<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 29日

かぼちゃのロールケーキ

 
d0295818_22434878.jpg
 
最近はロールケーキをよく作るようになりました。

生地が薄いので普通のケーキよりも早く焼け

中のジャムを変えるだけで色々な味が楽しめます。


 
今日はハロウィンを意識して

生地にかぼちゃのペーストを練り込んでみました。

巻くのが難しく何度も失敗をしましたが

お気に入りブログ「komorebi*」

poppoさんのアドバイスで
 
なんとか写真に耐えられる形になりました。

poppoさんのようにクリームが均等に広げられるには

まだまだ、修行が必要ですが

poppoさん、ありがとうございました。 (^-^)/ 


下がpoppoさんのブログです。

イラストもお上手でムーミンのメロンパンや

ジャック・オ・ランタンのケーキなど

子供達の喜びそうな、楽しいスイーツがいっぱいです。





d0295818_22512314.jpg

忘備録として


  生地
小麦粉   70㌘ (フルっておく)
卵     4個  (卵黄と卵白にわけておく)
砂糖    80㌘ (40㌘づつにわけておく) 
オリーブ油 30㌘
牛乳    30㏄
かぼちゃ  80㌘ (茹でてペースト状にしておく)

  クリーム
生クリーム 100㌘
砂糖    10㌘
ブランデー 適量


 1. 天板にシートを敷き、卵白に半分の砂糖(40㌘)を少しずつ加えて角がたつまで泡立てて
   冷蔵庫で冷やしておく。

 2. オーブンを180度に余熱する。

 3. 卵黄に残りの砂糖を入れ、もったりするまで泡立てオリーブ油と牛乳を入れる。

 4. 3の卵黄に小麦粉を半分づつ入れて混ぜ、かぼちゃのペーストも入れて混ぜる。

 5. 4に卵白を1/3入れて混ぜ、残りの卵白をあと2回に分けて入れ、切るように混ぜる。

 6. 天板に流しいれ、何度か高い位置から落とし泡を消し、オーブンに入れ15分焼く。

 7. 焼いている間にボウルに生クリームと砂糖、ブランデーを入れ固めに泡立てる。

 8. 生地が焼きあがったらラップをかけて冷ます。
   (ラップを剥がした時に焼き色がきれいに剥がれる。) 

 8. 手前にクリームを多めに塗り一気に巻く。

 9. ラップで巻きしばらく冷蔵庫で冷やして出来上がり。 





教えて!あなたが見つけた「ハロウィン」
[PR]

by mami-2013 | 2016-10-29 00:08 | レシピ | Comments(4)
2016年 10月 24日

古墳三兄弟 峠古墳群

 
d0295818_22304105.jpg
 
総社の福山登山道沿いに峠古墳群という

横穴式石室がポッカリと口をあけています。

その数、70基あまり。

中でも簡単に見られるのがここ歴史公園です。

 

付近には墳長360㍍を超す造山古墳をはじめとする

いくつもの巨大前方後円墳があり、これらをを見慣れていると 

お団子が集まったような、ユーモラスな形に見えます。

横から一見すると墳丘墓が重なり合っているように見えますが



d0295818_22314036.jpg

上から見るとこんな感じです。
 
こんな横穴式石室をもつ小規模の墳墓を群集墳と呼ぶそうで

古墳時代後期6世紀(継体天皇の頃)から爆発的に築造され

古墳総数の大半をしめるそうです。



群集墳は生産力を伸ばした民衆が財力を蓄え

埋葬されたといわれてきましたが

埋葬様式が画一的で統一されているため最近では

大和政権の指導が及んでいたという説が有力です。



d0295818_22312160.jpg

墳丘墓は元々、この県道(総社倉敷線)内にあったため

保存に対する要望が強く
 
すぐ南の現在地にそのまま移築保存されたものです。

写真左に墳丘墓がちょっとだけ覗いています。

 

d0295818_22320390.jpg

近くには本来の位置に現状保存された

4号墳もあります。



ここは古墳群のごく一部で福山の西斜面には

三因千塚古墳群と呼ばれ約200基の古墳が密集しています。
 
他の古墳群もボチボチと

登山も兼ねてまわってみたいと思います。 









[PR]

