タグ:仁淀川 ( 2 ) タグの人気記事

安居渓谷とにこ淵


d0295818_19053184.jpg

安居渓谷を後にし川を下る途中

素敵な吊橋がありました。



d0295818_19065616.jpg

昭和35年にかけられた「余能橋」。



d0295818_19082361.jpg

橋のたもとには狭い場所ながら茶畑。

高知はお茶の産地としても有名で

仁淀町に入ると茶畑がよく見られお土産にも買いました。



d0295818_19105607.jpg

清流に鯉のぼりが 干して

 泳いでいます。



d0295818_19143121.jpg

あざやかな鯉のぼりが新緑に映えます。



d0295818_19163243.jpg

風が吹いて、ちょっとだけ泳いでくれた瞬間。



しばらく車で走り



d0295818_19183178.jpg

再び、いの町に入ります。

ダメもとで来たのは「にこ淵」です。

車道から10分ほど下った場所にあるのですが

急な坂道のようで、時間も6時前になったので



d0295818_19260986.jpg

木々の間から淵に落ちる滝を見られたので

ここでパチリ



d0295818_19421598.jpg

「にこ淵」も太陽が高ければ

仁淀ブルーの滝つぼが見られる場所のひとつです。

美しい娘と大蛇伝説の舞台となった淵。

底の見えない群青色の淵のほうが大蛇伝説には

おあつらえでは?



d0295818_19473841.jpg

最後に大橋ダムで休憩をして

東西に横切る石鎚山系の1700㍍から1800㍍級の山々を貫く

寒風山トンネル(5,432㍍)を抜けたら愛媛県です。

「すげーぇ。大山クラスの山が壁になってんだ~。」

と夫。

「大山は中国地方の最高峰だけど独立峰だか迫力ある~。」



d0295818_15083994.jpg

今回、仁淀川を巡るのに使ったガイドブックです。

市販のガイドブックには仁淀川について

ほとんど載っておらず

現地のホテルや道の駅で調達したものばかりです。



おしまい




2017、私のゴールデンウィーク!
[PR]
by mami-2013 | 2017-06-12 15:12 | + 2017.05.01 仁淀ブルーを求 | Comments(2)

浅尾沈下橋 sanpo

 
d0295818_00070278.jpg
 
R194を離れ仁淀川を遡ると

越知町に入ります。

暫く走ると浅尾沈下橋が見えてきました。

 

d0295818_00113509.jpg

車を停めて橋の上から川を眺めます。
 
水の色もグッと碧みを帯びてきたように思います。

この辺りは人工的な工作物も少なくなってきました。



d0295818_00205718.jpg

もう少し上流に行くと横倉山の麓を流れます。

この山からは日本最古の化石が見つかった太古の地層
 
安徳天皇が壇ノ浦から落ち延びたという

平家伝説が語り継がれている山です。



d0295818_00350990.jpg

次に来ることがあれば

この山も散策してみたいと思います。

 
 
d0295818_00371398.jpg

子供の日を前に

無数の鯉のぼりがはためくお宅がありました。



d0295818_00390540.jpg

越知町を抜けるといよいよ

仁淀町にやってきました。
 
活気のある商店街を抜けたら 

目指す中津渓谷はもうすぐです。







[PR]
by mami-2013 | 2017-05-24 00:43 | + 2017.05.01 仁淀ブルーを求 | Comments(6)