桜のパウンドケーキ 🌸


前回の血吸川の最後に

パウンドケーキをアップしようと

タイトルに桜のパウンドケーキを入れていたのに

アップし忘れるという失態をしてしまいました。💦


 
d0295818_20040461.jpg
 
桜の塩漬けの塩分を軽く抜き

パウンドケーキに混ぜ込んで焼き上げました。

塩っ辛くなると美味しくなそうなので

少なめに混ぜ込んでみたら、切った感じが寂しいかな。

 

d0295818_20041349.jpg

表面には形のいい🌸を貼り付けてみました。

40分かけて焼き上げるので思った通り

桜は黒っぽくなっていました。

ん~。

オタマジャクシみたい!

 

d0295818_20042379.jpg

夫は「もっとしっとりとしたほうがいい。」 

と、言うので

数日間、私の朝食となりました。



あ!

桜餅を作るために桜の葉の塩漬けも

買ってたの忘れてた! 

 

d0295818_22400838.jpg

土曜日の雷雨と雹で桜は無残に散りましたが

八重桜やウコン桜がこれから咲き始めますね。

明日はお休み、桜餅を作って
 
八重桜が咲いているか見に行ってみようかな?










[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-18 19:48 | レシピ | Comments(6)

血吸川沿いの桜

 
d0295818_20215630.jpg
 
血吸川沿いの桜。



d0295818_20232168.jpg

血吸川…桃太郎伝説にゆかりのある川です。 



d0295818_20270779.jpg

ここは日曜日でも人が少なく穴場です。


 
d0295818_20285658.jpg

菜の花も
 


d0295818_20300301.jpg

今年は雨の日が多く

この日も降ったり、やんだり

そろそろ、花散らしの雨です。
 


d0295818_20320789.jpg
 
踏切がカンカン鳴るのでカメラを構えていたら

キテレツな列車が通り過ぎました。



夫によると桃太郎のラッピング列車とか。

そういえば、この路線名は吉備線といいますが
 
桃太郎線という愛称が公募で選らばれて昨年から

駅の案内表示が桃太郎線に変わっていました。








[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-15 20:45 | Comments(4)

奥迫川の桜を目指して陀娑山へ 

 
d0295818_23111784.jpg

昨日、やっと奥迫川の一本桜に会うことができました。

麓から見ても周りの山桜より

ずっと大きいことがわかります。



昨年も来たけれど、雨上がりで登山道がぬかるみ

サボで滑りまくり、登山は諦め麓から眺めて終わったのでした。



d0295818_23154956.jpg

登山口の近くにテントが張ってあり

「今日は雨上がりだからぬかるんで、杖があるほうがいいよ。」

と、貸してくださいました。

なんて親切なんでしょう!

今回は登山靴を履いて杖まであるので鬼に金棒です。



d0295818_23234805.jpg

周りの山々の桜を見ながら登り始めます。

山桜が群れてきれい!



このあたりも、その昔遠浅の海で

江戸初期から昭和40年ごろにかけての干拓で

広大な農地に生まれ変わりました。
 
かつては島だった陀娑山も平野に聳える山となったそうです。



d0295818_23302048.jpg

かわいいワンちゃんがいました。

鶯も鳴いています。

「あれ、鶯じゃない?」と夫が指さすので

撮ってみたけど…



d0295818_23340559.jpg

違いますね。

写真でしか見たことがないけど

ジョウビタキかな?

顔の部分がブルーがかっています。



d0295818_23391064.jpg

目の覚めるような、しだれ梅もまだ咲いています。

しだれ梅の並木を通り過ぎたら本格的な登山道です。



d0295818_23405962.jpg

もともと道のない急斜面に生えていた一本桜。

この桜を近くで愛でるために地元の方々が

登山道を整備し、毎年下草刈りをされているそうです。

地域の人々の尽力が偲ばれます。



d0295818_23473369.jpg

15分ほど登ったら見えてきました!

もう、散り始めています。

先週、わが家からも見え始めていたけど雨続きで

やっと来られたこの日が、見頃ぎりぎりだったかも。



d0295818_23534295.jpg

株元が八つに分かれていて八岐大蛇のように

八方にうねっていて、この迫力写真で伝わるでしょうか?



d0295818_23574644.jpg

すぐ近くに二代目のクローン桜もありました。

こちらは若いせいか、もう散っていました。



d0295818_23593138.jpg

標高150㍍から眼下を見降ろします。

わが家から桜は見えるけど

ここからわが家はわかりません。



d0295818_00015185.jpg

奥迫川の桜 通称 大山桜

推定500年。

野生種のひとつで長寿種として知られるエドヒガンと

カスミザクラまたは山桜との交配種といわれ

樹高50㍍、枝張り27㍍の堂々とした姿です。



d0295818_00051005.jpg

1本の古木が佇む姿を想像していましたが

周りに小さな桜もあり、もう少し早く来られたら

華やかな競演が見られたかもしれません。






[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-14 00:10 | お花見のこと | Comments(2)

