タグ:インテリア ( 51 ) タグの人気記事


2017年 02月 21日

桃の節句のインテリア

 
d0295818_15211851.jpg
 
テーブルコーディネートのレッスンのテーマはひな祭り。

インテリアもお雛さまが出迎えてくれました。



d0295818_15241987.jpg

ニッチにはお内裏さまとお雛さま。
 
ピンクのラナンキュラスがキュートです。


 
d0295818_15250997.jpg

エントランスの正面はウグイスの暖簾に

クリスマスローズやストック、桃、ユキヤナギに

タニワタリやドラセナで早春のお庭のイメージです。



d0295818_15265237.jpg
 
五人囃子もズラリと勢揃い。

 

d0295818_15273667.jpg

リビングです。

吹き抜けなので、背のあるユキヤナギが効果的です。



d0295818_15281325.jpg

バックはプラ段に縮緬を巻き込み華やかに。

 

d0295818_15285776.jpg

リビングの奥は桜のプレートを屏風に見立てて

卵の殻で作ったお雛さまを。対にお内裏さまもあります。 



息子さんが幼稚園の時に保護者で作った物と聞いて

先生がとても大切にされている事がわかります。

息子さんは数年前に結婚された大人ですよ。



d0295818_15322344.jpg
 
先生のテーブルコーディネートです。

 

d0295818_15325924.jpg

この日のランチはこの食器で頂きます。



d0295818_15334924.jpg

テーブルの真ん中にちょこんと土のお雛さま。

可愛いです。 


 
d0295818_15344588.jpg









 


 



[PR]

by mami-2013 | 2017-02-21 21:32 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(10)
2016年 12月 29日

マユール先生のお正月インテリア

 
d0295818_01281548.jpg
 
お正月飾りのレッスンに行った時の

マユール先生のお宅のインテリアを撮影させていただきました。




ドアを開くと

リズミカルな青もじに松や菊が出迎えてくれました。


 
d0295818_01373155.jpg

特にこの菊の色合いが気に入りました。

初めて見ましたが新種かな?


 
d0295818_01403502.jpg

フレームに松を飾ってあります。
 
こんな、あしらい方も斬新でした。



d0295818_01455864.jpg

ニッチは2段トレイと鳥の置物です。

シュロをカットして扇に見立てているようです。

先生のこういう発想が凄いと思います。 


 
d0295818_01515362.jpg

リビングのお花は漆塗りの器と湯筒で

いっそう華やかでした。



d0295818_01560529.jpg

バリ島の伝統的な絵画にお花を添えて

アジアのお正月の雰囲気を

醸し出しているコーナーでした。
 


干支のこういう飾り付け方もあるんですね。

勉強になりました。
 


 

[PR]

by mami-2013 | 2016-12-29 00:26 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(0)
2016年 12月 23日

はじめてのお正月飾り

 
d0295818_11444937.jpg
 
マユール先生のサロンでお正月飾りを作りました。

稲穂以外はアーティフィシャルフラワーです。



d0295818_11443883.jpg
 
慣れないせいか

稲藁を丸く針金で固定するのが難しく

なんとか形になりました。



後は、グルーガンで飾りを留めるだけ。

の、はずでしたが

意外と稲藁に留めるのは難しく

針金でグルグル巻きにした方が多かったかな?



d0295818_11445766.jpg

完成~!

思った以上に華やかなお正月飾りです。



針金とペンチとグルーガンで格闘し

フラワーアレンジメントというよりも

工作ですねぇ。 

こんなの大好き!




d0295818_11450424.jpg

クリスマスリースをはずして

リビングのドアにかけてパチリ!



