人気ブログランキング |

武家屋敷とキッチン

d0295818_14391879.jpg


塩見縄手の通りにある武家屋敷です。

ガイドブックでは中級藩士の屋敷だから

通りから見える門や玄関は立派でも

庭や家族の居住スペースは簡素な造りということですが

実際はどうなんでしょう?


この写真は井戸があり建物の左方向に湯殿や板場。 

庭は簡素な感じですね。  



d0295818_1445522.jpg

平面図です。

見にくいですが、結構な部屋数があります。

小間使いの部屋も二部屋あり何人の人が働いていたのでしょう?

長屋門のほうにも駕籠部屋や

中間(門番や訪問者の監視や案内などの雑務をする人)の部屋があります。



d0295818_14485925.jpg
  
お宅訪問~!

中に入れないので外から見学です。

座敷は主人が来客や接待に使う間です。

奥に見える「次の間」の屏風の奥には武者隠しがあります。

中級武士の屋敷なのに城並みの防衛ではありませんか。



d0295818_1450273.jpg
   
屏風や書院など凝っていると思います。 



d0295818_14513264.jpg

左上は「家族の間」です。

主に子ども達や若いお嫁さんが過した部屋だと思います。

 
右上は「当主居間」にあった刀箪笥。

何本もコレクションしていたのでしょうか?


左下は「奥方の居間」です。

女性の地位は低かった時代に奥方の個室があったのは驚きです。

箪笥や長持、お歯黒の道具もあります。

右下は「茶室」。さすが京都や金沢と並ぶだけのお茶どころ。

不昧公が育んだ茶の湯文化は藩士たちの間にも受け継がれていたようですね。



d0295818_14521793.jpg

左上の右の部屋は「小間」左は「仏間」です。


右上は「納戸」です。

他の部屋と比べると障子も継ぎ接ぎだらけ。


左下は「内玄関」。玄関ホールといったところでしょうか。


右下は「長四畳」。食事をした部屋のようです。



d0295818_14545939.jpg

「湯殿」です。洗い桶や椅子井戸から汲んだ水を運んだ

天秤棒(この呼び方が正しいのかな?)もあります。

床の「すのこ」の下はどうなっているんでしょう?

石畳になり排水が敷地の外に出て行くのかな?



d0295818_14551436.jpg

江戸時代の板場(キッチン)です。  

山陰地方では「くど」と呼んでいるそうです。

ここがいちばん興味深かったです。

板の間には大きな瓶があり、窓の上には器が並んでいます。



d0295818_14554071.jpg

ここが流し台廻りになるのかな?

床は水がこぼれても落ちやすいように丸竹になっています。

土間は割栗石を敷き、これも水で床がドロドロにならないためかな?

左には水きり棚。窓の右下には水瓶。

水瓶は半分が屋内、半分は屋外に出ています。

井戸が窓の近くにあるので、汲んだ水を外から補充し

中から煮炊きに使うようにできているのだと思います。



d0295818_14555754.jpg

おくどさん! 懐かしいなぁ。


本家には最近まで残っていて

祖母は京都風に「おくどさん」と」呼んでいました。

大勢の人が住んでいる割にひとつだけでした。



d0295818_1581210.jpg
   
板の間には祝い善や肴善が並べられ

鴨居の上にまで棚をつけているのは現代でも見かけます。

女子供はここで食事をしたのじゃないかなぁ?

個室のある奥方様はどうなんでしょう?

 
キッチンだけでいろいろと想像力をかきたてられます。



d0295818_15123533.jpg

玄関前にあった「盛り砂」。

日本刀はみだりに抜くものではなく
 
いざ一大事の時には、斬れない事もあるので
 
この砂に数回斬りつけ、すぐ実戦で使えるようにするため
 
屋敷の門から玄関までの間に必ず設けてあったそうです。



d0295818_15134989.jpg

お庭は屋敷の周り四方にありましたが
 
確かに簡素でした。

金沢で拝見した上級武士の屋敷のような

華やかな感じではありません。







トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/22123664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by travel2013 at 2015-09-15 22:22
はじめまして!たびんちゅに憧れてと申します。
いいね!たくさんありがとうございました。
当方、古い建築物をよく見学にいくのですがmami_2013様の武家屋敷大変参考になりました。
(と言っても島根県ですよね?遠くてなかなか足が伸びませんが(苦笑))
又、当時の情景が再現されていて、私にとってはテーマーパークのようで楽しく拝見致しました。
Commented by mami-2013 at 2015-09-16 15:44
いらっしゃいませ!
たびんちゅに憧れてさん。
楽しく拝見させていただきました。
「岡山紀行」の高梁市は、県内なのに知らない場所もあり行ってみたくなりました。^^
歴史的な建物が好きなので、これからもお邪魔します!
by mami-2013 | 2015-09-14 23:50 | + 2015.08.13 松江城の旅 | Trackback | Comments(2)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31