タグ:植物 ( 223 ) タグの人気記事

芍薬のアレンジメント

 
d0295818_21552050.jpg
マユール先生のサロンで

芍薬を使ったアレンジメントを教えていただきました。

芍薬は大好きな花のひとつで

毎年この時期には欠かせない花です。
 


d0295818_21575956.jpg

マスフラワーの芍薬は 

右のピンクが「滝の粧」

左の白色が「サラベルナール」

ブルーのレースフラワーは「ハッピーレディ」

アウトラインを紅く彩っているのが

デンファレの仲間の「レナンセラレッド」 
 
二ゲラの実とコウヨウボクで

ボリュームを出しています。



d0295818_22073553.jpg

わが家に連れて帰ってパチリ。

逆光の窓辺で白とびしていましたが

この色の取り合わせがとっても素敵です。
 


d0295818_22105622.jpg

サラ・ベルナールとはフランスの女優さんの

名前からつけられたとか。

甘い香りがして八重咲きでエレガントです。

 

d0295818_22360744.jpg

滝の装い

小野小町の百夜通いのお相手

深草少将が手にした芍薬はこんな芍薬だったのかな?



華やかな芍薬も散るのはあっという間ですね。






 
 花の色は 移りにけりな いたづらに

 我が身世にふる ながめせし間に


小野小町




[PR]
by mami-2013 | 2017-05-21 22:59 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(4)

圧倒的桜。2017


今年も色々な場所の桜を見に行きましたが

いちばん印象に残った桜です。



d0295818_01454471.jpg

津山市の作楽神社で「たかのり祭り」で出会った桜たち。

作楽神社というのは古の院庄館の跡に建っています。

院庄館というのは

鎌倉から室町時代にかけての美作守護所の居館です。



d0295818_01502396.jpg

今は後醍醐天皇を正祀とし児島高徳を配祀として

作楽神社が建っています。



d0295818_01562607.jpg

児島高徳の像。「太平記」によると

児島高徳は鎌倉幕府によって隠岐の国に流される

後醍醐天皇を奪還しようと計画しますが失敗し

軍勢は雲散霧消してしまいます。

高徳はひとりで院庄の天皇の行在所にやってきますが

警備が段違いに厳しく断念します。



d0295818_14020452.jpg

その時、桜の幹を削り

そこに自分の気持ちを漢詩にしてしたためます。


天勾践を空しゅうする莫れ

時に范蠡は無きにしも非ず



「天は春秋時代の越王・勾践に対するように
決して帝をお見捨てにはなりません。
きっと范蠡の如き忠臣が現れ
必ずや帝をお助けする事でしょう」

と、天皇を勇気付けたといいます。



d0295818_14264637.jpg


今、十字の桜の跡には、この石碑が建っています。



d0295818_14284185.jpg

ここに咲く桜は特別に大きな一本桜でもなく

群れて華やかに咲くソメイヨシノでもありません。

昔からこの地に咲く山桜の一種だと思いますが

そんな昔語りを思いながらめぐると

この桜も心に残る桜のひとつとなりました。




d0295818_14323735.jpg

境内には舞台が作られ

「児島高徳」の奉納舞いが行われていました。

 
 
d0295818_14351378.jpg

その後、南朝の忠臣として讃えられ

英雄のひとりとなったそうです。 
 


d0295818_14413978.jpg







 

[PR]
by mami-2013 | 2017-05-20 00:06 | お花見のこと | Comments(11)

セツブンソウの次に咲くスプリング・エフェメラル

 
あっという間に5月になりました。

GWは高知に来ていますが

4月に載せそびれた写真を。


 
d0295818_01134710.jpg

2月、セツブンソウが咲いていた場所にやってきました。

イチリンソウがいっぱい! 



d0295818_01162985.jpg

4月の初めに来た時は

まだ、咲いていなかったのに。
 


d0295818_01193199.jpg

ニリンソウも群れていました!



d0295818_01210206.jpg

写真では区別がつきにくかったけど

イチリンソウよりも一回り小さくて可憐です。

 

d0295818_01240011.jpg

ヤマルリソウも咲いていました。

もう少し赤みを帯びた花びらだったはず。
 


d0295818_01292030.jpg

よ~く、見ていると

セツブンソウの種?実?



