閻魔さまに会いに白毫寺へ


d0295818_23134292.jpg

2年ぶりに奈良へ行ってきました。

今回は「大人の修学旅行」と称して

小学校の修学旅行で行った場所へ再び

訪問してみようと計画しました。



d0295818_23170028.jpg

まずは百毫寺へ。

ここは修学旅行では行っていませんが

しょっぱなから駐車場の700円にのけぞりました~。

拝観料よりも 高っ!



山門へ上がる土塀の古びた感じがいいですね。

2年前に行った海龍王寺を思い出しました。



d0295818_23274288.jpg

ここは花の寺としても有名で

天然記念物の五色椿や萩の季節になると

大挙して人が訪れるそうです



d0295818_23303823.jpg

本堂の縁側に散り紅葉。

12月で訪れる人も少ない境内ですが

冬紅葉も見られて満足。



d0295818_23422849.jpg

本堂の中には阿弥陀三尊が祀られていて

脇侍の勢至菩薩と観音菩薩は座像というよりも

膝をついて前かがみになり、今にも立ち上がりそうなお姿です。

これは倭坐り(やまとずわり)という珍しいお姿だそうです。



d0295818_23433886.jpg

このお寺は、春日山の南に連なる高円山の山麓にあって

境内から奈良盆地が一望できます。

興福寺の五重塔がよく目立っていましたよ。


d0295818_23330600.jpg

本堂から奥の宝蔵に廻ると紅葉と桜が!

子福桜といい、境内に数本植えられていました。

小さな小さな桜です。



d0295818_23491903.jpg

本堂から山側には石仏の小路になっていて



d0295818_23513965.jpg

お気に入りのお地蔵さまを捜すのも楽しいかも~。

和んでしまいます。



d0295818_23534433.jpg

本堂奥の宝蔵に入ります。

奥待っているので、本堂だけで帰る人もいるんじゃない?

ここにご本尊の阿弥陀如来像がお祀りされていて

檜の寄木造の定朝様式といわれる仏さまです。



ご本尊よりも迫力のあるのが閻魔像です。

子どもの頃、行いが悪いと死後、地獄へ落とされると

散々聞かされていたあの閻魔さまです。

睨みつけるように、かっと見開いた目で見降ろされると

小心者の私は身がすくむようです。



このお寺の集落には急傾斜の茅葺きで

両端の妻を白壁で固めて上を瓦葺きとした

“大和棟”の民家が集中していると情報をつかんでいました。

楽しみにしていましたが、お寺の方に聞いたら

30年くらい昔の姿ということで残念な結果でした。

かつての茅葺の屋根が

赤いトタンで覆われた姿はよく見かけましたが。💦



☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・







「地球の歩き方」特派員ブログも
良かったらご覧ください。

今月は 高梁市街地 をレポしています。

👇
d0295818_00272253.jpg

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/27276280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akr24mtat at 2018-12-20 09:44
☆彡mamiさん☆彡
奈良へは4度行ったことがありますが、行けば行くほど
興味がわきますね。百毫寺は行ったことがないので興味があります。
駐車場700円ですか?タカッ~。でもいい雰囲気ですね。
境内から奈良盆地の一望がいいですね。
Commented by ayayay0003 at 2018-12-20 15:17
高台からの眺めが素晴らしいお寺さんですね~☆
閻魔様に会いに行かれたのですネ(^_-)-☆
私も以前京都で、六道珍皇寺?というお寺さんがそうで、行ったことが有ります(*^_^*)
由緒ある奈良のお寺さん、12月の訪問は、やはり静かで良いですね~♡
萱ぶきは残念でしたが、凄くお金がいるとのことなので、存続は難しいやむをえないと思いました(>_<)
樹齢500年?の椿があるそうな?
私もいつか訪問してみたいです~♡
大人の修学旅行というお題、素敵ですね~♫
Commented by mami-2013 at 2018-12-22 00:04
異邦人さん、こんばんは。
遅くなりました。
異邦人さんも奈良がお好きなんですね。
多い年には、年に3度くらい行くこともありますが
今回は2年ぶりです。
ここは、みなさん、東大寺、春日大社、新薬師寺と歩いて廻っている人が
多いようでした。
静かで落ち着いて見られるお寺でした。
Commented by mami-2013 at 2018-12-22 00:27
アリスさん、こんばんは。
そう、五色椿が咲くころは忙しいと、駐車場のお婆ちゃんが言っていました。
六道珍篁寺は本家ゆかりの地なので、京都へ行くとよく行きますよ~。
普段は比較的静かですが、お盆の時は地元の方が集まって、風情があって好きです。(*^-^*)

12月の奈良訪問は、やはり静かですが、最近は修学旅行生が多いす。
あ、今回は外国の方も多くて驚きました。
京都ほどではないけど、ぜひ行ってみてください。♪
Commented by susatan at 2018-12-29 16:39
こんにちはー♪
やっと ゆっくりと拝見できる時間が~(笑
丁寧に書かれてますので 一緒に歩いてるような気持ちになります。
もう土塀の萩は 冬支度になってしまってますが
土塀がよく見えて 季節感が ビシッと伝わってきました。
そぉいえば こちらの「閻魔詣で」で 閻魔さまの前で
暫く座りこんでたことを思い出しました^^
よっぽど 「ゴメンナサイ ゴメンナサイ」が多いワタシなのでしょうか(^^;

海龍王寺さんにも行かれたことがあるんですね
ほんと よくご存じやなぁと思ってしまいます。

桜の一枚 とても素敵です!!
儚さが 漂ってきます

このあたりの集落の路地を入って ゆっくりと撮影したいと思いながら
なかなか ゆっくりと…が出来ずにおりますが
mamiさんのお写真見ながら 文章読みながら
気持ちは あのウネウネとした細い道を彷徨います^^

お水取りの終わる頃 五色椿が咲き始めます
そして 秋の萩咲く雨の日に この石段にぜひいらしてください。
・・・・ぃぇ…この人の居ない季節が ほんとは一番素敵かもしれません。

Commented by mami-2013 at 2018-12-30 03:08
susatanさん、たくさんのコメントありがとうございます。♪
静かな白毫寺も閻魔詣での時は多くの人出でにぎわうそうですね。

奈良の語りべの先生と一緒に歩いた時
法隆寺のように土足のまま見る仏像は立ったまま
靴を脱いで上がった部屋の中の仏像は座って見るのがいいと聞いていたので
閻魔さまを座って見ていたら
まるで自分が裁きを受けているような感覚になりました。💦

天平時代の小説が好きなんで~。
海龍王寺さんや法華寺さんに行った時は「天平冥所図会」を読んだ直後でした。
松本清張さんの天平ミステリーや奈良の随筆も伝説と史実の
取り合わせが「そうきたか~」と絶妙な解釈でで面白いです。
by mami-2013 | 2018-12-19 23:59 | + 2018.12.15 奈良へ大人の修 | Trackback | Comments(6)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31