倉敷宵街明かり

d0295818_16521873.jpg

倉敷は江戸時代「天領」として栄え
その町並みが今も美観地区として保存されています。
NHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」のロケ地としても
記憶に新しいところです。
先週末は、「倉敷春宵あかり2013」へ行ってきました。


d0295818_1703213.jpg

写真では分かりませんが、建物の窓には影絵が投影されています。
この建物は、「カーネーション」の中で、よくでてきました。


d0295818_1772165.jpg

倉敷川沿いに無数のロウソクがゆらめいています。
往時、米や綿花を積んだ船がこの川沿いを行き来していました。


d0295818_17113271.jpg

大原邸の前に並ぶ和傘


d0295818_17122326.jpg

仄かな明かりに照らされた入口


d0295818_17185768.jpg

d0295818_17301811.jpg

路地のあちらこちらに、行燈の明かりが…。


d0295818_17202821.jpg

倉敷川のほとりにたたずむ蓮の花の照明。


d0295818_17222725.jpg


d0295818_17271155.jpg

蓮の花が好きなので…しつこいほど撮っています。


d0295818_1731127.jpg

軒下のあちらこちらに、ぶら下がった提灯。

部分的な写真が多く、夜の町並みを撮ってなかったのですが
美観地区全体の景観照明は、照明デザイナー石井幹子さんが
プロデュースされているそうです。
(以前、東京タワーの照明デザインで脚光を浴び、講演会に行ったことがありますが素敵な女性です。)

昼間とは、また違った表情を見せてくれる、夜の倉敷美観地区。
「倉敷春宵あかり2013」は昨日まででした。








[PR]
トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/18418282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by okabe at 2013-03-26 00:26 x
 夜の美観地区も 幻想的でいいですね。凄く綺麗な写真です(^^♪
 
  

 
 
Commented by mami-2013 at 2013-03-26 18:26
ありがとうございます。
夜景はシャッタースピード次第で、幻想的な写真になったり
真っ黒けっけになったり…(T_T)
難しいです。
okabeさんがお持ちのカメラも三脚があれば撮れますよ。チャレンジしてみてください。
by mami-2013 | 2013-03-25 17:46 | 行事・暦のこと | Trackback | Comments(2)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31