<   2015年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

2015年 最後のアップ

d0295818_17221623.jpg


霜もおり、冬らしくなったと思ったら

今日は一転して、暖かい大晦日でした。


特に今年は

拙いブログに多くの方が来てくださり

コメントもいただくようになり

ブログを通して各地の方々と知り合うことができて

とても充実した一年でした。

ありがとうございます。

2016年もよろしくお願いします。






[PR]

by mami-2013 | 2015-12-31 17:27 | 日々の暮らし | Comments(6)
2015年 12月 31日

慌ただしい年の瀬

d0295818_23391840.jpg


今年も残すところ、あと一日です。

クリスマスはゆっくりと準備ができますが

お正月の準備はやることも多く追い立てられるようです。


今日からおせち料理の準備です。

今年も両親が年末年始は旅行だというので

帰ってきたら食べられるようにと多めに作っていたら

「あっちで美味しいもの食べるからいいよ~。」だって。 



d0295818_234634.jpg

クリスマスのアドベントクランツも

お正月バージョンに変身できないかと

空しく健闘中。


今のところグチャグチャです。(笑)



d0295818_23491961.jpg

玄関ドアに夫がお飾りを取り付けてくれました。

岡山に伝わるトラディショナルな形です。

最近はリースの注連飾りなど色々ありますが

お正月に旅したとき

その土地のお飾りを見るのを楽しみにしているので

色々、試したけれど

今はこの形に落ち着いています。



d0295818_23541641.jpg

今年初めて洗面の水洗器の横に
 
立松というのかな。


内田彩仍さんの「手しごと、家しごと」の中の

「しめ飾りのしつらえ」のページにでていました。

不格好で水引の結び方もよく知らないので

取りあえず、帯締めと同じ結び方にしました。



このお飾りを作りながら

忘れかけていた昔のことを思い出しました。


子どもの頃の本家には

まだ、お竈(くど)さんが残っていて

水も「湯池」と呼んでいた湧き出た泉からひき 

台所には火の神様や水の神様が祀ってありました。



飾り付けた後、夫が

「洗面所に何かおる~!」

 





00000010_1322340.jpg

[PR]

by mami-2013 | 2015-12-31 00:12 | お正月のこと | Comments(4)
2015年 12月 29日

お正月のアレンジ

d0295818_17064008.jpg

マユール先生のお教室で

正月用のアレンジメントを教えていただきました。


材料をいただいたときには

「こんなに沢山!?」と思いましたが

できあがるとスッキリ。


使ったお花は

大きな菊がオペラピンク

小さいほうがナボナ

ストック、葉ボタン(フェザー)、千両、枝若松、杏子





d0295818_17285274.jpg

先生のご自宅はすっかり、お正月モードでした。

立派な門の横には備前焼に活け込んだ

背丈以上の生け花がお出迎えをしてくれました。 



d0295818_17362191.jpg

ドアのリースは見たことがあります。
 
そう!

クリスマスのリースを使って

それに水引や松、金柑でアレンジしたとのことでした。

腕は未熟だけど、わが家のリースでもできるかな?



d0295818_17392235.jpg

玄関の中もお写真撮らせていただきました。

 

d0295818_17425676.jpg

お屠蘇の設えかな。

上がり框の反対側に式台のような場所があって

新年の雰囲気があります。



d0295818_17433667.jpg



 
d0295818_17453251.jpg

早春らしい水仙とヒヤシンス。

 

d0295818_17461043.jpg

吹きガラスでできた鏡餅。

驚いたのは既製品ではなく 

義理のお姉さまの作品とか!


うらやすガラスさんにリクエストしたら

吹いてくれるかな?



d0295818_17470859.jpg

先生のお宅に訪れるたび

インテリアの参考にさせていただいています。

来年もよろしくお願いします。
 


 






 


 


00000010_1322340.jpg

[PR]

by mami-2013 | 2015-12-29 18:04 | お正月のこと | Comments(6)
2015年 12月 28日

枚聞神社とそうめん流し

d0295818_2024137.jpg

次にやってきたのは枚聞神社(ひらききじんじゃ)です。

ここは全くチェックをしていなくて、運転手さんの

「玉手箱が見られるよ。」

の言葉に惹かれてやってきました。


乙姫様の玉手箱なんて本当にあるの~?

