タグ:空 ( 25 ) タグの人気記事


2016年 12月 03日

師走の夕暮れ sanpo

 
d0295818_21485493.jpg
 
子ども達の舞台を見て帰り際

陽が沈み、夕焼けがきれいだったので

車を停めてパチリ!

 

d0295818_06100386.jpg

場所を変えて瀬戸大橋線の鉄橋に車を停め

築堤にむけてパチリ!



ここで電車が来ないかな~?

と思っていたら 



d0295818_06112076.jpg

来たー!



d0295818_22135184.jpg


1分ほどしたら

甥っ子の好きなアンパン列車が

四国からやって来ました。




[PR]

by mami-2013 | 2016-12-03 22:28 | happyなこと | Comments(2)
2016年 10月 10日

砥峰高原の夕暮れ

 
d0295818_00293348.jpg
 
夕暮れのすすきの原を見たくて

砥峰高原に足を伸ばしてみました。



車を降りたら外の気温は12度。 

昨日は真夏日だったから

気温の変化の大きさに身体もビックリです。 



d0295818_00295622.jpg

着いた時はあいにくの小雨模様。

夕焼けは、望めそうにありません。
 


d0295818_00301457.jpg
 
でも、舞台のようなこの景色が好きで

来られたことに感謝!

数々の映画のロケ地になるだけの魅力はあります。


 
d0295818_00303098.jpg

雲間から月が出てきました。 

寒いけど、秋らしい宵でした。


(撮影 2016.10.09)







 

[PR]

by mami-2013 | 2016-10-10 00:59 | おでかけのこと | Comments(0)
2016年 09月 10日

多岐の夕陽

 
d0295818_23504452.jpg
 
国道9号線をひたすら西に走っていると

道の駅キララ多岐に出くわしました。


ちょうど夕暮れ時
 
雲にさえぎられ太陽は見えませんでした。


 
d0295818_23590076.jpg

今日はダメかな?

と思っていたら

パッと夕陽が差し込み

海面がほんのり紅く染まりました。



d0295818_00014600.jpg

ほんのちょっとだけ姿を現し

スッと雲に隠れたのでした。



d0295818_00284117.jpg

多岐は無花果が特産で

無花果を使ったパンやソフトクリーム 

ジャム、ゼリーなどがあるとか。
 


あいにく閉まっていて買えませんでしたが

今が旬です。







秋を先取り!「小さい秋」見つけた!

[PR]

by mami-2013 | 2016-09-10 00:29 | + 2016.08.13 出雲神話を尋ね | Comments(0)
2016年 05月 17日

はりまや橋

d0295818_20185652.jpg
 
二日目はどよ~んとした空から 

時折、小雨がパラパラして

天気予報では雨の上に夕方から大荒れになるとか!


 
「荒れたら瀬戸大橋線が不通になるなぁ。」と、夫。

GWの最中、予約もせずに延泊などとても無理。
 


という事で、31番札所竹林寺へは

バスで移動する事にし「はりまや橋」にやって来ました。



d0295818_20463929.jpg

はりまや橋の御影石の欄干です。 

初めてここに来た時、往来の激しい車道に
 
欄干が貼りついているようで

拍子抜けしたのを覚えています。

お江戸日本橋のような橋を想像していたもので。



d0295818_20453621.jpg

道路の向こうは再現した橋があります。

バスの時間が30分以上あるので行ってみました。 


 
d0295818_21015173.jpg

昔はこんなスタイルの橋だったのでしょう。

多くの人が橋の前で記念写真を撮っていましたが

また、雨が降りはじめて誰もいなくなり

シャッターチャンス!



d0295818_21072334.jpg

こんな像もありました。 

やなせたかしさんの「アンパンマン」です。


はりまや橋周辺は

一帯が公園として整備されていました。


どうやら高知は駅前ではなく

はりまや橋周辺が中心部のようで
 
路面電車の乗り換え地点

バスターミナルなどが充実していました。 




ともあれ軟弱お遍路のふたりは

バスに乗りこみ竹林寺を目指したのでした。




 


 


[PR]

by mami-2013 | 2016-05-17 21:23 | + 2016.05.02 遍路巡りの旅 | Comments(4)
2016年 04月 20日

