タグ:城 ( 4 ) タグの人気記事


2017年 03月 10日

赤穂城

 
d0295818_11135776.jpg
 
日本の城百選にも入っている赤穂城址です。

先月、赤穂御崎に行った日の写真です。


 
d0295818_11175722.jpg

かつては櫓があったのでしょうか、石垣だけがたたずんでいました。

奥に見える蔵のような建物は赤穂市立歴史博物館です。 

海が近く井戸を掘っても海水が上がってくる城下町では

千草川の上流から上水道を引き水を供給したという

ジオラマ展示が印象に残りました。。



d0295818_11235527.jpg

梅があちこちに咲いていました。


 
d0295818_11180846.jpg

本丸門。赤穂城本丸の表玄関です。
 
明治の廃城後取り壊されましたが平成になり復元されました。



d0295818_11193447.jpg

本丸内は御殿で占められ

御殿の間取りが復元されていました。



d0295818_11232833.jpg
 
天守台から御殿のあった本丸内を見降ろします。

御殿の広さがよくわかります。 

天守台はありましたが天守閣は建築されなかったそうです。



d0295818_11231637.jpg

本丸庭園もよく見えます。

二の丸庭園と共に国の名勝に指定されているそうです。
 


d0295818_11240739.jpg
 
ちょうど、梅が満開でした。

整備中の二の丸庭園が完成したらもう一度来てみたいな。



d0295818_11242016.jpg

三の丸の近くにある大石神社

大願成就の御利益があるとか。 


 
d0295818_11243055.jpg

参道の両脇には四十七士の石像が…。




臥薪嘗胆 幾辛酸

一夜剣光 雪に映じて寒し

四十七士の碑 猶主を護る

凜然冷殺す 妖臣の肝
 

(大塩平八郎)

[PR]

by mami-2013 | 2017-03-10 16:29 | おでかけのこと | Comments(0)
2016年 10月 19日

備中松山城


d0295818_18455291.jpg
 
先日は「真田丸」なんてタイトルをつけていたせいか

予想外に多くのアクセスがありました。

開いてみて「あれ?騙された!」

と思われた方、ごめんなさい。



復元された「五の平櫓」を右手に石段を登り

チケットを買い、中に入ります。




d0295818_18463547.jpg

天守の下を回りこむと奥に二重櫓があります。

南の出入り口は天守に通じていました。



d0295818_18470246.jpg

岩盤の上に石垣が組まれているのがよくわかります。

石段の上には「腕木御門」がちょっとだけ見えます。

門の屋根は木造本瓦葺の立派なものでした。



城の周りには紅い秋冥菊が咲いていましたが

「備中兵乱」などこの城で散った歴代藩主の怨念で

紅い秋冥菊しか咲かないという都市伝説が残っているそうです。



d0295818_18471711.jpg

中に入り珍しかったのがこの囲炉裏。

天守閣の中で囲炉裏を見たのは初めてです。

標高が高いので、冬は火の気が欲しいほど寒かったのでしょうか。



d0295818_18473505.jpg

天守閣の中はどこにカメラを向けても人の顔が入るので

天井や小屋組ばかり撮っていました。



この松山城に播州赤穂藩家老・大石内蔵助が

在藩していたエピソードがありました。

藩主水谷氏の跡継ぎがなく取り潰しとなった後

城受取りに赤穂藩主・浅野内匠守が任命され

その先発隊として内蔵助が松山城に入ったのでした。



その数年後、主君の刃傷沙汰で浅野家も取り潰しとなり

内蔵助は逆に城を引き渡す側に立ちました。

心の内はいかばかりだったのでしょう?



d0295818_18492818.jpg

一段高い場所にある「装束の間」。

城が攻められた時には城主が自害するための

間でもあったそうです。



d0295818_18494431.jpg

「装束の間」からの二重櫓。



d0295818_18500537.jpg

城山を降りたら4時半でした。

駐車場係りの方から

「そんなに長くいて見るところがあった?」

なんて聞かれましたが見どころいっぱいでした。

やっぱり、現存天守が残っていると迫力があります。


シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-19 19:05 | 美味しいもののこと | Comments(0)
2016年 10月 16日

真田丸


備中松山城は大河ドラマ「真田丸」のオープニング用に

撮影されている場所が幾つかあります。

似たような場所を撮ってみました。

 

d0295818_22452352.jpg

大手門の北側の土塀と石垣。
 
オープニングでは、CGで土壁に変っています。



d0295818_22481631.jpg

土塀の下の石垣を支える岩盤。

ここもCGによって水が流れ落ち滝のように見える場所です。 



d0295818_22574933.jpg

本丸下の石垣。

土塀は漆喰塗りからCGにより土壁に。

石垣や苔は現況のままだそうです。

 

d0295818_22415366.jpg

上空からの天守の屋根のシーンもありますが

さすがに撮れないので

離れた展望台から撮ってみましたが

離れすぎ~!












[PR]

by mami-2013 | 2016-10-16 23:22 | Comments(8)
2016年 10月 11日

備中松山城登山

 
d0295818_11313049.jpg
 
日本三大「山城」のひとつ、備中松山城へハイキングしました。

他にも、日本三大「天空の城」とも呼ばれるとか。



d0295818_11350651.jpg
 
駐車場に車を置き「ふいご峠」を目指し

アスファルト舗装をされた山道を登ってゆきます。
 


バスも通っていますが、昨日は観光客の大行列で

並ぶのが嫌いな夫は30分くらいなら…。

と、歩き始めたのです。



d0295818_11370689.jpg

ふいご峠に到着。

人が並んでいるのは、駐車場とこの峠とを結ぶ

バスを待っている人たち。 

バスなら5分で到着です。
 

 
d0295818_11423746.jpg

臥牛山の地図。
 
ここから小松山城めざして登ります。

「備中松山城」というのは小松山城を中心にした

近世城郭を指すようです。



d0295818_22261648.jpg

ここからは地道になり、登山気分が出てきます。

平成の修理後にも登りましたが

その時よりも多くの人で賑わっています。 


 
d0295818_22311095.jpg

駐車場のある城見橋を見降ろします。

昨日は満車で路上にまで停めています。

連休のせいか、ほとんどの車が関西や広島ナンバーで

「ここは本当に岡山?」 という感じでした。 Σ(・・ノ)ノ!

 


d0295818_22392489.jpg
 
山道を15分も登ると立派な石垣が見えてきます。

上太鼓丸跡です。



d0295818_22543020.jpg

上に登ると高梁市内が見降ろせます。

ここに櫓が残っていれば城下からも見えて

城山の風情があるんだけどなぁ…。 


 
d0295818_23005848.jpg

大手門跡が見えてきました。



d0295818_23033920.jpg

大手門跡を入ると後ろにそそり立つ巨岩と

その上の厩曲輪石垣が威圧的で圧巻です。

ここは、今年の大河ドラマ「真田丸」の

オープニングにも使われています。



d0295818_23564587.jpg

厩曲輪など風雪に耐えた土塀の一部は

国指定重要文化財です。



d0295818_23134826.jpg

やっと二の丸跡に到着。

写真を撮りながらチンタラ登ってきたので

ここまで40分もかかっていました。 ((+_+))



d0295818_23314728.jpg

ここまで来たら天守を拝むことができます。

現存天守の中では随一の高さを誇るとか!

一層目の唐破風の出窓が印象的です。




d0295818_23365459.jpg

お城を散策する前に

ここ、二の丸跡でお弁当です。🍙

登ってきた後のお弁当は最高!







シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-11 23:44 | アウトドア | Comments(6)