<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

蒜山大根

d0295818_21542856.jpg
円山生活の会の
「月の庭いち」が今日ありました。

「蒜山工藝」さんの蒜山大根を
お目当てに行ってきました。

土居分小菜(ドイブンコナ)とサラダ菜など
肝心の蒜山大根は料理した後だったので
その映像を。

d0295818_22011782.jpg
ひとつはメインの「おでん」。
大根、里芋、豆腐、こんにゃく、練り物などで。

d0295818_22061100.jpg
ふたつめは、「大根サラダ」に。
皮は「きんぴら」です。

丸々一本使い切りました。^^

父も冬野菜を育てはじめましたが、
土作りに時間をかけています。

「蒜山工藝」さんのブログを見ても、土の大切さがよくわかります。
読んでいると、精魂込めた野菜づくりの様子と
それとは、うらはらに
思うように育たない野菜。 虫に食われてしまう野菜。

作り手の苦悩がうかがえ、
わが家の食卓にまで、のぼった野菜達には
愛おしさえを感じます。


蒜山工藝さんのブログです→ 

[PR]
by mami-2013 | 2013-11-29 22:24 | 円山生活の会 | Comments(0)

尾山神社の避雷針

d0295818_22221534.jpg

ホテルの向かいにモダンな神社がありました。

尾山神社です。


d0295818_2223991.jpg

昼間の姿は堂々とした神門に風格がありましたが
ライトアップされた参道と神門も幻想的でした。

四面五彩のギヤマンが輝いています。
国の重要文化財です。

一番上の尖塔のようなものは
なんだとおもいます?

日本最古の避雷針だそうです。

ウチのマンションの避雷針は
比べようも無いほど、ゴツインですが
(比べてどうすんの!)
繊細でモダンなデザインです。
ここに、いちばん感動しました。


d0295818_22485981.jpg

尾山神社は加賀藩の藩祖前田利家と
正室お松の方を祀る神社です。

重厚な入母屋造りの本殿です。

見事な庭園もありますが
夜だったので、ここで引き返しました。

[PR]
by mami-2013 | 2013-11-28 23:04 | + 2013.12.16 古都金沢の旅 | Comments(0)

美咲町の紅そば亭とそばまつり

d0295818_17093240.jpg

紅葉狩りの日、お昼は新そばを食べようと美咲町の「紅そば亭」へ行くと

「そばまつり」が開催中でした。

聞けば、毎年1123日に
開催されているということでした。

 

この日はいつものメニューではなく

一杯、300円の小ぶりな「かけそば」だけです。


他には、「そばがき」「そば粉のクレープ」など

そば粉づくしのメニューが並んでいました。

せっかく来たので、すべて完食。

そば粉ってお腹にたまります。


d0295818_17422052.jpg

写真は「そばがき」

そば粉にお湯をかけ、箸でくるくる回すと

お餅状に丸くなり、そこに餡をかけて食べます。

 

おぜんざいよりも素朴な感じがします。

ほかにも、餅、棚田米、マグロなど色々売っています。

 

ぶらぶらテントを見ていると

「自然薯(じねんじょ)買わない?」と声をかけられ


初めて自然薯なるものにお目にかかりました。

長いもより長く、細く、結構いいお値段。

「もう最後だから1000円でどう?」といわれ

やまいも好きのだんなが「欲しい。」
と、買って帰りました。


d0295818_17502922.jpg

「このお米でご飯を炊いて、マグロとすりおろした自然薯と
卵をのっけて食べるとおいしいよ!」

とマグロも勧められましたが、

さすがに岡山まで生のマグロは持って帰れないので断りましたが

このお祭りで、全ての材料が揃いそうです。


d0295818_17503804.jpg

ひとすくい100円の銀杏。

だんながすくい、帰って量ってみたら600㌘もありました。


d0295818_17505830.jpg

帰る途中に誕生寺により銀杏を見学しました。


d0295818_17504829.jpg

今年も見事に色づいていました。


d0295818_17511106.jpg

夕日を受けてきれいでした。


d0295818_17512491.jpg

買った自然薯。850㌘もありました。

だんなが長さを計ってみたら1㍍
80㍉でした。


d0295818_17513565.jpg

この日はマグロ丼、次の日は海鮮丼で堪能。

すっごい粘りがあって長芋よりも食べた感じがします。

 

