。

伊予西条駅前がビアガーデンになっており
一杯、飲んでいると、ここにもだんじりがやってきて
提灯に蝋燭を灯していきました。(電球じゃないところが凄い!)


d0295818_15374364.jpg

中には、駅舎に接触寸前で止まるだんじりも。

西条駅の駅前には多くのだんじりが集結するそうです。

ちょうどその時間帯、故郷を離れていた西条の人や
観光客(私たちのことです。^^)が
列車や長距離バスで、この駅に到着するので
前夜祭として賑やかな一夜となるようです。

残念ながら7時半の特急に乗るので
ここで西条市とはお別れです。


d0295818_14342317.jpg

駅構内に貼ってあったポスター。
約1週間かけて、4つの神社で祭礼があるようです。

全国最多の80台近いだんじりが勢揃いする
伊曽乃神社祭礼の「川入り」を見てみたいものです。

[PR]

by mami-2013 | 2013-10-19 18:30 | + 愛媛の旅 | Comments(0)
2013年 10月 18日

十三夜

d0295818_19474622.jpg

昨夜は十五夜から一ヶ月たった
「十三夜」でした。

十五夜と十三夜の片方だけの月見をすることを
「片月見」といって
あまり縁起が良くないと聞いて
雲が多くぼんやりとした十三夜でしたが
一応、「後の月見」をしました。

昨夜は剣詩舞の稽古があったので
終わってからの食事で

枝豆、お赤飯
いもたこなんきん
あさりの味噌汁
でチャチャッとすませました。

十三夜は「豆名月」とか「栗名月」とも呼ばれるそうです。
昔の日本人は月の満ち欠けによって
いろんな名称をつけています。
「三日月」「弓張月」「待宵」「十六夜」「更待月」・・・。
まだまだありますが、日本人って
月を愛でるのが好きですよね。

他の国にもこんなに名称をつけている国ってあるのでしょうか?
[PR]

by mami-2013 | 2013-10-18 20:04 | 行事・暦のこと | Comments(0)
2013年 10月 17日

海賊と呼ばれた男

d0295818_16261024.jpg

昨年からベストセラーになり気になっていた
この本をやっと読み終えました。

読み出すと夢中になり
あっという間に読んでしまいました。

出光佐三氏の生涯ですが
日本の復興と発展とために生涯をかけ
グローバルな視点を持ち、日本人としての誇りを持ち続けた方です。

愛国心という言葉を使うと、国粋主義という人もいますが
主人公だけでなく、出光氏を支える部下も
本当に心から日本を愛していた人ばかりです。

ただ、主人公の妻は
気の休まる日が一日もない、常に臨戦態勢の主人公に
そうとう振り回されていたのでは?と思います。

一番残念なことは
会社の創世期を支えた最初の奥さんとの間に
子供がなかったため
奥さんの方から離婚を切り出しますが、絶対に本心ではなかったはず。
それを受け入れてしまう主人公にがっかりでした。


一番印象に残った文の引用です。
私の記憶にも残っている
「オイルショック」の時の主人公の言葉です。

「終戦直後の数年間の苦しみは、こんなものではなかった。あれを経験した者にとっては、今度の石油危機などどうということはない。 ~中略~ 今度のはそれが少しばかり大きいだけの話だ。それでも戦争に比べれば、何ほどのことはない。何、この騒ぎもまもなくおさまる。いちばん大事なことは日本人の誇りと自信を失わないこと。それさえ失くさなければ、何も怖れることはない」
[PR]

by mami-2013 | 2013-10-17 18:30 | 本のこと | Comments(0)
2013年 10月 16日

秋の備中国分寺

d0295818_1542646.jpg

先日の日曜日、ふらっと備中国分寺へ行ってみました。
先週の30℃超えの気温に比べると
だいぶん秋らしいお天気でした。^^


d0295818_15435483.jpg

秋桜がたくさん咲いていましたが
ひまわりが、まだ少し残っていました。


d0295818_15461857.jpg

秋晴れの中、県南も稲刈りが盛んです。


d0295818_1549995.jpg

珍しい赤米の田んぼもありました。


d0295818_15503313.jpg

秋桜の中に、ちいさな花が・・・。


d0295818_15514073.jpg

こすもす支部の象徴の秋桜。
名付け親はtomuくんです。

[PR]

by mami-2013 | 2013-10-16 18:30 | 備中国分寺 | Comments(0)
2013年 10月 11日

10月なのに暑い!

d0295818_1205387.jpg

今日は、涼しい風が入ってきますが
昨日は10月というのに暑い一日でした。

昨日は、文化祭のために
広いホールのある公民館を借りて
剣詩舞の稽古をしました。

本番の衣装を着けて、早変わりの稽古でしたが
「10月からは岡山市の規則で冷房は使えません。」
と言われ、蒸し風呂状態の中で稽古をしました。

「窓を開けると虫が入るから・・・。」
と渋られましたが、入口の扉全開にして
奥の扉は雨蛙が何度も飛び込んでくるのであきらめて。

月に一度だけの合同稽古。
この日を逃したら
リハーサルまで一緒に稽古が出来ないので
子供たちには可哀想だけど
汗だくになって稽古をしました。

持ってきたミネラルウォーターも
あっという間に飲み干して・・・。
「待ち時間の間は、外で涼んでいて~。」
とは言っても、外も涼しくはなかったんですが。^^;

でも、昼間使った別の公民館では
冷房を入れてくれました。
同じ市なのに・・・。

毎年、熱中症で病院に搬送されている昨今。
「9月まで」ではなく
「何℃以上になったら」
冷房を入れてもOKに変えて欲しいです~。

先日の選挙で
新しい市長さんになったから
規則が変わらないかなぁ?
[PR]

by mami-2013 | 2013-10-11 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2013年 10月 05日

モニター体験

d0295818_1612588.jpg

爪のお手入れをしてもらっているシャーロットさんで
新人ネイリストさんの
ジェルネイルのモニター体験をしました。

ジェルはフォーマルな場所でも浮かないように
上品な桜色でお願いしました。
ちょっと、可愛らしすぎたかな?
とも思いましたが大満足です。^^

いつものレンズをオーバーホールに出しているので
携帯での画像です。


d0295818_1683136.jpg

爪の形を整え、爪の表面を覆う甘皮の処理も
丁寧に時間をかけて、していただきました。

甘皮は古い角質や老廃物がたまりやすい箇所なので
自分でもしますが、なかなか満足のいく仕上がりにはなりません。
プッシャーで押し上げた甘皮のごく表面をカットし
爪が呼吸できるようにしてくれます。


d0295818_16565061.jpg

あと、最近はじめられた
手と足の「パラフィンパック」
これもとっても気持ちが良いのです。

足のパックをしてもらいました。
ビフォーアフターの写真を撮っていれば良かったくらい
ヤスリ状態の角質がスベスベになりました。

シャーロットさんのパラフィンパックについての
詳しいことは、こちらをどうぞ。^^→ 

シャーロットさんはネイルだけでなく
雑貨もおいています。
そちらもレンズが戻ってきたら記事にしたいと思います。
[PR]

by mami-2013 | 2013-10-05 18:30 | ショップのこと | Comments(0)