タグ:津山市 ( 7 ) タグの人気記事


2017年 03月 06日

2017津山城下町雛めぐり

 
d0295818_15421601.jpg
 
津山の商店街で開催された雛めぐりに行ってきました。

このあたりを歩いたのは10年ぶりくらいです。

商店街の一角にある会場ではコンサートが始まるときで

ちょっとのぞいてみました。 



d0295818_15454474.jpg
 
入った途端に目に入るのは吊し雛。

下からのぞくと面白いアングルになりました。



d0295818_15475547.jpg

ポスターにも使われていた明治初期のお人形。

大切に子から孫へと受け継がれているようでした。
 


d0295818_15502692.jpg

奥へ奥へとお雛さまが舞台を取り囲んでいます。

いろんな時代のお雛さまが勢揃いしていました。



d0295818_15515388.jpg
 
これは昭和初期のお雛さま。

津山は戦災に遭っていないから古いお雛さまが 

多く残っているようでした。



d0295818_15532194.jpg

私がいちばん魅せられた幕末のお雛さま。

お内裏さまの衣装はボロボロほつれていたけれど
 
落ち着いた色合いで派手さのない十二単だけど

今でもじゅうぶん美しい品のあるお顔。



d0295818_15582858.jpg

同じ方が作られた神功皇后のお人形。

特に手の込んだ草摺(くさずり)や胴の刺繍が細やかでした。 


 
d0295818_16061039.jpg

貝あわせなど、ひな祭りにちなんだ
 
遊びの道具も展示してありました。

これらが一般のお宅に先祖代々伝わっているというのが

凄いですよね~。









[PR]

by mami-2013 | 2017-03-06 16:12 | おでかけのこと | Comments(0)
2016年 11月 17日

みまさかスローライフ 2016秋

 
d0295818_17254837.jpg
 
「CIELO 」で食事をした後、夫が

「ここまで来たら因美線を撮りたい。」というので

沿線沿いにやってきたら三脚を立てたカメラマンがちらほら。

 

d0295818_17325581.jpg


「しまった、今日はスローライフ列車が走るんだ。」

静かにシャッターを切るのが好きな夫は憂鬱そう。 

知和駅付近で普通列車を撮っています。



d0295818_17360366.jpg

知和駅は旧加茂町の山間の小さな無人駅です。

昔ながらの建物の中に入ってみると

時が止まっているみたい。



d0295818_17392625.jpg

執務室に黒電話がぽつん。

前日、高倉健の「鉄道員」を見たので
 
イメージが重なりました。 



d0295818_17411971.jpg

ちょっと涙腺が…。



いっぽう、お祭り列車が好き私は

スローライフ列車が15分間ほど停まるという

駅に車を走らせます。



d0295818_17315799.jpg

夫と別れて、美作加茂駅前に着いたら

「今日は秋祭り?」という賑やかさ。



露店が立ち並び、キテレツな鳥(?)の形

をした舞台の上で列車を待って「餅投げ」をしたり



d0295818_17494802.jpg
   
列車がホームに滑り込んできました。



d0295818_17524138.jpg

3両の車両は満席で

ほとんどの人が降りていきます。 

駅は盆と正月が一度にやって来たような賑わいです。

きっとねっ❣️(-_^*)



d0295818_17552572.jpg

先頭車両は新車だそうです。

新しく色を塗り替えたそうです。(←夫からの指摘)



スローライフ列車のためだけに塗り変えられたのかな?

発車時刻になると町の人たちがホームに流れ込んできて

お見送りをしていました。



d0295818_17591424.jpg

列車が駅を離れると

駅前の露店はすぐさま撤収です。



さながら、スローライフ列車は寄港地によって航海する

豪華客船のようでした。



d0295818_18064205.jpg

帰り道の途中、美作滝尾駅の近くの鉄橋では

夫が写真を撮っています。



d0295818_18092348.jpg

以前にもアップしましたが

美作滝尾駅は県内でも好きな駅のひとつです。



d0295818_18085087.jpg

夜の駅の雰囲気も好きです。

知和駅ともよく似ています。



d0295818_18131536.jpg

山田洋次監督が寅さんによく似合う駅として
 
この駅に惚れ込みロケ地に決定したと聞きましたが
 
わかる気がします。



 
00000010_13281537.png


[PR]

by mami-2013 | 2016-11-17 18:19 | おでかけのこと | Comments(2)
2016年 11月 14日

Ristorante CIELO

 
d0295818_23192534.jpg

津山市高野山西の田園にたたずむ

イタリア料理店にドライブがてら

行ってきました。



d0295818_23241704.jpg
 
入口のドアを開けたとたん

誰もいないウエィティングルームで


 
d0295818_23284670.jpg

戸惑いながらも左のドアを開けると

天井が高く、大きな窓が設けられた

ゆったりとした店内に到着。

 

