タグ:料理 ( 69 ) タグの人気記事


2017年 03月 01日

桃の節句のテーブルコーディネート

 
弥生三月はお雛さま。 

先月のテーブルコーディネートのレッスンの様子です。



d0295818_11513883.jpg

このテーブルはご結婚されたばかりの 

若いお嬢さんのテーブルです。

 


珊瑚色のクロスに赤緋色をアクセントにした

明るく可愛らしいテーブルでした。

 

d0295818_12033470.jpg

ryoukoちゃんのテーブルは葡萄色のクロスに 

花弁模様の薄桜のランナー。



d0295818_12034778.jpg

この着物を着たワインボトルがあると

いっそう華やかなテーブルでした。


 
 
d0295818_12035479.jpg

多彩な色を使っているのに

濃いクロスのせいか華やかだけどグッと締まって見えます。



d0295818_12032625.jpg

こちらはよく、ご一緒になるIさん。
 
いつもは、シックで落ち着いたイメージで作られるのですが

この日は珍しくカジュアルな

イエローとグリーンで新緑を感じるテーブルでした。

カジュアルでも多色使いにしないのがIさんらしいなぁ

と、感じました



d0295818_12040524.jpg

最後は私のテーブルです。

昨年は和食器ばかりのテーブルだったので

久しぶりに洋風のテーブルにしてみました。
 
 

ちょっとシンプルだったかな?

クロスは散々迷って

桃花色をちょっと濃くした色をチョイス。

なるべく家でも再現できるように

私も持っている折敷を使い
 
ガラスの食器をメインに使ってみました。

 

d0295818_12044971.jpg

レッスンの後はお楽しみのランチです。

お膳の上に並べるといっそう華やかです。



d0295818_12050643.jpg

ランチのメニューは

三色丼と湯葉と花麩のお吸い物

鯵のエスカベッシュなどでした。♫



d0295818_12051933.jpg

デザートは各自好みのカップでいただきました。

この日は娘さんがご結婚されたばかりのIさんや

ブライダルのお仕事もされている先生

結婚はされたけどお式はこれからの方とで

最近のブライダル事情の話題で盛り上がりました。






[PR]

by mami-2013 | 2017-03-01 23:15 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(0)
2017年 02月 10日

失敗のプチフランスパンをなんとかする

 
d0295818_17513478.jpg
 
休みの日、久しぶりにフランスパンを焼こうと

成形してオーブンに入れた途端

塩も砂糖も入れていなかったことに気がつきました。






焼き上がったら香ばしい小麦の香りはするものの

ほおばっても、味も素っ気もない。

ジャムをつければ甘くなって

美味しいかも…と思ったけれど

味のないパンと甘~いジャムがそれぞれに
 
口の中で喧嘩しているみたい。 



はっきり言って、まずいのです。

形も歪で丸くないし。







パンの中まで味が染み込めばいいんだ!

と、一晩寝かしました。



d0295818_18021711.jpg
 
フレンチトーストになりました。

パンの中まで卵液が染み込んで


 

あ、美味しい!









[PR]

by mami-2013 | 2017-02-10 18:14 | 日々の暮らし | Comments(2)
2017年 02月 02日

寒い日の豚の角煮と野菜のかき玉汁

d0295818_15304220.jpg

2月になりましたね。

温暖な瀬戸内地方でも外に出たくないほど

底冷えのする日があります。

そんな日は家にこもり仕事をしながら

コトコトとお肉の煮込み料理を作ります。



d0295818_15320530.jpg

豚の角煮とかき玉汁です。

10年前に買った料理本に出ていたメニューですが

だんだん我が家流に変化してきました。

豚のゆで汁でスープも作れる一石二鳥のお料理です。




本来のレシピは八丁味噌を使いますが

普段は使うことがないので

御前味噌を使い、そのぶん砂糖を少なめにしています。



ほろほろに柔らかくなったお肉は

箸で簡単に割くことができます。



材 料

豚バラ塊肉 500㌘
ねぎ青い部分 1本
しょうがの薄切り 4枚

砂糖 50㌘
酒 50㏄
しょうゆ 大さじ1
味噌 40㌘



  1. 豚肉を適当な大きさに切り、たこ糸で一切れずつ十字に結ぶ。

  2. フライパンを火にかけ豚肉を入れ、中火で5分ほど返しながらこんがりと焼き付け、余分な油を出す。

  3. 鍋にねぎ、しょうが、豚肉を入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかける。煮立ったら弱火にして40分間ほどゆでる。