by mami-2013 | 2016-10-24 01:10 | 総社市 | Comments(2)
2016年 10月 21日

秋の虫干し

 
d0295818_00484714.jpg
 
日曜日に舞台が終わり

使った衣装のお手入れをしました。



初めて着用した天皇役の装束なので慎重に。

棚を整理していると鬘が出てきたので

すべて引っ張り出して虫干しをしました。



部屋中に鬢付け油の匂いが漂い

すべてを干し終えた頃には匂いが臭いに…。 💦

一昼夜、置いておくと収まりましが 


 
d0295818_00485797.jpg

翌朝、母から電話があり

「夜、戸締りに2階に上がったらビックリしてじゃない!
月明りに照らされて気味が悪かったわ~。」



う~ん、暗闇の中でこれを見たら 

寿命が縮まったかな?
 






[PR]

by mami-2013 | 2016-10-21 00:55 | 日々の暮らし | Comments(6)
2016年 10月 19日

備中松山城


d0295818_18455291.jpg
 
先日は「真田丸」なんてタイトルをつけていたせいか

予想外に多くのアクセスがありました。

開いてみて「あれ?騙された!」

と思われた方、ごめんなさい。



復元された「五の平櫓」を右手に石段を登り

チケットを買い、中に入ります。




d0295818_18463547.jpg

天守の下を回りこむと奥に二重櫓があります。

南の出入り口は天守に通じていました。



d0295818_18470246.jpg

岩盤の上に石垣が組まれているのがよくわかります。

石段の上には「腕木御門」がちょっとだけ見えます。

門の屋根は木造本瓦葺の立派なものでした。



城の周りには紅い秋冥菊が咲いていましたが

「備中兵乱」などこの城で散った歴代藩主の怨念で

紅い秋冥菊しか咲かないという都市伝説が残っているそうです。



d0295818_18471711.jpg

中に入り珍しかったのがこの囲炉裏。

天守閣の中で囲炉裏を見たのは初めてです。

標高が高いので、冬は火の気が欲しいほど寒かったのでしょうか。



d0295818_18473505.jpg

天守閣の中はどこにカメラを向けても人の顔が入るので

天井や小屋組ばかり撮っていました。



この松山城に播州赤穂藩家老・大石内蔵助が

在藩していたエピソードがありました。

藩主水谷氏の跡継ぎがなく取り潰しとなった後

城受取りに赤穂藩主・浅野内匠守が任命され

その先発隊として内蔵助が松山城に入ったのでした。



その数年後、主君の刃傷沙汰で浅野家も取り潰しとなり

内蔵助は逆に城を引き渡す側に立ちました。

心の内はいかばかりだったのでしょう?



d0295818_18492818.jpg

一段高い場所にある「装束の間」。

城が攻められた時には城主が自害するための

間でもあったそうです。



d0295818_18494431.jpg

「装束の間」からの二重櫓。



d0295818_18500537.jpg

城山を降りたら4時半でした。

駐車場係りの方から

「そんなに長くいて見るところがあった?」

なんて聞かれましたが見どころいっぱいでした。

やっぱり、現存天守が残っていると迫力があります。


シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-19 19:05 | 美味しいもののこと | Comments(0)
2016年 10月 16日

真田丸


備中松山城は大河ドラマ「真田丸」のオープニング用に

撮影されている場所が幾つかあります。

似たような場所を撮ってみました。

 

d0295818_22452352.jpg

大手門の北側の土塀と石垣。
 
オープニングでは、CGで土壁に変っています。



d0295818_22481631.jpg

土塀の下の石垣を支える岩盤。

ここもCGによって水が流れ落ち滝のように見える場所です。 



d0295818_22574933.jpg

本丸下の石垣。

土塀は漆喰塗りからCGにより土壁に。

石垣や苔は現況のままだそうです。

 

d0295818_22415366.jpg

上空からの天守の屋根のシーンもありますが

さすがに撮れないので

離れた展望台から撮ってみましたが

離れすぎ~!