窓の外は稲の刈り取りが終わった田園風景で

夫に「ひこばえが伸びている。」と言っていたら

「田んぼのこんな風景を穭田(ひつじだ)というんだ。」

と教えてくれました。



知らなかった…。

今後、得意になって使ってしまいそう!


 
d0295818_23451165.jpg

お料理は前菜から
 
野菜のキッシュ、黒豚のパテ、鰯の詰め物

カポナータです。



野菜は自家栽培されているものもあるそう。


 
d0295818_23520122.jpg

私がオーダーした

日生の牡蠣とほうれん草のクリームスパゲティ



牡蠣の美味しい季節になりました。
 
もっと牡蠣があってもいいくらい美味しい!

上手く説明できないけど 

とっても丁寧に作られていると思います。



d0295818_23525768.jpg

夫のオーダーした

鱸のトマトソーススパゲティ



「美味しい、美味しい」と

何度もくり返しながら食べていました。

手打ちパスタらしいけど自家製なのかな?



d0295818_23531894.jpg

最後は紅茶とともに

アーモンドのブラマンジェをいただきました。

アーモンドの香りが上品なデザートでした。 



もう一皿多い、Bコースというのもありましたが

これだけでもお腹いっぱいです。(*^-^*)



d0295818_23532638.jpg

日によっては

ジビエ料理がメニューにあがることもあるそう。

奥さまも若くて親切で

色んなお料理を楽しんでみたいお店でした。



ブログを読むと私も大好きな

蒜山耕藝さんのお野菜や

イル・リコッターロさんのチーズなども

Ristorante CIELOのお料理には欠かせないものだとか!

嬉しいなぁ。 (*^-^*)


こちらがブログです。







 


[PR]

by mami-2013 | 2016-11-14 00:24 | 美味しいもののこと | Comments(4)
2014年 08月 09日

桐の木水車

d0295818_14273260.jpg

以前にもアップしました津山の桐の木水車。

この水車で搗いたお米はどんな味なんでしょう?
精米機なら5分で搗ける一斗六升の米を
水車は1日かけてのんびりと搗くそうです。


d0295818_14295310.jpg

コットン、コットンと
小さな水車なのに、姿は見えなくても
その音は意外と遠くからも響いてきます。

いつまでも残っていて欲しい音です。

「いつまでも残っていて欲しい音」
のひとつと気がついたのが、カエルの大合唱。

今年は
「田んぼに水が入っても鳴かないなぁ。」と思っていたら
南の田んぼは1/3が駐車場に
北の田んぼは造成中。

わずか~に残った田んぼから
数匹のカエルの声が聞こえるけれど
昨年までのような夜通し鳴くような賑やかさではありません。

聞こえなくなると寂しいものです。

[PR]

by mami-2013 | 2014-08-09 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2014年 03月 16日

時々、きままに線路際

d0295818_15314840.jpg

勝北文化センターで文化祭がありました。
この地域では、地元の方だけでなく
鳥取から剣詩舞を習いに来られている人もいて
ドライブがてら見に行きました。

黒田節、川中島、焦心録後に題す・・・
なじみ深い曲が多かったので
剣詩舞は知らなくても、曲や詩文は
ご存じの方が多かったのではないでしょうか?


d0295818_15543157.jpg

久々に県境近くまで来たので
津川ダムの方へ足を伸ばしてみました。

これは何だかわかりますか?
「美作河井駅」の転車台です。
横からだと、わかりにくいですね。

今は使われていませんが
ラッセル車を方向転換させるときに
使われていたそうです。


d0295818_15365694.jpg

このあたりでは、今でも
こんな古い駅舎がいくつも現役で残っています。


d0295818_15482499.jpg

県南では梅が咲きほころんでいますが
こちらは、まだまだ冬景色。
木陰や裏庭には、まだ雪が残っていました。

次の日は、更に雪が積もったそうです。

[PR]

by mami-2013 | 2014-03-16 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2013年 08月 29日