夕焼け小焼け

d0295818_16320695.jpg
 
おととい 

窓越しに差してきた夕焼けが胸に迫り



d0295818_16370423.jpg

思わずカメラをとりだしました。 



d0295818_16382132.jpg

久々に見た

夕焼けでした。





 
[PR]

by mami-2013 | 2016-04-20 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2016年 01月 04日

2016年謹賀新年

d0295818_18593578.jpg


あけましておめでとうございます。

今年も日常生活をぼそぼそと

綴っていきたいと思います。

よろしくお願いします。



昨年、元旦の「旦」は

「日」が「太陽」で下の横棒が「地平線」。

「日の出」の意味を持つと知り。

今まで知らなかったことが衝撃的で

今年は初めてバルコニーから

初日の出を撮影してみました。



日の出30分ほど前、まだ月も明るく輝いていました。



d0295818_1911513.jpg

次第に明るくなり朝焼けもやや薄くなり

雲の切れ間がキラリンコと輝き始めました。



d0295818_1921081.jpg

見る見るうちに光が筋状になり



d0295818_1924258.jpg

太陽が顔を除かせはじめました。



d0295818_1931354.jpg

すっかり太陽がのぼりました。


夫に言わせれば手前の建物にピントがあい

太陽がボケていると突っ込まれましたが

また来年チャレンジするもん!



d0295818_1964653.jpg

日が昇ってから起き出してきた夫が

お雑煮を作ってくれて

おせち料理をいただきます。


五段のお重の一番下は何も入れず

その年の幸せをつめるために空けておくと聞いていますが

正式な置き方を知らないので

毎年、夫がいろんな置き方で並べています。



正式な置き方をご存知の方がいらしたら

教えてください。



d0295818_198928.jpg

新年なので

島根の出西窯で購入したビアマグをおろしました。

お屠蘇って苦手なのでビールです。(笑)










 

00000010_1322340.jpg 

[PR]

by mami-2013 | 2016-01-04 19:21 | お正月のこと | Comments(11)
2015年 10月 07日

生野の町並み

d0295818_17285771.jpg


生野の町には古い町並みが保存されていました。

銀山独特の生活文化が残り、鉱山職員宿舎なども見られます。


この通りには国登録文化財に指定されている「井筒屋」も並んでいます。

代官所から採掘権を与えられた吉川家が営んできた郷宿で

要人が泊まった記録も残っています。

現在は工房として一般にも開放しているようでした。


 
d0295818_17311194.jpg

生野クラブ
ちょっと瀟洒な邸宅で明治時代、大山師の邸宅として建てられました。

三菱全盛期には企業の迎賓館としても利用されていたそうです。

上品な数寄屋建築でした。



d0295818_17363944.jpg

古民家を改修した生野書院

時間が過ぎていたので中には入れませんでした。



d0295818_1758932.jpg

市川沿いを散歩していると、向こう岸に立派な神社がありました。

橋を渡りながら下を見るとトロッコ道もあります。

鉱石や物資を輸送するため

生野鉱山本部~支庫(旧生野駅)間に敷設された軌道が

ここだけ残っているようです。
 
d0295818_17524462.jpg

トロッコ道の下の護岸がアーチ状に…。

気になって帰って調べてみたら


大正時代、トロッコ道を敷設する時に

旧生野代官所で使われていた石垣を転用されたものでした。
  
現代では、この連続したアーチが

土木遺産として高い評価を受けているそうです。



d0295818_1871732.jpg
 
橋を渡りきると姫宮神社。

鉱山には全国から多くの人が集まっていたので

宗派の違うお寺が複数集まり寺町界隈も残っています。



d0295818_189262.jpg

市川の上に、丸木橋のような石橋が架かっていると思ったら

橋ではなく古い水路でした。



d0295818_18125236.jpg

とても歴史を感じられる場所でしたが説明板もなく

ちょっと、もったいないな~。



d0295818_18181248.jpg

この日は凄い夕焼けでした。

時間があれば砥峰高原のススキを見に…と思っていましたが

生野を出る頃は曇っていたので夕焼けは見えないだろうと

寄らずに後悔しました。



d0295818_18205050.jpg

刻々と変わる夕焼けを車中で楽しみました。



d0295818_18284233.jpg

おまけ

生野銀山土産は金箔カステラ。

丁寧に三重に梱包され、出てきた姿は

外箱の2/3くらいでした。 

^^;
 