d0295818_01325391.jpg

これは何の花かな?



d0295818_01350327.jpg

カンワラビ


 
d0295818_01364279.jpg

ゼンマイ
 


d0295818_01375552.jpg

スミレ

ちょっと暖かくなっただけで

スプリング・エフェメラル以外の植物も

たくさん咲いていました。

 

d0295818_01423746.jpg

山野草は知らない事ばかり。

名前だけでも覚えたいな。 



[PR]
by mami-2013 | 2017-05-04 01:48 | 植物 | Comments(4)

八重桜の散歩道


d0295818_13261499.jpg

今年も八重桜の美しい桜川にやってきました。

桜川は旭川の支流になります。

ここの八重桜が好きなのは

数種類の八重桜をここ一箇所で愉しめる事です。



d0295818_13262222.jpg

淡いピンクの八重桜。



d0295818_13263378.jpg

黄色にうっすら紅の入った鬱金桜。

徐々に中心の紅色が広がっていく珍しい桜。

見るたびに違った表情が楽しめます。



d0295818_13264093.jpg

対岸側から見た八重桜。

葉桜や散り急ぐ桜もあり

色のグラデーションが楽しめます。


d0295818_13264707.jpg

ひと筋北の田地子川にやってきました。

ここにも色々な桜が咲いています。



d0295818_13270129.jpg

遠めでは葉桜にしか見えない緑の御衣黄。

花びらが反り返っているのが特徴的で

鬱金桜と同じように中心から赤みがかってくる桜です。

今は地味で目立たないけど健気に咲いています。



d0295818_13265413.jpg

ほとんど散ってしまった桜。

とても小さな一重の桜。

満開のところを見たかったなぁ。



d0295818_13270736.jpg

ひと足先に咲いたサクランボの木。

すでに小さな実がつき始めていました。

昨年夫が、たわわに実ったこの木の下で

津山線の撮影をしていたら

近所のおばちゃんがやって来て

「サクランボ、採って食べてもいいよ。」と

話しかけて下さったとか。



d0295818_13271374.jpg

この桜も可愛い~。半開きの小さな八重桜。

何ていう種類なのかな?



d0295818_13272035.jpg

八重桜ばかり見ていたら

桜の花が、あるものに見えてきました。



車に戻ってあるものを取り出します。


d0295818_13272755.jpg

夫に撮ってもらいました。

ね!

そっくりでしょ。



今更ながら桜餅とは八重桜のことかと

悟りました。






[PR]
by mami-2013 | 2017-04-27 22:40 | お花見のこと | Comments(2)