「あれ~? クリスマスはもう終わり?」

と、夫の声。



♪☆゚'・:*☆♪

明日はイブ、ちょっと寒く風も吹きはじめました

暖かくしてお出かけしてください。

 
 



[PR]

by mami-2013 | 2016-12-23 12:18 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(12)
2016年 12月 15日

クリスマスリース 2016


 
d0295818_22375048.jpg
 
クリスマスリースを作ってみました。

昨年はマユール先生に教えていただいて

立派なリースを作りましたが

今年は100円ショップで買ったリースの土台に 

nestさんで買った300円の姫杉を

取り付けて作ってみました。






冬でも葉を落とさない常緑樹はキリストの

「永遠の命」の象徴なのだとか。


 
d0295818_22514771.jpg

リースの飾りはドングリとユーカリの実を控えめに。 

よく使われる松ぼっくりには

豊穣多産の意味が込められているというので

実ものつながりです。💦

これも散歩の時に拾ったり、ドライにしていた物で
 
今年はプチプラな田舎風リースです。

 


d0295818_23031275.jpg

今年はアドベンツクランツを用意する時間がなかったので

キャンドルをテーブルの上にドン。



今夜は第2アドベント。

本来ならリースも第1アドベントまでに用意するものとか!

今年はバタバタの間に合わせです。((+_+))

 

d0295818_23025780.jpg

友人からいただいたクリスマスのお干菓子と 

お抹茶でクリスマス気分を味わうのも粋かな。

でも、口にするのがもったいない。💦





 



☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・

「師走の夕暮れ」
 がウーマンエキサイトの「旅と散歩
」に選ばれました。
編集部のみなさま、ありがとうございます。

 ☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・





お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!

[PR]

by mami-2013 | 2016-12-15 20:50 | クリスマスのこと | Comments(14)
2016年 10月 01日

倉敷アフタヌーンティー

 
9月も今日で終わりです。

雨のせいか相変わらず蒸せる夜です。



 
d0295818_23255387.jpg

『キャンドル卓 渡邊邸』で秋のフルーツをたっぷり使った

「倉敷アフタヌーンティー」をしていたので
 
お友達と行ってきました。


 
「倉敷アフタヌーンティー」とは

倉敷美観地区の古民家でカフェを営む10軒が 

それぞれ工夫を凝らしたアフタヌーンティー」を提供する催しです。



d0295818_23345742.jpg

2段のガラス皿にのせて運ばれてきます。

上の段はフルーツを使ったスイーツに
 
下にはサーモンやコロッケを使ったサンドイッチ。

サンドイッチには数種類のソースやケッパーなどがついています。



☆゚'・:*☆♪ メニュー ☆゚'・:*☆♪

グラハムサンドイッチ(サーモン)

ベーグルレンコンサンド

マンゴームース

タピオカミルクゼリー

ココナッツロールケーキ

スコーン ジャム添え


 
d0295818_23542075.jpg
 
渡邊邸は、大正時代の古民家で照明はキャンドルで

和みながら食事を楽しむことができます。




d0295818_23573355.jpg


「もう、お腹いっぱい。」と言っていたら

さらにマスカットやピオーネ、イチジクなど

秋のフルーツの盛り合わせが出てきました。





「お腹いっぱい」なんて言っていたけど 

スイーツは別腹で残さずいただきました。
 


d0295818_00115812.jpg

入口には9月の雰囲気のある室礼でした。 

十五夜にお茶をたてて楽しむという
 
コンセプトでしょうか。


あらら、茶釜ではなく羽釜だわ。




前回のキャンドル卓のランチです。  

食欲の秋!おいしい秋グルメ&おすすめ秋レシピ! 


 



[PR]

by mami-2013 | 2016-10-01 00:00 | 美味しいもののこと | Comments(6)
2016年 09月 17日

お月見の室礼


昨夜は旧暦8月15日の夜。

ちょっとだけおぼろ月が顔をのぞかせてくれました。



 
d0295818_21380333.jpg
 
昨日はマユール先生のレッスンがありました。

玄関を入った正面の室礼は、お月見のお供え物を模して

三方(さんぽう)にお団子に見立てた菊(アーティフィシャルフラワー)