 



[PR]

by mami-2013 | 2015-10-07 23:59 | + 2015.10.04 生野銀山 | Comments(4)
2015年 09月 28日

十五夜と夕焼け

d0295818_11503385.jpg


備中国分寺にやってきました。
 
田植え後に見た赤米の早稲がもう収穫の時期を迎えています。


 
d0295818_1157660.jpg

金色に光って長閑な吉備路の風景。
 
一段上の普通の稲は高さがそろって稲穂を垂らしているのに
 
赤米は好き勝手伸びて雑草ぽい。(笑)



d0295818_1201523.jpg

夕日を浴びた赤米。



d0295818_12152.jpg

黄色い秋桜も夕日を浴びて



d0295818_1225868.jpg

いつものお花畑スポット。

多くのアマチュアカメラマンでいっぱいでした。

秋桜も咲き始めていましたが

ひまわりがまだまだ咲き続けています。


 
d0295818_1275369.jpg





d0295818_129843.jpg

日没の時間になりました。



d0295818_12104957.jpg

午後5時53分。

すでに十五夜のお月さまがのぼっていました。



d0295818_12123531.jpg

「27日は十五夜で、28日はスーパームーンの満月です。」と

ラジオでニュースの度に聞きましたが 

和暦の8月15日が十五夜と決まっているので

必ずしも月齢とは一致しないとのことです。


 
d0295818_12183650.jpg

昔から伝わる伝統行事が

現在のグレゴリオ暦に移り変わっても

お月見の十五夜だけは和暦のままで変わりません。

和暦は1日が新月と決まっていたので
十五夜まで現在の8月15日にしたら
三日月や新月のこともありますものね!


明治5年まで、8月15日は秋たけなわだったわけです。



d0295818_12221769.jpg

庭瀬城に移動して。


これだけ和暦と現在の暦とがずれてしまったのなら

伝統行事だけは和暦ですると季節がピッタリとあって

より、本来の意味が理解できることでしょう。

来年のカレンダーは和暦も併記してみようかな。

 
 
d0295818_12231236.jpg
 
我が家に帰ってからも一枚。

さすがに暗くなると三脚を使わないと撮れません。





 


 


[PR]

by mami-2013 | 2015-09-28 23:59 | 備中国分寺 | Comments(0)
2015年 07月 22日

虹と夕焼け

d0295818_2271362.jpg

夕べ虹が出ていました。 

ちょうどジムから出たときに見つけ 

急いで帰り、カメラを取り出しました。



d0295818_22162767.jpg

一年ぶりの虹。

綺麗な弓型ではなく真上で終わりの90度でした。

「赤(せき)、橙(とう)、黄(おう)、緑(りょく)、青(せい)、藍(らん)、紫(し)」の

七色というより、夕日に染まり四色に見えました。



d0295818_22273912.jpg

虹の色は国によって違うと聞きます。

8色の国もあれば4色の国も…。

おもしろいです。



d0295818_22352190.jpg

 シャッターを切っているうちに

夜のとばりが降りて、虹もかき消されてゆきました。  






[PR]

by mami-2013 | 2015-07-22 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2015年 07月 21日

台風の後

d0295818_14555271.jpg

先週から今週にかけ

怒濤のような日々が過ぎ去りました。



台風。

久しぶりに岡山に上陸しました。

みなさんのお宅では被害がありませんでしたか?

ここに越してきて、こんなにひどかったのは初めてです。

三連休の終わった今日

吹き飛んだ看板、足場を組んで修理中のお家…。ありました。



実家でもガレージの西壁が風にあおられ

崩壊してしまいました。

お隣のご迷惑にならなかったのが幸いです。



ふたつのコンクール。



そして、大切な伯父の死。

突然のことで、お葬式に行くことも叶わず

今でも亡くなったことが信じられません。 



ちょっとだけの、検査入院のはずだったに・・・。



お盆に行ったら、相変わらず
 
「mami! よう来たな~。」と迎えてくれそうな気がします。



  
d0295818_1544860.jpg

梅雨が終わり

夏の射すような暑さがやってきました。

短い夏だけど、予定はいっぱい。

楽しい思い出だけが増えてほしい・・・。

と、思うのは身勝手だよね。












[PR]

by mami-2013 | 2015-07-21 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)