涼風滝めぐり7 「横野滝(津山市)」

d0295818_14133558.jpg

朝晩は涼しくなりましたが、日中は残暑が厳しいですね。
今日は津山市の上横野地区にある「横野滝」をご紹介します。

横野川の上流にある「横野滝」は3つの滝の総称です。
一の滝は落差8㍍ですが
写真を撮っていませんでした。><

二の滝は落差15㍍。
このそばには「紅葉亭」という
お食事処があり、そうめん流しが名物です。


d0295818_14134518.jpg

到着が夕方だったので食べていませんが
割竹の中に湧き水でそうめんを流すのは
目にも涼やかなことでしょう。


d0295818_14234349.jpg

ここからさらに登ると
三の滝です。落差36㍍。
この滝は3段階に滝壺を持っていて
趣がありますね。

また、滝へ向かう途中
横野川の清流を利用した漉き和紙の
水車小屋を見ることができます。

特に金箔と金箔の間に敷く箔合紙(はくあいし)は
薄さ、こしの強さ、手触り、すべてに優れ需要も高いそうです。
金沢の金箔もここで作られた箔合紙を使っていると
聞いたことがあります。

金箔を使い、残った箔合紙は
「あぶらとり紙」として売られているので
私も金沢で買ったことがあります。
一般的に出回っているものより
薄くて、柔らかく肌に優しいのに、
油分はしっかりと取ってくれます。


d0295818_14321146.jpg

同じ津山市内にもうひとつ
水車小屋があります。
「桐の木水車」です。お米を搗く水車で
田んぼの中にポツンとあり
これこそ「日本昔話」に出てくる
水車小屋といった佇まいです。
小さな、小さな水車なのに
「コトン、コトン・・・。」と水車がゆっくりと廻る音は
意外と遠くまで響いています。

小水力発電ができるまで
こんな風景は珍しくなかったのでしょうね。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-29 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)
2013年 08月 06日

涼風滝めぐり3 「布滝(旧阿波村)」

d0295818_171631100.jpg

毎日暑い日が続きますね。
でも少しずつ季節は変わっているようで
8月になると、真夜中のかえるの大合唱が
まったくなくなりました。
これからは虫の声ですね。

夏、蒸し暑くなると
滝を求めてドライブをします。

ここは、氷ノ山後山那岐山国定公園に指定された
黒岩高原の水をあつめ
落下する布滝(のんだき)です。
急な滑り台のような個性的な滝です。

標高900mの山々に囲まれた旧阿波村。
こんなに山の奥まで
平成の大合併で津山市になりました。


この渓谷から見えるのは一部で、
上流にはさらにすべり落ちるように流れる
ナメ滝があり、高さは50㍍にもなるそうです。

この滝は黒い岩肌と滝の白さが鮮やかなコントラストをなし
遠くから見ると布を晒したように見えることから
「布滝」と名づけられたと云われています。


d0295818_17252947.jpg

ごつごつとした玄武岩の積層は
まるで龍の鱗のようです。


d0295818_17284111.jpg

豊かな緑と水が調和する美しい渓谷。
流れ落ちる水が、水煙を立てて、涼しい風がふき
まわりの緑も涼感を添えてくれます。


d0295818_17304436.jpg

おまけで、秋の布滝です。
山々が錦に彩るころは
少し寒いのですが、見る価値はあります。


d0295818_17314970.jpg

布滝の手前にある「白髪滝」高さ20㍍。
布滝とは対照的な
屏風状に切り立つ岸壁から白糸をひいたような
繊細な趣の滝です。


d0295818_17324236.jpg

布滝から落合川の下流には
「渓流茶屋」があり、食事もできますが
ヒラメやアマゴの渓流つりも楽しめます。
コテージもあります。


d0295818_17332670.jpg

阿波温泉のそばにある
「囲炉裏焼きあなみ」というレストランです。
山菜料理が並び
囲炉裏でアマゴと五平餅を焼いて頂きます。


自然農で育てたお米を水車でついているそうです。
阿波の清流で育ったお米でご飯を焚き
囲炉裏を囲んで食べるのは絶品です。

[PR]

by mami-2013 | 2013-08-06 18:30 | おでかけのこと | Comments(0)