[PR]

by mami-2013 | 2016-10-16 23:22 | Comments(8)
2016年 10月 11日

備中松山城登山

 
d0295818_11313049.jpg
 
日本三大「山城」のひとつ、備中松山城へハイキングしました。

他にも、日本三大「天空の城」とも呼ばれるとか。



d0295818_11350651.jpg
 
駐車場に車を置き「ふいご峠」を目指し

アスファルト舗装をされた山道を登ってゆきます。
 


バスも通っていますが、昨日は観光客の大行列で

並ぶのが嫌いな夫は30分くらいなら…。

と、歩き始めたのです。



d0295818_11370689.jpg

ふいご峠に到着。

人が並んでいるのは、駐車場とこの峠とを結ぶ

バスを待っている人たち。 

バスなら5分で到着です。
 

 
d0295818_11423746.jpg

臥牛山の地図。
 
ここから小松山城めざして登ります。

「備中松山城」というのは小松山城を中心にした

近世城郭を指すようです。



d0295818_22261648.jpg

ここからは地道になり、登山気分が出てきます。

平成の修理後にも登りましたが

その時よりも多くの人で賑わっています。 


 
d0295818_22311095.jpg

駐車場のある城見橋を見降ろします。

昨日は満車で路上にまで停めています。

連休のせいか、ほとんどの車が関西や広島ナンバーで

「ここは本当に岡山?」 という感じでした。 Σ(・・ノ)ノ!

 


d0295818_22392489.jpg
 
山道を15分も登ると立派な石垣が見えてきます。

上太鼓丸跡です。



d0295818_22543020.jpg

上に登ると高梁市内が見降ろせます。

ここに櫓が残っていれば城下からも見えて

城山の風情があるんだけどなぁ…。 


 
d0295818_23005848.jpg

大手門跡が見えてきました。



d0295818_23033920.jpg

大手門跡を入ると後ろにそそり立つ巨岩と

その上の厩曲輪石垣が威圧的で圧巻です。

ここは、今年の大河ドラマ「真田丸」の

オープニングにも使われています。



d0295818_23564587.jpg

厩曲輪など風雪に耐えた土塀の一部は

国指定重要文化財です。



d0295818_23134826.jpg

やっと二の丸跡に到着。

写真を撮りながらチンタラ登ってきたので

ここまで40分もかかっていました。 ((+_+))



d0295818_23314728.jpg

ここまで来たら天守を拝むことができます。

現存天守の中では随一の高さを誇るとか!

一層目の唐破風の出窓が印象的です。




d0295818_23365459.jpg

お城を散策する前に

ここ、二の丸跡でお弁当です。🍙

登ってきた後のお弁当は最高!







シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-11 23:44 | アウトドア | Comments(6)
2016年 10月 10日

砥峰高原の夕暮れ

 
d0295818_00293348.jpg
 
夕暮れのすすきの原を見たくて

砥峰高原に足を伸ばしてみました。



車を降りたら外の気温は12度。 

昨日は真夏日だったから

気温の変化の大きさに身体もビックリです。 



d0295818_00295622.jpg

着いた時はあいにくの小雨模様。

夕焼けは、望めそうにありません。
 


d0295818_00301457.jpg
 
でも、舞台のようなこの景色が好きで

来られたことに感謝!

数々の映画のロケ地になるだけの魅力はあります。


 
d0295818_00303098.jpg

雲間から月が出てきました。 

寒いけど、秋らしい宵でした。


(撮影 2016.10.09)







 

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-10 00:59 | おでかけのこと | Comments(0)
2016年 10月 06日

賑やかな鉱山町の夢の跡 柵原鉱山資料館

 
d0295818_16314816.jpg
 
吉ヶ原駅の奥に『柵原鉱山資料館』があります。

昭和30年代、ここ柵原は東洋一と謳われた鉱山の町で

ひときわ異彩を放った町だったようです。



柵原鉱山の硫化鉄鉱は高品質で硫酸の優れた原料として

日本の科学重工業の発展に伴い各方面で重用され

昭和30年代、鉱山で働く人だけで3000人を超え

町は大いに賑わったといいます。

片上鉄道ができたのも片上港へ鉱石を運ぶためでした。



中でも驚いたのは3000人を収容する集会所があったこと!