すすき、その後ろに兎の絵の屏風を一対。

額には万葉集の秋の詩歌を数首、書き散りばめてありました。


 
万葉の時代、詩歌を詠じ、管弦を催した宴に

想いをはせるような趣のある室礼に

玄関のドアを開けたとたん思わず歓声があがりました。



d0295818_21384282.jpg

上り框の反対側は

器で月と雲をイメージし、栗や芋の葉をあしらって。

 

d0295818_21400591.jpg

ホールには 

ススキとフウセントウワタ(風船唐綿)。

月に見立てた器の中の兎は白備前だそうです。



備前焼というと炎の芸術、火だすきや窯変など

土肌に炎が描く、多彩な表情が魅力ですが

白備前は白一色で白磁ともまた違った風合いでした。



d0295818_21391796.jpg

リビングの吹き抜けには
 
月の中で遊ぶ兎の暖簾をタペストリーに。
 

 
d0295818_21393640.jpg

焼酎の徳利の中には、すすきや山ごぼうなどを活けてあります。



なぜ、中秋の名月にすすきなのか?と思い調べたら

稲穂が月の神様の依り代ですが

時期的にまだ稲を収穫していないこともあるから

すすきは依り代となる稲穂の代わりだそうです。



d0295818_21402141.jpg

リビングの奥にあるピアノの上は

フウセントウワタや山ごぼう、アメジストセージと

キャンドルで洋風の室礼。



お供え物ばかりがお月見の室礼ではないのですね。

室内に和室や縁側のなくなった現代の住まいでも

ちょっとした工夫でお月見が盛り上がり(?)そうです。
 


マユール先生のブログです。


 
秋を先取り!「小さい秋」見つけた!

[PR]

by mami-2013 | 2016-09-17 01:07 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(6)
2016年 07月 04日

七夕のテーブルコーディネート


d0295818_00151262.jpg

消えてしまったと思っていた

テーブルコーディネートの写真が見つかりました。





マユール先生のテーブルコーディネートです。

ブルーで揃えた爽やかなテーブルです。



紫陽花や飲み物の下のクロスは風呂敷です。

雰囲気のいい柄を

部分使いしていらっしゃいました。

中々、思いつかないアイディアなので勉強になります。



d0295818_00152208.jpg

雨で室内が暗かったのですが

 雨にお庭の紫陽花は鮮やかで

コーディネートしたお皿によく映リます。



d0295818_00153170.jpg

青紫のクロスとトルコ製の華やかなランナーのテーブルは

一緒に参加したryoukoちゃんのコーディネートです。



d0295818_00154093.jpg

チャイのグラスやキャンドルで

 エキゾチックな雰囲気です。

暗いシックなテーブルが

ティファニーブルーのマットが引き締め役というか

いい仕事していると思います。

(*^-^*)


清色と濁色との組み合わせは

濁色のほうが汚れた感じに見えがちなので

避けてしまいがちだけど

違和感がないのはクロスとマットが青系統の寒色だからかな?



d0295818_00154982.jpg

奥のテーブルです。



d0295818_00155864.jpg

長くこられているNさんは

この日から少し大きなテーブルです。



「このお皿を使う。」と最初から決めていらして

お皿の色合いからクロスやマットを選ばれたそうです。

それだけに似合うテーブルウェアには苦労されたそうです。



ウルトラマリンのクロスの上に

レースのクロスを斜めにかけたクロスの二重使いで

「天の川」をイメージしされています。



d0295818_00160811.jpg

ティーセットのコーナーは

ガラスのキャンドルホルダーが涼しげでエレガントでした。



d0295818_00165044.jpg

こちらはIさんのテーブルです。

「七夕の夜を楽しむ」というコンセプトで

アジアンなテーブルと、最初から決められて

早々と完成させていらっしゃいました。



d0295818_00171164.jpg

アタの籠、ガラス、漆、陶器と

様々な素材を使われていても

ナチュラルなコーディネートです。



d0295818_00172504.jpg

最後に私のテーブルです。

和ろうそくに火を灯し

「七夜月の七夕」ですが

写真に撮るとテーブルクロスの茶の格子が

洋風のようなチェックに見えてしまいました。



最初、紫のマットは横使いにしていましたが

中央に大皿を置くと、せせこましくなり悩んでいたら

先生から2枚のクロスを使い

ブリッジランナーのように見せる案をいただきました。

なんと!