という野次馬根性でやってきました。


  
d0295818_2033118.jpg

神社の鳥居のそばの木には

桜が宿木となって育っていました。


ここは古事記の「海幸彦と山幸彦」の伝承が色濃く残り

竜宮伝説として伝えられています。


海幸彦の釣り針を無くした山幸彦(浦島太郎のモデル)が

長崎鼻まで探しに来たところ

竜宮城で豊玉姫(乙姫)と出会い結ばれ

豊玉姫と玉手箱と千年古酒を入れた大甕を乗せ

帰ってきたという伝説です。



d0295818_2042116.jpg

昔から薩摩の一宮として祀られ

広い境内ではありませんでしたが

初詣には大勢の人で賑わうそうです。


開聞岳の麓にあり

元々は開聞岳をご神体とする

山岳信仰に根ざした神社であったそうです。

(奈良の大神神社とおなじですね。)



d0295818_205916.jpg

玉手箱は宝物殿にあり

「松梅蒔絵櫛毛」(まつうめまきえくしげ)といいます。

神話の時代よりも新しい物のようですが

土地の人には「玉手箱」と呼んで親しんでいるようでした。




この旅行中は暑いくらいの暖かさで

どこに行っても冷房が入っているので

「鹿児島までくると気温がまったく違いますね。」

と運転手さんに話しかけると

「異常だよ。11月でこんなに暑いわけないじゃない。」

とかえされました。



d0295818_2075120.jpg

そしてお昼に連れて行ってもらったのが

唐船峡の素麺流しです。

ここは回転する素麺流しの元祖とか!


「鹿児島も素麺の産地なのですか?」と聞いたら

「いや、揖保の糸とか三輪そうめんとか各地から色々。」

とのことでした。


 
d0295818_2082438.jpg

流れる水は「平成の名水百選」に選ばれた

唐船峡京田湧水。


汗ばむ陽気の中

喉ごしの良い素麺は本当に美味しかった~。

でも、運転手さんが「ぜひ食べてみて!」と

強く薦めてくれたのは素麺ではなく「鯉のあらい」でした。

弾力があり美味しかったけど…

横には湧き水が流れ出ているせせらぎがあり

そこで鯉が泳いでいるんですよ~。



d0295818_2084651.jpg

ここは、せせらぎの川上にある

その名も「川上神社」です。

澄みきった池を見ていると心が洗われるよう!

枚聞神社の境外の摂社で、この池が水源地です。



d0295818_2091690.jpg

きれいな湧水の中には鯉だけでなく

チョウザメも泳いでいます。

(メニューの中にキャビアは無かったけれど…。) 



d0295818_2093542.jpg

唐船峡の谷底から上を見上げると

眩しい青空が広がっていました。

 





 


 



[PR]

by mami-2013 | 2015-12-28 21:00 | + 2015.11.14 国文祭かごしま | Comments(2)
2015年 12月 26日

釜蓋大明神

d0295818_1721405.jpg


鹿児島の旅…まだ続いています。

この日は観光タクシーを利用して指宿観光です。

最初は運転手さんおすすめの池田湖

大うなぎなんて、どうでもよかったんですが・・・。

開聞岳がよく見えました。



d0295818_17235663.jpg

お次はガイドブックに

今話題のパワースポット
 
と書いてあったので
 
連れて行っていただいた「釜蓋神社」です。


運転手さんのお話しでは

なでしこジャパンの選手のおばあちゃん所縁の神社で
 
ここに参拝したところ優勝したことから

一躍有名になったそうです。

 
それまではぺんぺん草の生えた地味な神社だったのに・・・。 
 
と仰られていました。



d0295818_17283713.jpg

釜蓋神社の正式名称は

射楯兵主(いたてつわものぬし)神社と言います。
 
戦前、釜の蓋を被って参拝すると

戦場で敵の鉄砲の弾が当たらず

無事に帰って来られるという言い伝えが広がり

出兵者が参拝に訪れたことから始まった参拝の方法です。



d0295818_17324876.jpg

「釜蓋願掛け」は写真のように


頭の上に直径30センチほどの木の釜蓋を載せて

鳥居から賽銭箱までの距離を歩いて参拝します。
 
蓋を落とさずに参拝できれば、願い事が叶うというものです。

もちろん、手を使っちゃだめですよ。



d0295818_17364750.jpg

早速みんなでやってみます。

足の指の上に落とすと骨折することもあるとか…!


鳥居から一歩、歩いただけで落とす人も多いのですが

私たちは全員成功しました!