現在の倉敷や岡山市民会館よりも1000人以上入ることができます。

また、日用品の品揃えを誇った供給所も県下一で

地元の人のお話では

「岡山になかったら柵原に行け。」という言葉があったそうです。 



d0295818_16384681.jpg

この建物の中に当時の鉱山町の賑わいを体験できる 

映画のセットのような街を再現していました。

地下はそのまま掘削した坑道の跡で

当時の掘削作業機の実物が見られました。

 
写真撮影ができなかったので

片上鉄道保存会の資料館のHPからどうぞ。 → 



坑道は巧妙に設計され、採掘された鉱石は

中央竪鉱から地上に運びあげられ選鉱場で選別され

高瀬船や鉄道で各地の精錬所に運ばれた様子がよくわかります。 


 
d0295818_16503689.jpg

柳原鉱山竪鉱櫓のレプリカ。



40年代に入ると海外から安価な鉱石が輸入され

工場の廃ガスから硫酸を回収する新技術も開発され

需要は次第に減少し、1991年に柵原鉱山は閉山します。



d0295818_16453765.jpg

一方、終堀後の鉱山では

酸性の鉱水を中和して吉井川に流す作業が今も続けられている

という説明もあり驚きました。 

「や~めた。」で終わりではないのですね。




追記

ここで先月、あのジョン・ウー監督の映画撮影があったそうです。

主演は福山雅治氏だったので、付近は厳戒態勢だったとか。

公開は2018年とか、どんな映画なんでしょう?

タイトルは『追捕 MANHUNT』です。

この映画で鉱山公園も有名観光地の仲間入りになるかな?






シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット! 

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-06 15:46 | おでかけのこと | Comments(0)
2016年 10月 03日

ひと月に一日だけやって来る列車

 
d0295818_23042186.jpg
 
今日は夏が戻って来たように汗ばむ一日でした。

柵原鉱山跡の資料館に行ってみたら

偶然にも列車が走っていました。
 


d0295818_23093001.jpg

吉ヶ原駅についた列車から降りる人々。 

『偶然にも』というのは

ここは片上鉄道の吉ヶ原駅で廃線になって久しいのですが

ボランティアの方々によって電車やレールのメンテナンスが続けられ 

列車も動体保存されていて月に一度走らせるのです。
 


d0295818_23083862.jpg

月に一度、プラットホームに

往年の面影が蘇ってきます。



d0295818_23232647.jpg

窓の開く車両も今では少なくなりました。
 


d0295818_23302561.jpg

中に入ってみると

天井に扇風機がついています。

学生時代、通学に使っていた岡山臨港鉄道の列車も

冷房のないものは扇風機が頭上で回っていました。


 
d0295818_23363546.jpg

普段の通学に網棚は使わないけど

年に一度くらい、網棚に手荷物を載せると
 
その瞬間「旅に出るんだ。」という気持ちが

込み上げて背筋が伸びました。



d0295818_23435922.jpg

シートも直角で夜行の時はきつかっなぁ~。


 
以前「ムーンライト九州」という夜行列車があって

『青春18切符』を使うと岡山からだと

1日分の切符で九州博多あたりを往復できたので

よく乗っていました。



d0295818_23471998.jpg

3年前に来た時よりもレールが伸びていました。
 


d0295818_23511454.jpg

駅に併設されたカフェ。



d0295818_23523084.jpg

中は駅舎と同じでノスタルジックな雰囲気です。

席は学校で使っていたような机と椅子が置かれていました。


ホームで買ったワッフルと

ここで注文した飲み物を飲みながら

鉄道が走り鉱山が賑わっていた頃の様子をうかがいました。



d0295818_23550282.jpg
 
吉ヶ原駅。

ボランティアの方に聞いたら 

昭和6年開業当時の駅だそうです。



d0295818_00130647.jpg

駅の料金表ですが

正確には隣の美作飯岡駅のものだそうです。

大阪まで720円ですね。


 


シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット! 

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-03 00:21 | おでかけのこと | Comments(4)
2016年 10月 02日

チャビットさん

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-02 12:40 | 内田彩仍さん