  4. 鍋から肉を引き上げ、水にさらして洗い、水気を拭く。



    d0295818_15345334.jpg

  5. この時のゆで汁から、ねぎとしょうがを取り出し、かつおの削り節を3㌘投入し煮立て、すぐ火を止め5分おく。



    d0295818_15370278.jpg

  6. ざるにペーパータオルなどを敷き、ボールに流し入れて濾すと油分のない透き通っただし汁の出来上がり。
    (冷蔵庫で3日ほど保存可能)

  7. 肉は鍋に入れ砂糖、酒、しょうゆ、かぶるくらいの水を入れ、水を足しながら2時間半煮込む。竹串で刺して柔らかくなっていたら煮汁を少量取り、その煮汁で味噌を溶かして鍋に戻しいれ、沸騰ささない程度の火で30分煮てできあがり。

  8. だし汁を火にかけ塩と淡口醤油で味を整え、季節の野菜やきのこを投入し、溶きほぐした卵を細く流しいれ、ふんわりしたら火を止める。



    これ、冬野菜たっぷりのとん汁にしても美味しいです!

    豚ばかりのメニューになってしまいますが。



    d0295818_15373909.jpg

    できあがった豚の角煮は冷めるとこんな風に脂が固まります。

    これをラードとして野菜炒めなどに使います。

    脂の甘みとコクで美味しいのですが

    脂ギトギトで身体に悪そう?



    料理本にも載っていない、こんな使い方

    わが家だけかな~?





[PR]

by mami-2013 | 2017-02-02 15:49 | レシピ | Comments(4)
2017年 01月 31日

苺ジャムのロールケーキ

 
d0295818_22401242.jpg
 
アーモンドバターのロールケーキを焼いた時、夫から

「もっと、フワフワで分厚いスポンジが焼けんのか?」

と、言われたことをブログに書いたら

アリスさん、hokoさん、happypoppoさんの御三方から

貴重なアドバイスをいただきました。




 
卵白を泡立てて串を立ててみたり

泡立て機を高速から低速に落とし暫く泡立てたり 

やっとこさ厚みのあるフワフワしっとりの

ロールケーキが焼けるようになりました。

👏(パチパチ)
 
 
本当にありがとうございました。



d0295818_23154387.jpg

苺のジャムが沢山あったので

苺ジャムのロールケーキを焼いてみました。


苺ジャムはとっても甘いから

酸味のある苺をスライスして

生クリームと一緒に巻いても美味しかったかな?
 
これからも色々なロールケーキを作ってみます。
 


d0295818_23173120.jpg

青いヒヤシンスも咲きました。

奥の白いヒヤシンスは終わりかけていますが
 
下の葉っぱの内側には蕾がいっぱいあります。

まだ成長過程の途中かな?



ベランダの鉢に昨年咲いたヒヤシンスの球根を

埋めていたら小さな芽が出ていました。Σ(・0・ノ)ノ!
 
昨年咲いた後、土に植えれば運がよければ

春にも咲くと聞いていたので埋めてみたものです。



寒い中、無事に育つのかな?
 