運転手さんは

「みなさん舞いをされているからバランス感覚が良いんですよ。」

と誉めてくださいましたが

一歩踏み出した時、見た目以上に釜蓋が重たかったので

腰を入れ、身体を水平に移動させれば楽に歩けました。

コツをつかめば成功率は上がりそうです。



d0295818_1741124.jpg

ここからも開聞岳が見えました。

てっぺんの雲、どいてくれないかなぁ。








[PR]

by mami-2013 | 2015-12-26 00:00 | + 2015.11.14 国文祭かごしま | Comments(2)
2015年 12月 25日

イブの夜に

2015年、私のHAPPYクリスマス
d0295818_23430469.jpg

イブの夜はいつも、おうちごはんです。

二人だけなので数少ないメニューです。




d0295818_23431489.jpg

夫の大好きなローストチキン

ニンニクが焦げ付いたのはご愛嬌。

ベランダ栽培のローズマリーが香りの決め手。




d0295818_23432396.jpg

ロブスターのサラダ

昔、「ロブスター=伊勢海老」と思い込んでいた頃

夫とグアムでロブスターをオーダーしたら

伊勢海老とは似ても似つかない

巨大なザリガニが出てきて Σ(・ω・ノ)ノ!

ビックリ

でも美味しかった!




d0295818_23433097.jpg

毎年作るパエリアを作ろうとしたら夫が

「飽きた。」と一言。

で、バゲットカナッペです。

パエリアよりも簡単にできました。
 



d0295818_23434002.jpg

デザートのフルーツ

いちごがいつもの倍のお値段で

ビックリ!




d0295818_23434856.jpg



d0295818_23435623.jpg

今年は例年よりも暖かく

アドベントクランツのヒメスギが

枯れ始めバラを追加してお直ししました。

淡い色のほうが天使のように見えてよかったかな。

ちなみに今日の岡山の最高気温は16.5度でした。




d0295818_23440954.jpg

マユール先生のアレンジを参考にさせていただき

ドライに姫リンゴを追加するだけで

クリスマスっぽくなりました。










[PR]

by mami-2013 | 2015-12-25 01:58 | クリスマスのこと | Comments(14)
2015年 12月 23日

まちがいさがし

d0295818_16291329.jpg


今頃、シュトーレンを作りました。

昨年と比べるとボコボコして雑になりましたが…。

 
発酵が4回もあるので

市販品で楽しようと買っていたのですが 
 
切ってみたら肝心なマジパンが入っていません!

 
シュトーレンは、おくるみに包まれた

イエスキリストを表しているというのに。


昨年は「生クリームがない。」と言って

不満そうだった夫が

美味しいと食べてくれたのでまあ、成功かな?



d0295818_16532252.jpg

「まちがい探しです。ツリーのどこがおかしいでしょう?

ケ、ケ、ケのケ~!」

朝からテンションの高い夫の声。


いい歳をして

こんな事ばかりして遊んでいます。

きっと来年のツリーには
 
願い事を書いた短冊をぶら下げているのでは?






 


 
 

[PR]

by mami-2013 | 2015-12-23 17:10 | クリスマスのこと | Comments(0)
2015年 12月 21日

バレンタインホテルのイルミネーション

d0295818_22590911.jpg

美作市の「バレンタインパーク作東」の中にある

バレンタインホテルへ

イルミネーションを見に行きました。


電飾がカラフルで元気の出るイルミネーションです!



d0295818_22584554.jpg

点灯前に着いたので明るいうちから見ることができました。
 

 
d0295818_22594824.jpg

ここは山のてっぺんにあるホテルで

近くには芸術センターがありエントランスに

フランスの彫刻家ロダンのオルフェ像や

画家レイモン・ペイネの水彩画、油絵、版画なども見られます。



d0295818_22585206.jpg

チャペルへのプロムナードだと思っていたら

作東タワーという名前の建物でした。

5時になった時タワーのカリヨンが鳴りだしました。



d0295818_22590118.jpg

ここは、1988年旧作東町とフランスのセント・バレンタイン市が

姉妹都市提携したことにより名付けられた

「愛」をテーマにした公園です。

2007年には恋人の聖地として認定されているということですが

そういった組織があるんですね。 



 
d0295818_22592492.jpg

暗くなりはじめたら、どんどん人が増えてきました。

下の「天使と恋人達」像や愛の泉のほうにも

イルミネーションがあったのかもしれませんが

ここだけにしました。


 
d0295818_952279.jpg

余談ですが 

ここは鳥取県に近く、少し北の東粟倉村の道の駅で

あたご梨と王秋梨を買って帰りました。


新年が過ぎると「新雪」という冬の梨が出回ります。

名前だけは知っていましたが今年の3月に初めて購入し

わが家ではマイブームの梨です。

鳥取市内に住んでいてもスパーでは

見かけない梨でしたが、この道の駅にはあるのですよ。


甘さが爽やかな酸味の少ない梨です。




お気に入りのイルミネーションを撮ってみた!