地元の人のためのお祭りのようでしたが
また来年も行ってみたいな。





[PR]
by mami-2013 | 2013-11-27 18:30 | 美味しいもののこと | Comments(0)

紅葉狩り

d0295818_18002043.jpg
金沢の旅を掲載していましたが
先日通りかかった国道53号線沿いの紅葉が
あまりにも美しかったので
今日はこの話題でおつきあい下さい。

d0295818_18033078.jpg
国道から、一直線に伸びた紅葉が見えたので
近くまで来てみるとメタセコイアの並木道でした。

こんなに綺麗なのに
通る車も人もごくわずかで
この風景を、ひとりじめできます。


d0295818_18092109.jpg
まわりの山々も今が紅葉真っ盛りです。


d0295818_18112925.jpg
志呂神社の紅葉と銀杏。

7月に紫陽花を見に行った神社ですが
今は鮮やかな紅葉が主役です。


d0295818_18190660.jpg
d0295818_18195703.jpg
奥に植わった
杉の木とのコントラストも素敵。


d0295818_18214392.jpg
燃えるような紅葉でした。








[PR]
by mami-2013 | 2013-11-26 18:30 | 植物 | Comments(0)

2013金沢の旅 ひがし茶屋街の「sayuu」

d0295818_17365351.jpg
内田彩仍さんの「旅のかたち」をよんで、
金沢に行くことがあれば
必ず行ってみたいと思っていたのが
金沢の巻頭ページの「sayuu」さん。

燻し銀のような、カトラリーの並んだ佇まいが美しく
写真を見ただけで惚れ込んでいました。


真鍮のカトラリーと思い込んでいましたが
お店のご主人にお伺かがいしたところ
ステンレスと教えていただきました。

真鍮は食品衛生法に触れるので
百貨店では食器のコーナーには置けず
美術工芸品の売り場に置いてあることなど
お話ししていただきだきました。



d0295818_17331201.jpg
コレクションしているわけではないけど
自宅のフォークに仲間入り。
ティタイムのために、いつの間にか集まりました。
お菓子によって使い分けています。

どれもステンレスですが
「sayuu」さんのカトラリーは
一本一本手打ちで槌跡が残っています。
ステンレスとは思えない古美銀のような趣があると思います。


d0295818_17345032.jpg
ひがし茶屋街の古い町並みの中にある
ギャラリーのようなお店でした。


d0295818_20515311.jpg


内田彩仍さんの「旅のかたち」は
こちらのページで、ちょっぴり紹介しています。

クリック→ 






[PR]
by mami-2013 | 2013-11-25 18:30 | + 金沢の旅 | Comments(2)

金沢ニューグランドホテル

d0295818_18244665.jpg

3日間お世話になったホテルは
金沢ニューグランドホテルです。

文化ホールに一番近いということで選んだのですが
宿泊までのメールのやりとりも
とても丁寧で、好感を抱いていました。

チェックインの時、ホテル側が
ツインをオーバーブッキングしていて
「シングル2室に変更してもらえませんか?」
と頼まれ、承諾しました。

いつも二人で泊まるのが当たり前でしたが
自分のペースで目を覚ましたり、バスルームを使ったり
お互いの部屋を行き来して
こんな旅も、おもしろいなと思いました。


d0295818_18445016.jpg
お部屋の広さは、ツインの部屋よりも
当然狭かったのですが
デスクがライティングビューローだったり
狭さを感じさせないよう工夫されたインテリアでした。

水回りの設備は「老舗ホテル」といわれるだけに
最新式の機器が備わっているわけではありませんが
小ぎれいに手入れされ清潔感もありました。

でも、このホテルの魅力はスタッフの接客です。
どの方も親切で、コンシェルジュのように
私たちの質問に笑顔で答えてくれたり
必要な物を届けてくれたり
気持ちよく滞在できました。