テーブルマットとして使うよりも上品です!



d0295818_00231031.jpg

お料理は、ざるに盛ったお素麺と大皿の鮎の塩焼き

ガラスの器はトマトと蛸の冷やし鉢、そして冷酒で乾杯。



中央の取り皿は蓮だったのでひと目で気に入りましたが

先生から「ベトナムのバッチャン焼きですよ。」と言われ

ちょっと気になりましたが

ガラスもシルクロードを通ってやって来たものだし

ざっくりと和風です。




マユール先生の七夕のブログです。

★インテリア編

 ★フラワー編

写真がきれいです。



[PR]

by mami-2013 | 2016-07-04 22:44 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(2)
2016年 06月 17日

七夕のインテリア

 
d0295818_17535049.jpg
 
今日はマユール先生のレッスンでした。

これぞ五月雨という朝から降り続く雨に

タブレット撮影だったので

写真は今ひとつですが爽やかなインテリアでした。
 


見上げるような笹にギボシ

トグサに紫陽花



d0295818_17541873.jpg

お庭の紫陽花がエントランスを飾ります。 

反物のような敷物が蛇の目のようでぴったりです。



d0295818_17552785.jpg

框にも紫陽花と竹の鳥かご。
 


d0295818_17560178.jpg

ニッチには七夕に書道上達の願いを込めて

硯と筆を。



d0295818_17561216.jpg

趣のある硯です。

ここで願い事を短冊に書いて

エントランスの笹に吊るすのも風流です。


お花はナルコユリと紫陽花、ギボシです。


ギボシ、鳥取の方はお料理にも使います。

岡山は食べる習慣がないけど

意外と美味しいんですよ。



d0295818_17581095.jpg

リビングの入り口には紫陽花をメインに

青もみじと木苺の葉。

トクサを並べて。



d0295818_17582763.jpg
 
リビングの吹き抜けも紫陽花で

花器は畳表をクルリと巻いています。

あ、このアイディア使えそう!


ブルーの倉敷ガラスに

フローティングキャンドルを浮かべると

五月闇でも幽玄な雰囲気です。



d0295818_17585963.jpg

ピアノの上はエレガントに 

紫陽花を活けてありました。

一対になっていましたが

全体の写真はボケていたのでご勘弁を。


 


[PR]

by mami-2013 | 2016-06-17 17:50 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(4)
2016年 06月 09日

梅雨の窓辺を涼しげに

d0295818_12054800.jpg
 
いつもの窓辺を模様替えしました~。 

見慣れている人は

「どこが変わったの~?」

と思うでしょうが



d0295818_12115431.jpg

最近、仲間入りしたnestさんで買った

ガラスボール。


水中花にできるのが気に入りました。



d0295818_12135376.jpg

昨年、買ったガラスボールには

海星ちゃんを。



でも、一番頑張ったのは

(夫が ^^;)



d0295818_12110143.jpg

カーテンレールの上に

飾り棚を作ってもらい

ブサ可愛い~ 

うらやすガラス幸房のコレクション!
 
並べてみるとブルーやグリーン、ラムネ色の

クールカラーばかり

エアープランツで

アクセントをつけてみました。





d0295818_17393857.jpg

現在、うらやすガラス幸房さんにお願いしているのが

もう10年以上も前に購入したこのうつわ。

使い勝手がよくて夏の煮びたしからデザートまで

オールマイティに使えます。


おっさマンさん、よろしくお願いしますね。




[PR]

by mami-2013 | 2016-06-09 17:45 | うらやすガラス工房さん | Comments(6)
2016年 05月 31日

ガラスの猫タン

d0295818_00060662.jpg
 
GWに吉備路へ行った時

国分寺の見える「吉備路もてなしの館」で

パチリ!

うらやすガラス幸房の展示会が

ここでありました。



d0295818_00062845.jpg

ガラスの猫タンを

おまけして貰いました。

妹尾さんありがとうございました。




猫タンの頭とお尻にも「逆さ吉備路」が

うつっていました。



d0295818_00442804.jpg

この日の収穫は先日もアップした

ケチャップを入れた変形ピッチャー(?)と
 
半分だけ後ろに写っているお皿です。


夏が近づくとテーブルにガラスが増えていきます。










[PR]

by mami-2013 | 2016-05-31 01:16 | うらやすガラス工房さん | Comments(2)