コンクール前夜

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-27 19:24 | 日々の暮らし

食べ残しの小松菜が根付きました!

d0295818_2326499.jpg

有機野菜の小松菜があまったので、水をはった容器に挿しておいたら
新しい葉っぱがどんどん出てきて、
よく見ると、ちっちゃな根っこまで生えてきていました。

そのまま、しばらく水栽培をしていると、つやつやした葉っぱが勢いよく伸びて
「このまま畑で大きくならないかな?」と思い、父の畑に植え替えました。
内側で小さくて、クルクルしているのが新しい葉っぱです。


d0295818_2353655.jpg

植え替えた直後はこんな感じで、シャッキーン!としていましたが
次の日には ダラ~~ と土の上に力なく横たわって
やっぱりだめかな~と思っていましたが、父が
「まだ根が小さくて、土の中の水分を取る力が無いから、こまめに水をやれば育つだろう。」と育ててくれ


d0295818_23285044.jpg

前日の雨で泥だらけですが、今ではこんなに育ちました。
食卓にのぼるのが楽しみです。!(^^)!
小松菜で味をしめ、今は有機野菜のルッコラを水栽培中!
果たして、二匹目のドジョウになるのか?楽しみです。


d0295818_2372354.jpg

初収穫のハツカダイコンです。
収穫したそばで
「ハツカダイコンはもっと大きくなるのに!」と母が悲鳴を上げておりました。^^:


d0295818_2375262.jpg

間引いた春菊と一緒にサラダにしました。

[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-26 18:30 | 植物 | Comments(0)

牡丹の贈り物

d0295818_17561015.jpg

牡丹の花をtomuくんからいただきました。
「牡丹は雨が降ると、あっという間に散るから、切花で楽しんでください。」と
ありがたいです。

生け花は得意じゃないので、花瓶の中に投げ込みです。
一緒にいただいたフリージアをアクセントにしたら
真ん中で目立ちすぎでした。

父も島根県の大根島で買った牡丹を大切に育てていましたが
5~6年で芍薬になってしまいました。
牡丹の接木の台木は芍薬と決まっていて、失敗すると台木の花が咲くそうです。
(これもtomuくんから教えていただきました。)



d0295818_1882781.jpg

藤も先週から咲き始めました。
[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-24 18:30 | 植物 | Comments(4)

誕生寺の会式

d0295818_114755.jpg

昨日 4月21日はokabeさんに誘われ
久米南町の誕生寺で開催された
誕生寺の会式法要に行ってきました。毎年第三日曜日に開催されています。
室町時代から続いているそうで
正式には「法然上人御両親追恩会式大法要」といいます。

中でも、「二十五菩薩大練供養」が岡山県の重要無形文化財に指定され
稚児行列に続き、念仏を唱える中、厳かに二十五菩薩が練り歩く姿は
來迎曼荼羅が現世に示現された情景といわれています。


d0295818_11484328.jpg

かわいい稚児行列。
はるかかなた昔、私もこの稚児行列に参加したことがあるそうです。
でも記憶に無いのが残念です。
行列は、誕生寺から東の娑婆塔まで歩き、そこから戻ってきます。
お寺を出るときは神妙な稚児行列も、帰るころには眠ったり、だっこされたり…。かわいかったです。

二十五菩薩が練り歩く姿は、金色に輝く面をつけていて、それぞれ笙、琵琶、龍笛など
雅楽で使われる楽器を持っています。

僧侶の方々も多勢いらっしゃいました。
「誕生寺の方だけじゃないですよね。」と
地元の方に聞いてみたら、誕生寺に縁(ゆかり)、のあるお寺の方々が
全国から集まってこられ、なかでも京都から来られている方が一番多いそうです。

年々人出が少なくなり、さみしくなっていると、地元の方々は言っておられましたが
誕生寺の参道が、こんなに大勢の人で埋めつくされているのは初めて見ました。


d0295818_1151139.jpg


商工会の方々が作っている「銀杏おこわ」。
ぎんなん以外にも、しいたけ、ふき、にんじん等、旬の地元の具材がたくさん入っています。
この日だけしか、食べられないのが残念なくらい、とっても美味しいんですよ。


d0295818_17305860.jpg

ゆず味噌とニューピオーネのジャムを買いました。
久米南町の特産のゆずを使った、ゆず味噌は大好きなので
目についたら、ちょこちょこ買っています。
ニューピオーネのジャムは初めて買いました。美咲町の平賀農園さんのジャムです。
どんな味なのか楽しみです!
[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-22 18:30 | 行事・暦のこと | Comments(2)

毛玉とりブラシ

d0295818_143899.jpg

欧米では暖炉を使わなくなる春に、すす払いとともに大掃除をする習慣があるそうです。
日本も、暮れの大掃除ほどじゃないけれど
今の時期、冬のコートを片付けたり
カーテンやシーツを冬物から春物へとかえますね。

実家の母は、参観日 家庭訪問が近くなると
テーブルクロスや玄関マットなどを
春物や新しいものに変えていました。


d0295818_14385890.jpg

今日は、風はあるものの、春らしい日差しだったので
真冬のニットや、ファブリックを洗いました。

洗い終えたニットは、毛玉とり用のブラシを使い、毛玉をとります
ブラシの先で軽くブラッシングするだけで取れます。
ブラシ全体を使うと、力が入りすぎ 遊び毛までとってしまうので…。
これ、スグレモノです。
以前はハサミを使っていたので楽チンです。^^

スタイリストの内田彩仍さんは
「仕上げにスチームアイロンを浮かせて蒸気をあてると、遊び毛も落ち着いて
編み目や形も整います。」と
著書の「12か月のこと(宝島社)」で書いておられますが、横着者の私はやったり、やらなかったり。
こちらの本もおすすめです。






[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-18 18:30 | 内田彩仍さん | Comments(4)

がいせん桜

d0295818_17502784.jpg

昨日は、きれいな三日月がでていました。

写真を撮ってみたらクレーターまでしっかり写っていて

ちょっと写り込みすぎて暗いですね。


「がいせん桜」のライトアップを昨日までしていると聞き

仕事を投げて、行ってきました。

毎度、毎度桜のことばかりですいません。(^^ゞ

でも、きれいでした~!



d0295818_18174611.jpg

「がいせん桜」は日露戦争での戦勝を記念して

137本の桜が植えられました。

桜並木のトンネルは、新庄村の春を代表する景色です。


上の写真は、脇本陣の前の桜です。

初めて見た時は、苔むした幹がうねり、貫禄のある老木でした。

その後、包帯姿(?)となり痛々しかったのですが

懸命な樹勢回復治療で100年を過ぎても綺麗に開花しています。

ソメイヨシノの寿命は60年といわれているので、驚くほどの長寿ですよね。

あやかりたい。あやかりたい。


d0295818_189675.jpg

「がいせん桜まつり」では、街道沿いに屋台が並び

多彩なイベントが華やかに開催されます。

ともすれば、屋台のほうが華やかです。

桜の上を走る電線も華やかです。(笑)



d0295818_18415222.jpg

ここ最近は土手に咲く、しだれ桜を目当てに

お祭りをはずして訪れています。

この写真は数年前に撮ったものです。

しだれ桜は、がいせん桜が咲き終えた頃に咲き始めます。

見事ですよ~。



[PR]
# by mami-2013 | 2013-04-16 19:30 | お花見 | Comments(0)