人気ブログランキング |

第4回吉備路の山全山縦走大会 足守小学校


d0295818_00592063.jpg

足守小学校で受けつけをしたら非常食(?)と

カルピスをいただき出発します。

このあたりは足守町並み保存地区を呼ばれ

太閤秀吉の正室北政所(ねね)の兄

木下家定が二万五千石を領したことに始まります。



d0295818_01094262.jpg

街角のベンチで傷む指に絆創膏で補強し

靴下を貸さねばきする夫。

「絆創膏なら、売るほど持ってきたで~。」

と、用意周到な夫。

でも、そのコットンパンツ気になります。



d0295818_01134743.jpg

陣屋を抜けて前を歩く人達のいでたちが気になります。

3月は寒い日は5℃くらいでも

暑くなると20℃を超すので悩みに悩みます。



左上の男性のように半パンにタイツ姿の方をよく見かけます。

夫もあんな恰好のほうが

腿が張らなくていいのではないかな?

それにみなさん、鮮やかなウェアー。

それにひきかえ私は普段ジムで着ている黒ずくめ。

遭難しても見つけてもらえないかも~。



d0295818_01241168.jpg

古くからの民家が残る道沿いは

今も道祖神や石仏が残っています。



d0295818_01261945.jpg

道を覆いつくすほどの大木。



d0295818_01273140.jpg

これが葦守八幡宮かな?



d0295818_01351456.jpg

写真ばかり撮っていたら

前を歩いていた人たちが遥か彼方に行っています。

向こうに見える山が目指す龍泉寺のある龍王山のようです。

この長閑な田園風景を抜けたら

車がひっきりなしに走る県道に出ます。

ひたすら歩いて細い道に入ります。



d0295818_01395141.jpg


急こう配の山道になり息が上がりますが

グングン登って行くとカーブの先に石垣が見え



d0295818_01444778.jpg

さらに登ると反りのついた立派な石垣や建物が。

お寺の石垣というよりお城でもあったような石垣です。

赤い傘のところを曲がると



d0295818_01480479.jpg

古代磐座信仰の霊地、龍泉寺のお瀧で

奇祭 お瀧祭りの場所です。



d0295818_01561973.jpg

滝の飛沫がとび恰好の休憩所です。



d0295818_02075165.jpg

それにしても独特な雰囲気のお寺です。

おびただしい数の祠が滝の周りを囲んでいます。

報恩大師が修行していたとも伝わっていて

ざっと、1200年以上の歴史のあるお寺のようです。

報恩大師といえば、奈良の玄昉と師弟関係で

吉備真備と同じ時代を生きた方。

面白そうなお寺です。


d0295818_02305924.jpg

あと少しで本殿です。




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


d0295818_00272253.jpg
「地球の歩き方」特派員ブログも
良かったらご覧ください。




トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/26613056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2018-03-28 13:20
こんにちは^^
吉備路の山全山縦走?何キロくらい歩くのでしょうか(・・?
皆様のウエア、カラフルで素晴らしいですね☆
まずは、ウエアから入る?
こういうノリは大好きですが・・・
ふふふ、私は歩くのが多分もうダメかも???
素晴らしいお寺さん、こういう山あいのお寺さんはなかなか風情があり好きです~♡
続きも楽しみにしています(*^_^*)
Commented by mami-2013 at 2018-03-28 17:37
アリスさん、こんにちは。♪
足守小学校から吉備津神社まですべて歩くと17㌔になるみたいです。
家から駅までで1.5㌔、足守駅から小学校まで4.5㌔なので
トータル23㌔歩く予定です。(*^-^*)
龍泉寺は「お瀧まつり」という変わった行事が有名ですが
魑魅魍魎としたものも一緒にいるような
今まで行ったお寺とは全く違う独特な雰囲気でした。 (*^^)

みなさんのファッションチェックもこの大会の楽しみです。
年齢を問わず蛍光色のような派手なファッションができるのも
アウトドアスポーツの特権かも。

アリスさんも京都や栗林公園では相当歩いていませんか?
京都はブラブラ紅葉を見ているだけで2万歩を超すので
半分、ウォーキングののりです。
by mami-2013 | 2018-03-28 02:32 | アウトドア | Trackback | Comments(2)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31