人気ブログランキング |

カルローズ×ご当地メニュー キャンペーン


d0295818_12000782.jpg

地球の歩き方の岡山特派員をやっていますが

カリフォルニア生まれのおコメ「カルローズ」と

各地の国内特派員が作る「ご当地メニュー」コラボがありました。



コラボメニューの総決算として

最も食べたい!と思うメニューを

投票で決める『プチグランプリキャンペーン』が現在開催されています。



私も「カルローズ」の粘りが少なめで

パラッとした食感を生かした

当地グルメ「えびめし」と「オムえびめし」を作ってみました。

ノミネートされているのは知名度のある「えびめし」ですが

私個人的には「オムえびめし」が好きなので

トップの写真に使っています。



d0295818_12202144.jpg

こちらがえびめしです。

こんなキャンペーンになるのなら

「もっとスタイリッシュに撮っとけばよかった~」

と思いましたが、後の祭りです~。



沖縄のタコライス、あご丼(長崎五島列島)

鶏飯(鹿児島)など美味しそうなメニューがいっぱい。

抽選ではトラベルグッズなどが当たる可能性も!

美味しいもの大好きなみなさん

よろしかったら投票してみませんか?



応募期間  2018年3月16日(金)までです。



このまま、埋もれさせてしまうのは可哀想なので

「オムえびめし」のページもリンクを貼りま~す。

私はこっちの方が好き!(←くどい)








にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


d0295818_00272253.jpg
「地球の歩き方」特派員ブログも
良かったらご覧ください。







HOTな食べ物教えて!



トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/26550814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hokohoko21 at 2018-03-09 17:50
mamiさん、お久しぶりです。こんにちは。
とっても美味しそうなオムえびめし!
食べてみたいですが、レシピも出ているんですか?後からリンク先覗きにいきまーす。
たっぷりかかったデミグラスソース?がまたさらにいい感じで食欲もりもりです。
Commented by mami-2013 at 2018-03-10 00:51
hokoさん、こんばんは。
お久しぶりです~。

オムえびめしを作るには
「えびめし」のページで「えびめし」までを作り
上にかかる卵の部分は「オムえびめし」ページのレシピを見てください。
デミグラスソースはたっぷりかけた方が
見栄えもいいし美味しいです。♬
説明不足の部分があれば、どんなことでも質問してくださいね~。
Commented by sun-shi at 2018-03-10 03:57
えびめしって、岡山がルーツだと聞いたことがあります。
たぶん、私が高校の頃から慣れ親しんでいるえびめしとは、
きっと何かが大きく違うのでしょうが、
たま~に無性に食べたくなって、
電車賃を払ってわざわざ食べに行くことがあるくらいです。
カレー屋さんでやっている、知る人ぞ知る渋谷のお店。
実は、高校の頃に一年弱、バイトをしたことがあります。
現在は同じ渋谷でも場所を移して細々と?営業中。
都内に何軒かあった店舗も一店舗だけとなってしまいましたが、
高校の頃から変わらぬ味を守り通しているんですよ。 d(^^

えびめし、大好きです。 (笑)
Commented by mami-2013 at 2018-03-11 01:14
> sun-shiさん
こんばんは~。
えびめしは、岡山ではチェーン展開していて
岡山県民のソウルフード的な存在ですが
実は東京のカレーハウス「いんでら」がルーツらしいです。
カレーハウスのスタッフだった方が
故郷岡山に「えびめし」を持ち帰り、広めたことが始まりと言われています。
今は喫茶店でもメニューの中にあるくらいポピュラーです。
もしかして、 sun-shiさんがバイトしていたお店が「いんでら」でしょうか?
Commented by sun-shi at 2018-03-11 09:37
そうです! 「いんでいら」です。

まさか「いんでいら」という店名がピンポイントで出て来るなんて、
すごいビックリです。 (^^;
Commented by sun-shi at 2018-03-11 10:03
プチ追記です。

いんでいらのメニューのえびめしのところには、
確か、「甘辛ソースのやきめし」と書いてあったような…。
お写真を拝見する限り、やきめしという点と、
千切り?の玉子が乗って出てくる点、
コールスロー付き?なところはいんでいらと一緒ですね。
ただ、院でいらの方が間違いなく見た目の色が濃いです。

