人気ブログランキング |

幽玄な世界、節分春日万燈篭


d0295818_21301258.jpg

予報通り、雨が降りだした中、廻廊に入って行きました。



d0295818_21391940.jpg

廻廊の釣り灯籠に浄火が灯り壮観です。

思わずパチリ。

後で写真を見たら左端に三脚のカメラ。

取材かな?

私は手振れ写真の量産でした~。

が、なんとか見られるものをアップします。



d0295818_21471017.jpg

灯籠に灯された火のことを浄火というそうです。



d0295818_21420694.jpg

幽玄な釣り灯籠を見ていると一段と明るい場所が本殿前でした。

二人の神主さんがご祈祷をなさっていていました。

本殿は撮影できないので横から雰囲気を~。

仄かな明かりに照らされ浮かび上がる朱塗りの柱や軒。

何とも幻想的な光景です~。



d0295818_21483758.jpg

平安時代に貴族の奉納した灯籠の隣に

現代の上場企業の灯籠が寄進されているのを見つけると

不思議な感じです。



d0295818_22050930.jpg

斜面に貼り付くような回廊にも釣り灯籠。

この万灯籠は、燈籠を寄進した人の祈願成就の為に行われるのですが

およそ800年も続くので寄進者の分からない燈籠も多数あります。

灯籠を寄進するには200万円以上かかるみたいですが

今は万燈籠の日に3,000円の初穂料を納めると

願い事を紙に記し奉納し献灯することができるそうですよ。



d0295818_22292271.jpg

身分の高い人達から寄進された釣金燈籠です。



d0295818_22391027.jpg

回廊に提げられた灯籠は1000基あり

石灯籠は2000基もあるそうです。



d0295818_22475205.jpg

釣金灯籠の近くにあるのが御手洗川だったと思います。

万灯籠の灯りが雨で濡れた石畳に映え

冷たい雨の万灯籠もいいものでした。♡












☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・







「地球の歩き方」特派員ブログも
良かったらご覧ください。

今月は 和気町 をレポしています。

👇
d0295818_00272253.jpg

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/27457131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2019-02-24 11:28
節分春日万燈篭、初めて拝見しますが
厳かな雰囲気に感動ですね~☆
回廊に提げられた灯籠1000基、
石灯籠は2000基全てに灯りが灯されたら
本当に幽玄な世界、生で見たらどれほど素晴らしいでしょうか(^-^)
800年も続く行事なのですね~
200万円は無理だけど、3000円なら願い事を記して奉納したいなあ~♡
万灯籠の灯りが雨で濡れた石畳に映えた最後のお写真、こころにしみいります~(^^♪
ありがとうございました(*^_^*)
Commented by mami-2013 at 2019-02-25 01:34
アリスさん、コメントありがとうございます。(*^-^*)
ちょうど、日曜日でしたので人は多かったのですが
回廊内に入るとあまり気になりませんでした。
京都の拝観と同じように開門直後を狙うより、閉門前の方が人も少ないのかもと思います。

12月は石灯籠の和紙が破れかぶれでしたが万燈篭では
新たに願い事が書かれて並ぶ姿は壮観でした。
Commented by akr24mtat at 2019-02-25 10:22
☆彡mamiさん☆彡
回廊に提げられた灯籠1000基とは凄いですね。
幻想的に撮れてます。素晴らしいですね。
Commented by mami-2013 at 2019-02-25 14:53
異邦人さん、ありがとうございます。
時代を超えて一つの場所にあるというのが凄いと思いました。
武運長久という願い事の灯籠も見受けられました。
古の人々が奉納された灯籠だと思います。
by mami-2013 | 2019-02-23 23:06 | + 奈良の旅 | Trackback | Comments(4)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31