人気ブログランキング |

興福寺の追儺会


d0295818_14565899.jpg

万燈籠の幽玄な世界を堪能して帰り道を急ぎます。

「仏教美術資料研究センター」の建物がライトアップされていました。



建築家であり建築史学者でもある関野貞(せきのただし)氏の設計です。

もともとは明治時代に「奈良県物産陳列所」として建てられたものです。

この窓はイスラム建築のデザインを取り入れられているとか。

擬洋風建築物というのかな、国の重要文化財だそうです。

平城宮跡の第二次大極殿の基壇を発見したのも関野氏です。



d0295818_15070635.jpg

雨の降る春日大社の参道を歩いていると遠くから

賑やかな、ほら貝や鐘、太鼓の音が聞こえてきます。

やがて、アナウンスも聞こえてきます。

それも、古舘一郎ばりの白熱した実況中継のような!

帰るつもりが気になって音のする方へ向かいます。

声が聞こえてくるのは興福寺へ続く道。



d0295818_15142262.jpg

春日大社に行く前、興福寺の東金堂を撮影しました。

そういえば、人がずらーっと並んでいましたっけ。



節分だから興福寺でも豆まきをするんだと思っていましたが

プロレスか格闘技のようなアナウンス…いや、神事だから天覧相撲?

などと頭の中で思いを巡らしながら歩きます。



d0295818_15172450.jpg

興福寺の東金堂に着き、頭越しにやっと撮れたのがこの写真です。

小さくてわかりにくいですよね。



大晦日に行なう追儺(ついな・おにやらい)という行事でした。

毘沙門天が邪悪な3匹の鬼を退治しているところです。

途中でしたが思いがけず追儺会も目にすることができました。

ただ、春日万燈籠の厳かな雰囲気が吹っ飛んでいくくらいの

迫力ではありますが。 Σ(・0・ノ)ノ!


古の宮中で行われていた追儺会もこんな感じ?

デパートのキャラクターショーをも彷彿させる迫力でした。

この後、豆撒きがはじまりました。

追儺会の詳しい説明が興福寺のHPに出ていました。




節分は旧暦の大晦日にあたり、次の日は新年であり立春です。

頭の中ではわかっていても

実際にそれを実感したのは古都奈良で一日を過ごしたからでしょう。



d0295818_15333650.jpg

大晦日の夜、古い年を司る神さまが去り

新しい年神さまがやって来るまでの時間のつなぎ目に

年神さまが入れ替わるわずかな隙間につけこんで

邪悪な鬼どもが入って来るのを阻止したのが豆撒きでした。



d0295818_23401083.jpg
d0295818_15381083.jpg

春日大社の参道で目にしたキラキラオブジェ。

これは次の週に使われる「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」

こちらのイベントも気になります。♡



☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:*・

d0295818_15433654.jpg

2月24日、セツブンソウが咲いていました。

暖冬のせいかいつもより早いです。




「地球の歩き方」特派員ブログも
良かったらご覧ください。

今月は 和気町 をレポしています。

👇
d0295818_00272253.jpg

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村


トラックバックURL : https://mami2013.exblog.jp/tb/27459625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akr24mtat at 2019-02-26 20:21
☆彡mamiさん☆彡
仏教美術資料研究センターのライトアップで
建物が浮き出て見えますね。
セツブンソウってこういう花なんですか。可愛いですね。
Commented by mami-2013 at 2019-02-26 22:49
異邦人さん、こんばんは❗ 
セツブンソウは本当に小さな花で
よーく、見ないと見逃してしまいそうなお花です。
Commented by yocomilk at 2019-02-27 07:37
おはようございます。
節分の意味、良くわかりました。
ありがとうございます!
セツブンソウ、可愛らしいですね。
私、撮ったことがないんです。
Commented by mami-2013 at 2019-02-27 18:09
yocoさん、こんばんは。
節分って、ただ豆を蒔いて鬼を退治する日だと思っていましたが
節分の奈良を歩いて、大晦日から新年につながる重要な意味があることに気がつきました。

昔の宮中では季節の節目ごとの節分に追儺を行っていたようですが
特に、年神様の変わる立春の前日が最も大切な節目になったみたいですよ。

セツブンソウ、機会があれば撮ってみて下さい。
山の斜面に這いつくばるようにして、踏み潰さないようにして撮ります。
by mami-2013 | 2019-02-25 23:46 | + 奈良の旅 | Trackback | Comments(4)

思いつくまま、日々の暮らしを写真と文章でつづっています


by mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31