人気ブログランキング |

楯築遺跡


d0295818_17510340.jpg

昨年の夏に島根県の西谷墳墓群を訪れた時

突出型墳丘墓の日本最大級のものが

岡山にある事を知り行ってきました。



この楯築遺跡は弥生時代後期の

全長72㍍にもなる墳丘墓です。



二つの突出部は団地の造営工事のため破壊されていますが

弥生時代の墳丘墓としては国内最大級です。

地元のことなのに学校でも習わなかった~。



西谷墳墓群には「出雲弥生の森博物館」という

立派な施設もあり詳しいことがわかりましたが

ここは立て看板が1枚あるだけ。

(ガンバレ岡大!)



頂墳には5個の巨石が置かれています。

このような遺跡は弥生時代には類例がないそうです。



d0295818_17525656.jpg

祠にはご神体といわれる弧帯文石が安置されていましたが

今は収蔵庫に収められているそうです。

この弧帯文石は邪馬台国ではないかといわれている

奈良の纏向遺跡でも発見されています。



主墳には二つの埋葬が確認されているそうで

これは西谷墳墓と同じですね。

外箱(槨)の中は鉄剣や翡翠や硝子の首飾りの

副葬品が収められていたそうです。



木棺には、当時不老長寿の薬と考えられ

大変貴重だった朱(水銀朱)が厚さ30㌔以上も

敷きつめられていたとか!



d0295818_17571111.jpg

墳丘墓の南側の斜面には横穴墓というのかな?

斜面にぽっかりと口を開けた古墳が沢山ありました。

これは古墳時代以降のものだから

ここは弥生時代から古墳時代まで

何百年にもわたって墓地だったのでしょう。



d0295818_17574498.jpg

でも、古墳のほうは明るく開けた墳丘墓と違い

鬱蒼とした林の中にあるので

一人で歩くには暗く寂しすぎます。



ここに入った瞬間は

「団地に住む人は、近くに森林浴のできる散歩道があっていいなぁ。」

と、思ったのですが

誰も散歩に来る人はいませんでした。



今年のNHKの番組でもこの遺跡が紹介されていました。

ちょうど造営された時代が邪馬台国と同じ頃なので

いろんな推測がなされていました。





トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/23789575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tora0405 at 2017-01-20 20:43
いつも写真がふんわりと優しくて、素敵だなぁと思っています。どのようにして撮られているのでしょうか?
フィルターか何かを使われているのですか?
幻想的で、どの写真も、とても綺麗です。
Commented by mami-2013 at 2017-01-21 23:17
> tora0405さん
こんばんは~。コメントありがとうございます。(#^^#)
そうなんです。フィルターといってもカメラ内で処理されるので
お手軽に撮影できるのですが
なぜか彩度があがるとベタッと色がつぶれてしまうのが難点で
もっと機能を使いこなさなければと思っています。(^^;)
by mami-2013 | 2017-01-19 18:08 | 総社市 | Trackback | Comments(2)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31