お写んぽ早春の御津

 
d0295818_17011103.jpg

昨年から御津町でお稽古をするようになり

地元の方々とお話しすることが増えました



お天気の良かった先週末

カメラを持ってブラブラとしてみました。

田んぼに目を向けるとヤギさんが

草を食んでいます。



d0295818_16490608.jpg
 
御津はのどかな山あいの町で

梅の花がいたるところに咲いています。



ここはスプリング・エフェメラルのひとつ

カタクリの花が咲くと聞いてやって来ましたが

ちょっと早かったみたい。
 


d0295818_17053558.jpg

で、前回咲き始めだったセツブンソウの群生地に行くと 

満開でした~。



d0295818_17045769.jpg

北側の斜面で明るい方に向いて

けなげに咲いています。
 


d0295818_17073468.jpg
 
平地になった日の当たる場所にもたくさん咲いています。



車を停めた近くで仕事をしていた人の話しでは

例年では終わり頃なのに今年は雪が多く寒かったので

今が見頃とのことでした。


 
d0295818_17122758.jpg
 
南の方の山へ車を走らせ松田牧場へ。♪

ここでのお目当ては



d0295818_17145737.jpg

ミルク工房のジェラートです。

12種類ほどのフレーバーの中から迷いに迷って

ミルクとロイヤルミルクティをチョイス。

コーンカップに入れてもらって420円でした。


 
トリプルでも60円アップするだけだったから

トリプルでも良かったかなぁ。



d0295818_17263848.jpg

夕日が西に沈む頃

夕日の左側に虹のような瑞雲のような光を見つけました。
 
次の日の新聞で「幻日(げんじつ)」と呼ばれる現象が

この日、見られたと載っていました。


幻日とは、太陽の左右、もしくは片側に

強い光が見える現象のことだそうです。



d0295818_17375127.jpg
 
場所を移動し、望遠レンズに変えて。

この時、太陽は山影に隠れて見えなかったのですが

新聞で見ると右側の光の方がはっきりと映り

「もうひとつの太陽」のようでした。

太陽も含め両方の幻日が見られなかったのは残念!。





桃の節句のマユール先生のサロンでの

ブログがアップされていました。ご覧になってください。



インテリア編



フラワー編



テーブルコーディネート編



ひな祭り女子会編







[PR]
by mami-2013 | 2017-03-18 17:54 | おでかけのこと | Comments(4)

春のボックスフラワー

 
d0295818_15523748.jpg
 
こちらはまだですが

春一番が吹いたところもあるようですね。♪

春は一歩ずつちかづいているようです。



16日にマユール先生のサロンで

テーブルコーディネートのレッスンがあり 

その時に作ったテーブルフラワーです。 



d0295818_15565108.jpg

ズラーッと並んだ春の花
 


d0295818_15593986.jpg

明るい窓辺に移動して

エンゼルブルクという優しい色のチューリップとぜんまい。

スカビオーサはディープパープルとブラックナイトの2種。

ラベンダーのスイートピーとブプレリウムで華やかに。


 
d0295818_16072272.jpg
k


次の日の朝、写真を撮ろうと思ったら


ニョキッ!
 

チューリップが伸びています。

「チューリップはどんどん伸びるから切り詰めてね。」

といわれた先生の言葉が頭をよぎりました。

一日でゼンマイを追い越していて

思った以上の成長にビックリです。Σ(・o・ノ)ノ!



d0295818_16035300.jpg

そして今朝

内側に向いていたチューリップがそっぽを向いていました。

方向まで変わってしまうなんて!

日々、ちょっとずつ変化していって楽しいです。



d0295818_16115554.jpg
  
ボックスにラベンダー色の薄い布を巻き

内向きに直します。

明日の朝には、また好きな方へ向いているのかな? 
 







[PR]
by mami-2013 | 2017-02-19 00:13 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(6)

御袖天満宮


d0295818_17544870.jpg

梅の便りが聞かれる頃となりました。

なかなか、出かけることができないので

昨年2月に訪れた、尾道の御袖天満宮の写真をちょっと。



d0295818_17550617.jpg

天神さまをお祀りしているだけに

石段の両脇には梅の木がぽつぽつと。



d0295818_17562538.jpg

あまたの天神さまと違うのは実際に菅原道真が

この地を訪れていることでしょう。



d0295818_17561002.jpg

大宰府に赴かれる途中、この地の里人が

麦飯と醸酒を差し入れしたところ、道真はとても喜び

自らの衣を裁って、お姿を描き与えたという逸話が

「御袖天満宮」の名の由来となっているようです。



d0295818_17575671.jpg

この一段だけ石の継ぎ目がありますが

他の段は一枚ものの石が使われています。

巾は約5㍍です。



この石段、ご存知の方も多いと思います。

尾道が舞台になった「転校生」のシーンに使われていました。



d0295818_17583125.jpg

今の季節は受験生の姿が目立っていることでしょう。

多くの絵馬がさがっていました。



d0295818_17592390.jpg

お隣の天神坊(大山寺)も道真と

深いつながりがあるそうで梅が多く咲いていました。



d0295818_17595370.jpg

明日からまたまた、寒さが厳しくなるといいます。

ご自愛ください。








[PR]
by mami-2013 | 2017-02-08 18:03 | 広島の旅 | Comments(3)