見守っていきたいと思います。(#^^#)




 

 



[PR]

by mami-2013 | 2017-01-31 11:00 | レシピ | Comments(12)
2017年 01月 11日

鏡開きのお善哉


d0295818_22051515.jpg

今日は鏡開きです。

今年は鏡餅をお供えしませんでしたが

お善哉だけは食べたくて作ってみました。
 


普段は粒あんを買ってきて作るのですが
 
お正月のお赤飯を作った残りの小豆があったので

餡から作ってみました。



お餅はいただき物の切り餅です。

普段は丸餅しか食べないので珍しいです。



d0295818_22162658.jpg

炊飯器で餡が簡単にできると聞いていたので
 
作ってみましたがブログで皆さんが書いているほど

超簡単ではありませんでした。💦 



わが家の炊飯器は1992年製

20世紀末の代物ということを忘れていました。

2回炊飯では均等に柔らかくならず

結局、最後は鍋の中でぐつぐつ煮たのでした。

次回はお赤飯と同じように

前日から小豆を水に浸しておきましょう。



備忘録

 小豆170㌘ 水800㏄(1回目) 水800㏄(2回目) 砂糖100㌘ 塩1㌘



d0295818_09334717.jpg

今年もヒヤシンスが咲きました。

うらやすガラスのグラスもわが家に馴染み

いろんなシーンで使っています。




☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・

2017年初詣 石上布都魂神社 の記事が
ウーマンエキサイトの「さんぽ」に選ばれました。
編集部のみなさま、ありがとうございます。
パワースポットのお陰かな。

 ☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・



[PR]

by mami-2013 | 2017-01-11 22:29 | お正月のこと | Comments(4)
2017年 01月 08日

2017年のおせち料理

d0295818_22051489.jpg

お正月のおせち料理、これさえ作っておけば

お雑煮は夫が作ってくれるので楽チンできます。



d0295818_22063010.jpg

夫が詰めてくれたので

祝い肴が一の重と二の重に分散していました。💦

・ 栗きんとん

・ナッツのごまめ

・ 八幡巻

・ 海老の塩麹焼き



ごまめは夫が魚臭いと言って食べないので

大好きなナッツで芳ばしくしたけどやっぱり食べません。

(そのくせ、サバは魚臭くないといって好みます。)

(?_?)

三の重に入る海老の塩麹焼きも一緒に入っていました。



d0295818_22111758.jpg

二の重です。

・ 黒豆

・ 鶏の八幡巻

・ 松風焼き

・ テリーヌ

以前は菊花かぶや酢ごぼうなども作っていましたが

夫は酢の物が嫌いで年々減っていき

気がつけば、ひとつも作らなくなっていました。



このお重には夫の好物の昆布巻きが入る予定でしたが

早めの29日に作ったせいで

「お正月までに傷んだらもったいない。」と昆布巻きに目のない夫は

冷蔵庫を開けるたび口の中へポイ!…大晦日には空っぽでした。

Σ(・o・ノ)ノ!



d0295818_22134772.jpg

三の重は本来、焼き物ですが

二の重にあるべき蒲鉾と卵焼きがぎっしり!

夫の大好物ばかりを集めたお重のようで

小学生のように抱え込むように食べていました。



d0295818_22155055.jpg

与の重は筑前煮です。

炊飯器で作ると簡単と聞いたので使ってみましたが

椎茸が小さくなりました。

火の通り具合が違うものは別にしたほうが良かったみたい。



でも、炊飯器で調理すると筑前煮の材料だけでなく

薩摩芋や鶏の八幡巻なども一緒に入れておくと一緒に蒸しあがり

大晦日の調理時間は4時間ほどで全て終わりました。

新婚の頃は紅白が始まっても

作り終えなかったのがウソのよう!







More
[PR]

by mami-2013 | 2017-01-08 23:11 | お正月のこと | Comments(12)
2016年 12月 30日

一足早くお正月の雰囲気で

 
d0295818_01342107.jpg
 
お正月飾りのレッスンに行った時

レッスンの前にランチをいただきました。



おせち料理ではないけど、一足早い

お正月を意識したお料理と

テーブルコーディネートです。 



d0295818_01370773.jpg
 
ゴールドのお皿を折敷にしただけで

とっても華やかです。



d0295818_01390626.jpg

カクテルグラスに入ったアミューズ

サーモンとイクラのタルタル

とってもお洒落だったので

わが家でも真似しちゃおうっと!



d0295818_23122210.jpg
そして、今夜お正月のアレンジを作りました。

もちろん、マユール先生にお世話になりました。

今年の菊は八重咲きの向日葵のような

ビタミンカラー!