あ~、えびめし食べたくなってきた…。
最近食べてないしなぁ…。
電車賃払ってたまには食べに行くか。(笑)
この間TSUTAYAへ行ったときに食べてくればよかった…。
Commented by mami-2013 at 2018-03-11 20:00
> sun-shiさん
わ~!いんでいら でバイトしていらっしゃたんですか!
「甘辛ソースのやきめし」という名前だったんですね。
実際の「えびめし」のソースの色は、ほとんど真っ黒ですが
配合は企業秘密でデミグラスソースやウスターソース、カレー粉など
色々な香辛料を使いレシピにしましたが
あの、色にまではいたりませんでした。((+_+))
sun-shiさん、あの色の真相はご存知ないでしょうか?
あの色の出し方は、逆に知りたいくらいです。<(_ _)>

Commented by mami-2013 at 2018-03-11 23:36
> sun-shiさん
わ~!
「いんでいら」 でバイトしていらっしゃたんですね!
東京の「いんでいら」はえびめしファンにとっては
伝説的(?)なお店で、今は、もうない。という噂も聞いたことがありました。

実際の「えびめし」のソースの色は、ほとんど真っ黒です。
ソースの配合は企業秘密でデミグラスソースやウスターソース、カレー粉など
色々な香辛料を使い、レシピにしましたが あの、色にまではいたりませんでした。((+_+))
sun-shiさん、あの濃い色の真相をご存知ないでしょうか?
あの色の出し方は、逆に知りたいくらいです。<(_ _)>
Commented by sun-shi at 2018-03-12 20:52
なにせ30年以上も前のことですし、
(スマートで髪もフサフサだったのだ。)
私は洗い場メインでたま~に注文取り
&近場の徒歩での配達とかでしたので、
調理に関わったことは無いのですよ。
ごめんなさいね。

ただ、当時と変わっていなければ、
都内のどこかに工場があって、
たま~にオーナーが色々な材料を運んでいたので、
そこで作って持ってきているのだと思います。
ソースは一斗缶に入っていたと思いました。
小売りもしていなかったような…。

作り置きしていたのか、
私がバイトに入ると既に作られているえびめしが、
業務用の炊飯器の中で保温されていて、
注文がある都度そこからよそっていました。

いまのお店で注文をすると、
(私は調理過程を見るのが大好きなので。)
焼鳥の付け誰くらいの容器に入っているソースを
ドレーンで汲み上げてフライパンに入れていました。
注文がある度にフライパンで炒めて作っていました。
だから本当の作り立てなのです。

それから、私がバイトをしていた時は、
コールスローだけではなく、ブイヨンスープも付いていましたが、
いつの頃からかコールスローだけとなってしまいました。

あ、コールスローの容器が、お写真の容器とそっくりだ…!!

他にお客さんが居なければ、
一人で切り盛りしている気の強そうなオジお兄さんに
遠まわしでヒントになるようなことを聞くくらいは出来ますが、
さすがに詳細までは教えてくれないだろうなぁ…。

ただ、不規則ですが周期的に行っているお店なので、
また行く機会があったらiPhoneであれこれ撮って来ます。
あまり期待しないで待っていてくださいね。 (^^;

ちなみに、私がまだ写真をやっていた頃に
ちょくちょく公開していたえびめしの写真は、
すべていんでいらで撮影したものなんですよ!
ご覧になった記憶、ございますか?
Commented by mami-2013 at 2018-03-13 11:22
> sun-shiさん
ありがとうございます。
えびめしのソースの小売りがあれば助かりますが
えびめし好きのレシピの再現はそれぞれの家庭の味になっていると思います。

「業務用の炊飯器の中で保温されていて、
注文がある都度よそっていました。」という頃もあったのですね。
また、ブイヨンスープも付いていたとか。

えびめしのお写真を公開されていたんですね。
ごめんなさい、気がつきませんでした。
「いんでいら」さんでは「オムえびめし」もあるのかな。
お写真、あまり期待しないで(?)楽しみにしています。^^
楽しいコメントありがとうございました。
Commented at 2018-03-13 22:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mami-2013 at 2018-03-13 22:49
鍵コメさん、
貴重なお話しありがとうございました~。♪
by mami-2013 | 2018-03-09 12:45 | 地球の歩き方 | Trackback | Comments(12)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31