[PR]

by mami-2013 | 2015-12-21 18:30 | おでかけのこと | Comments(4)
2015年 12月 21日

クリスマスのテーブルコーディネート

d0295818_16492328.jpg


クリスマスのテーブルコーディネートの続きです。
 
ドライの紫陽花がアクセントになった先生のコーディネートです。

クリスマスの時期をパリで過ごされた時の

記憶をたどったテーブルです。


 
d0295818_1654218.jpg

あ!ツリーの全体を入れようと気をとられていたら
 
メインディッシュが半分しか入っていませんでした。

でも、このお皿は縁の控えめな色がお料理をひきたてそうです。


d0295818_1742529.jpg

このテーブルは飲食関係のお仕事をされている方です。
 
クリスマスのテーブルというと賑やかになりがちですが

すっきりとしているのに寂しくないのは


 
d0295818_177471.jpg

赤と緑という補色を使い

シルバーをアクセントにしているからでしょうか。

すっきりしているのに華があります。



d0295818_17211099.jpg

お友達のryoukoちゃんのコーディネート。

テーブルコーディネートが初めてとは思えないくらい

素敵なテーブルでした。


このクロスは私も目をつけていたけど

使いこなせない!と思っていたものです。

ストライプを斜めに使うと

大きなクリスマスプレゼントの上にテーブルを広げたような

ワクワクした気持ちになります!



d0295818_17275520.jpg

こちらのテーブルはお料理の先生です。

ホワイトクリスマスというテーマで

赤、白、シルバーという清楚な色でそろえたテーブルです。



d0295818_17304816.jpg

このテーブルにどんなお料理を準備されるのでしょう!

お呼ばれしたいわ!



d0295818_17425679.jpg

素敵なコーディネートばかりの後に私のテーブルで

お目汚しをしてしまいますが

恥ずかしげもなく登場させます。
^^;    

「子供と過ごすクリスマス…」ということで

クロスを敷いただけで、できちゃった感を味わっていましたが



d0295818_17502940.jpg

クロスが華やかなぶん食器はシンプルにし

アドベントキャンドルを一本ずつ灯しながら

クリスマスが近づくのを楽しみ

イブには葡萄のジュースで「乾杯!」

お料理はワンパターンのチキンとパエリアというテーブルです。


今年のわが家はどんなデコレーションにしようかな?

次回はランチをアップします。



 


 
  

[PR]

by mami-2013 | 2015-12-21 10:41 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(2)
2015年 12月 20日

寒くなったり暖かくなったり

d0295818_04521997.jpg

数日前から寒くなりました。

ここのところ寒暖差が激しいせいか

気管支炎になってしまいました。


最初に行った病院では脳神経外科の先生しかいなくて

喉を見ただけでは異常がなく 脳の言葉を発生する箇所が・・・と、

MRIを撮ってもらったり



d0295818_04525133.jpg

私も風邪もひかず、喉も痛くなく

いきなり声がかすれだしたので、風邪じゃないとは思いましたが

結局は耳鼻科で気管支炎とわかりました。


d0295818_04530621.jpg

授業の後に生徒さん達と紅葉の写真を撮りにいつもの場所に

土手沿いの樹々は、まだ青い葉が残っています。


「ここ、病院が建つまでは沼があったんよ。」

病院ができてから引っ越してきた私には初耳で

沼と林で風情があったんじゃない?と聞いたら

子どものザリガニ釣りの恰好の遊び場だったけど

ジメジメして印象が暗かったから今のほうがいいよ~。と


d0295818_04531814.jpg

林の外れには昔の村の由来があったり

川を下ると港の跡があったり

地元の歴史を知る事も大切かもしれません。









[PR]

by mami-2013 | 2015-12-20 08:50 | 日々の暮らし | Comments(4)