金沢には多くのシティホテルがあり
泊まってみたいホテルは、他にもありますが
もう一度リピートしてみたいと思うホテルでした。


金沢ニューグランドホテルのHPです。→ 
[PR]
by mami-2013 | 2013-11-22 21:44 | + 2013.12.16 古都金沢の旅 | Comments(0)

金沢駅

d0295818_15452581.jpg

先週末から、金沢へ行ってきました。

『米国を代表する旅行雑誌「トラベル・レジャー」のウェブ版で
JR金沢駅が、「世界で最も美しい駅」の一つに選ばれた。』

と、小耳に挟んでいたので、どこが変わったのか
興味津々で駅を降りました。

駅から出ると、ガラスとトラスを組んだドームの中に出ます。
太陽が燦々とふりそそぐ、明るい空間です。

「もてなしドーム」という名前がついていることを後に知りました。
金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし
おもてなしの心を表わしたドームだそうです。

d0295818_16223211.jpg

でも完成当初は
金沢の「伝統的な城下町の建築様式」と合致しないと
地元住民の間で激しい論議を呼んだそうです。

こういう論争は京都駅でもありましたね。

来年は、北陸新幹線が金沢駅まで開通するというので
駅の中も模様替えの最中です。

駅の正面には
伝統芸能に使われる鼓をイメージした
「鼓門」が構えています。

[PR]
by mami-2013 | 2013-11-20 18:30 | + 2013.12.16 古都金沢の旅 | Comments(0)

秋から冬へ

d0295818_22153093.jpg

今週突然、寒くなってきたと思ったら
すっかり風邪をひいてしまいました。

今週末は金沢へ行くので
何はともあれ病院へ!
普段は病院なんて行かないんですが・・・

舞台の上で鼻水垂らすわけにはいかないんです!」
と訴えて、いただいた薬が6種類!

おかげで、熱と身体のだるさ、節々の痛みは
昨日がピークで、今日は稽古もできました。
早く対処すれば長引かなくて済むんですね。060.gif

残念なのは楽しみにしていた
昨日の「円山マルシェ」に行けなかったこと。007.gif

「天然生活」という雑誌で
紹介されていたせいでしょうか

お友達から
「今日はすごい人だったよ。」
とメールがありました。




[PR]
by mami-2013 | 2013-11-14 23:40 | 日々の暮らし | Comments(0)

遍路めぐり 64番札所 前神寺

d0295818_17113588.jpg

「64番札所前神寺」は
正式には石鉄山(いしづちさん)金色院前神寺といい
明治初期までは石鎚神社の位置にあったそうです。


d0295818_17194964.jpg

明治政府の神仏分離政策によって
寺領を没収され、廃寺となり
その後かろうじて「前上寺」という名前で
再興が許されたそうです。

「前神寺」に戻ったのは
それから11年後のことだそうです。

山門を歩き、本堂の前に来ると幽玄な感じがします。
廻廊がコの字型に配置され
古いお寺の伽藍配置を彷彿させてくれるせいでしょうか。

[PR]
by mami-2013 | 2013-11-13 18:30 | + 愛媛の旅 | Comments(0)

遍路めぐり 63番札所 吉祥寺


d0295818_1721643.jpg

62番札所から63番札所までは
国道沿いを一本道ですが
近くにある「芝井の泉」に行きたくて、まわり道。

かつては、野菜も洗濯もこの湧き水でしていたそうです。
湧き水場所の上に大師堂が建立されています。
まさに、「井戸端会議」という言葉の発祥のような場所でした。


d0295818_1744650.jpg
63番札所吉祥寺は
かつては塔頭21坊の伽藍を誇った大寺院だったそうです。

お庭に咲いていたお花。
名札には「のぼたん」と書かれていました。

牡丹の原種かな?
春に咲く牡丹と比べると、すご~く地味です。





[PR]
by mami-2013 | 2013-11-11 18:30 | + 愛媛の旅 | Comments(0)