家族揃って来年も
<br>こんな元気な気分で過ごしたいです。




マユール先生のブログです。



フラワー編




テーブルコーディネート編




女子会編










[PR]

by mami-2013 | 2016-12-30 00:02 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(8)
2016年 12月 25日

Silent night

 
クリスマスの夜いかがお過ごしでしょうか?

🎄



d0295818_22024147.jpg
 
今年のChristmasは出かけようと

言っていたのに

結局、今年もおうちごはんでした。

 

d0295818_20502749.jpg

今年はパエリアも復活です。
 
最後の1分でお焦げができてしまいましたが

「美味しい。」と言ってくれたのでまぁいいか。



他はラタトゥイユにローストチキン

クラムチャウダー。 
 
(あ、写真がないものもある。)





d0295818_22162980.jpg


おまけで父からの名古屋土産の

名古屋コーチンの手羽。

写真では影になって黒い物体です。
 
(+_+)

 

夫が

「たまには市販のローストチキンが食べたい。」

と言うので買ってみたけれど

「不味い…。」と悲しそうに一言。

  


アドベントクランツがないと
 
テーブルが寂しげでした。

来年は絶対にnestさんに発注しよう。

 


昨年のテーブルです。







 
 


[PR]

by mami-2013 | 2016-12-25 22:49 | クリスマスのこと | Comments(4)
2016年 12月 18日

シュトレーンとマユール先生のお茶会


d0295818_23115439.jpg

先週、シュトレーンを焼き上げました。

12月も半ばにならないと、その気になりません。

来週はもうクリスマスです。(早っ!)



d0295818_23223888.jpg

初めて作った時はレシピ通りに、発酵を4回させ

半日がかりで作りましたが

最近は3時間ほどで作るようになりました。

中のフルーツも梅シロップに使った甘~い

梅を混ぜたりとオリジナル色が強くなってきました。



d0295818_23270682.jpg

今月のマユール先生のレッスンでも

クリスマスカラーのテーブルでお茶をしました。



d0295818_23293138.jpg

この日の飲み物はフルーツティー。

紅茶の中でもいちばん好きな頂きかたです。





家でもドライフルーツを使って作りますが

生のフルーツです。



d0295818_23383049.jpg

大きなポットに紅茶をたっぷり作って

冷めないようキャンドルウォーマーで

温めながら頂くのは

いつもより贅沢な時間を過ごしているようです。

二杯目は特にフルーツの香りが紅茶にうつり

うっとりするような香りでした。



こんなティーセットが欲しいなぁ と

物欲もフツフツと沸いてくるのでした。

( *´艸`)



お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!

[PR]

by mami-2013 | 2016-12-18 23:50 | クリスマスのこと | Comments(6)
2016年 11月 16日

アーモンドバターのロールケーキ

 
d0295818_23304478.jpg
 
使い残していたアーモンドを使って

アーモンドバターを作ってみました。

市販のものよりも香ばしかったので

またロールケーキにしてみました。 



今回の巻きはアップを躊躇するほど

ひどすぎましが…。 

((+_+))



アーモンドバターは冷蔵庫で保管すると

固くなって均一に伸ばせなかったので 

塗る前に温めて柔らかくすればよかったと反省。
 



アーモンドバターの作り方は

大好きなブログmimosaの

hokoさんのレシピを参考にさせていただきました。

写真も美しく、美味しそうなパンやお菓子が満載です。


 
私はローストしたアーモンドを使ったので

とっても簡単でした。




 
d0295818_00074880.jpg

あと、夫に言わせれば

「もっとスポンジがフワフワした
分厚いロールケーキが焼けんのか?」

と言うのですが

卵の泡立て方かな?

どなたかご存知の方がいらしたら
 
お知恵をおかしください。

<(_ _)>










[PR]

by mami-2013 | 2016-11-16 00:13 | レシピ | Comments(6)