しだれ桜の下で夜桜の宴

 
d0295818_22015883.jpg
 
日曜の夜は実家に妹や甥っ子も集まり夜桜パーティでした。

柴犬ハッピーがお出迎え。

狛犬のようなポーズでくるくる回ります。

 

d0295818_22041946.jpg

庭は桜だけでなくユキヤナギや
 
リキュウバイも見頃です。



d0295818_22070476.jpg

散り始めましたがアーモンドも。

 

d0295818_22102884.jpg

薄暗くなってきたのでしだれ桜をライトアップ。 

ライトに近い花ほど白っぽくうつります。



d0295818_22122958.jpg

真下から眺める桜もいいですねぇ。


 
d0295818_22143026.jpg

テンションがマックス状態のおてんばハッピー。
 
お庭の木々を障害物競走のように軽々飛び越えます。



もう少しシャッターを早くきればよかった…。^^;

夫に言わせれば

「ケツまる出し。いちおう女の子で~。」

 

d0295818_22194983.jpg
 
姫こぶし、淡~いピンクが可愛い!



自生のものはレッドリストの準絶滅危惧の

指定を受ける稀少な花木だそうです。


 
d0295818_22395418.jpg

灯りがとどいていないけど、シャクナゲ。
 
白からピンクの優しいグラデーションが好きです



d0295818_22440022.jpg

すっかり暗くなりお月さまも出てきました。

テーブルの食事が見づらくなって

2階からグリーンライトで照らしたら桜までグリーンに。

一重だったら御衣黄桜みたい。
 


それよりも、テーブルのお肉の色が写真に撮れないくらい

まずそ~な色に見えます。^^;






私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-11 22:59 | お花見のこと | Comments(2)

カタクリの花とイチリンソウ


d0295818_12302835.jpg

カタクリの群生が見たくて

また、行ってきました。

イチリンソウもチラホラ咲き始めていました。



なんだか、カタクリの雰囲気が違うな~と思ってよく見たら

花びらがクルンとカールをしていなくて

ほとんどの花がヒトデのように開いています。



d0295818_12312027.jpg

中にはうつむいて閉じている花も。

いつものおじさんのお話では

お日さまの日差しにあたって

花びらを開き始めるとか。



さしずめ、寝起き姿のようなカタクリさん~。



d0295818_12314843.jpg

明るい場所のカタクリはクルンといつもの姿で

身支度が整ったカタクリさん。



こんな生態、知りませんでした。



d0295818_12320878.jpg

山桜とカタクリの共演。



d0295818_12323679.jpg

儚げなカタクリにはソメイヨシノよりも

楚々とした山桜がお似合いです。



d0295818_12344385.jpg

梅がすっかり散って

山里には山桜が煙るように咲いています。



d0295818_12350662.jpg

イチリンソウも咲き始めています。

こちらも春の妖精のお仲間です。



d0295818_12351917.jpg

イチリンソウの周りのお花はムラサキケマンかな?




カタクリはこれで見納めかもしれないけれど

いろんな山野草の見られるこの場所には

今後も足を運びそうです。



d0295818_12414780.jpg





私の桜ショット&お花見弁当


[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-10 12:43 | 植物 | Comments(10)

神道山の桜 sanpo


d0295818_00224517.jpg
夫の事務所の窓から見える神道山にも

桜のほの白い姿が見られるようになり

6日もまたお弁当を持って神道山に登りました。



d0295818_00225519.jpg

参道になるこの桜並木の陰影が見えるのです。

もう、八分咲きくらいです。



d0295818_00230593.jpg

雨がぱらついてきたので車の中でお弁当を食べ

傘を持って散策します。



d0295818_00231298.jpg

神道山には黒住教の大きな社殿があります。

このあたりがメインの桜。



d0295818_00232061.jpg

思った以上に咲いていて華やかです。

境内の雰囲気もあり夜は妖しげな夜桜でしょうね。



d0295818_00232635.jpg

神道山の山頂は市内の眺めが良いので

小雨にもかかわらず子ども達が登って行きました。



d0295818_00233385.jpg

山頂は初日の出の名所です。

こんな動くスロープが山頂まであるので

脚が不自由でも登ることができます。



d0295818_00233993.jpg

社殿の千木をパチリ。



d0295818_00234670.jpg

山頂に着きました。

やや東よりの山並みが見えます。



d0295818_11021080.jpg

わが家のあるマンションが見えないかと

レンズを向けましたがもう少し西です。

山並みの下に児島湾があります。

湾にぽつんとある島影は高島。

余談ですが、神武天皇がまだ天皇になる前

東征の途中、吉備の高島の高島宮で8年を過したという

話しが古事記に載っています。



d0295818_11021879.jpg

傘をさすほどの雨になったので下に降ります。



d0295818_11022890.jpg

車道の桜並木がいちばんきれいかな。

写真を撮りながら降ります。



d0295818_11032549.jpg

ちょっと気になったので横道にそれて地道を登ってみました。

どんどん上り坂がきつくなり登った先は



d0295818_11084479.jpg

また、この道に戻ってきたのでした~。

途中に古墳の標識はなかったんだけど…。





私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
# by mami-2013 | 2017-04-08 11:09 | お花見 | Comments(2)