迎春(おうばい)

 
d0295818_23114932.jpg
 
今日は立春です。

日中は暖かく建国記念の式典のための

舞台稽古をしていたら冷房が欲しいくらいの陽気でした。

 
スーパーでは根っこのついたパクチーを売っています。

陽気のせいか残ったパクチーを

グラスに活けていると新芽が出てきました。




暦の本を読んでいたら二十四節気の小寒から穀雨までを

5日間ごとに分け

それぞれに吹く風が春を呼ぶとして、花の名を配した

「二十四番花信風」というものがある事を知りました。
 
「花信」とは"花が咲いたという知らせ"

という意味だそうです。

 
一風ごとにその季節の花の名をつけ

春の花がひとつ咲いたこと

知らせてくれる「二十四番花信風」。

春を待ちわびる気持ちが

風ともに香る花に込められているようです。



立春の今日の風は「迎春」。おうばいと読みます。
 
黄梅のことですが、黄色い梅といえば

蝋梅くらいしか思いつかないのでググッてみたら

黄梅は梅ではなく、ジャスミンの仲間とか!

それも、香りはほとんどが無いとのこと。Σ(・。・ノ)ノ!

💔



風とともに香りも届くと解したけれど
 
季節の花の名前を風につけただけ???

 

でも、暦のことは知らないことがまだまだ多く

知るたびに、先人たちが暦に対しての思入れが

いかに強かったかがうかがわれます。











[PR]
by mami-2013 | 2017-02-05 01:15 | 行事・暦のこと | Comments(2)

苺ジャムのロールケーキ

 
d0295818_22401242.jpg
 
アーモンドバターのロールケーキを焼いた時、夫から

「もっと、フワフワで分厚いスポンジが焼けんのか?」

と、言われたことをブログに書いたら

アリスさん、hokoさん、happypoppoさんの御三方から

貴重なアドバイスをいただきました。

053.gif


 
卵白を泡立てて串を立ててみたり

泡立て機を高速から低速に落とし暫く泡立てたり 

やっとこさ厚みのあるフワフワしっとりの

ロールケーキが焼けるようになりました。

👏(パチパチ)
 
 
本当にありがとうございました。



d0295818_23154387.jpg

苺のジャムが沢山あったので

苺ジャムのロールケーキを焼いてみました。


苺ジャムはとっても甘いから

酸味のある苺をスライスして

生クリームと一緒に巻いても美味しかったかな?
 
これからも色々なロールケーキを作ってみます。
 


d0295818_23173120.jpg

青いヒヤシンスも咲きました。

奥の白いヒヤシンスは終わりかけていますが
 
下の葉っぱの内側には蕾がいっぱいあります。

まだ成長過程の途中かな?



ベランダの鉢に昨年咲いたヒヤシンスの球根を

埋めていたら小さな芽が出ていました。Σ(・0・ノ)ノ!
 
昨年咲いた後、土に植えれば運がよければ

春にも咲くと聞いていたので埋めてみたものです。



寒い中、無事に育つのかな?
 
見守っていきたいと思います。(#^^#)




 

 



[PR]
by mami-2013 | 2017-01-31 11:00 | レシピ | Comments(12)

マユール先生のお正月インテリア

 
d0295818_01281548.jpg
 
お正月飾りのレッスンに行った時の

マユール先生のお宅のインテリアを撮影させていただきました。




ドアを開くと

リズミカルな青もじに松や菊が出迎えてくれました。


 
d0295818_01373155.jpg

特にこの菊の色合いが気に入りました。

初めて見ましたが新種かな?


 
d0295818_01403502.jpg

フレームに松を飾ってあります。
 
こんな、あしらい方も斬新でした。



d0295818_01455864.jpg

ニッチは2段トレイと鳥の置物です。

シュロをカットして扇に見立てているようです。

先生のこういう発想が凄いと思います。 


 
d0295818_01515362.jpg

リビングのお花は漆塗りの器と湯筒で

いっそう華やかでした。



d0295818_01560529.jpg

バリ島の伝統的な絵画にお花を添えて

アジアのお正月の雰囲気を

醸し出しているコーナーでした。
 


干支のこういう飾り付け方もあるんですね。

勉強になりました。
 


 

[PR]
by mami-2013 | 2016-12-29 00:26 | マユ-ル先生のレッスン | Comments(0)